西大寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西大寺駅
駅舎(2008年3月5日)
駅舎(2008年3月5日)
さいだいじ - Saidaiji
大富 (3.2km)
(2.9km) 大多羅
所在地 岡山市東区西大寺上二丁目4-64
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 赤穂線
キロ程 51.2km(相生起点)
電報略号 サシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
3,074人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1962年昭和37年)9月1日
備考 直営駅
みどりの窓口
ホーム
駅のロータリーにある西大寺会陽(はだか祭り)の銅像

西大寺駅(さいだいじえき)は、岡山県岡山市東区西大寺上二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)赤穂線

岡山市東区西大寺地区(旧・西大寺市)の中心駅である。

同じ岡山市内の岡山電気軌道には西大寺町停留場新西大寺町筋停留場があるが、これらとは全く関係がない。

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持ち、列車交換や折り返しが可能な地上駅。北側(2・3番のりば)が島式である。ホームには跨線橋に繋がるエレベーターも設置され、車椅子でも利用可能。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。岡山地区の赤穂線単独のICOCA導入駅では唯一、開閉式の自動改札機設置駅である。また播州赤穂駅と並び、赤穂線内では数少ない直営駅となっている。1990年代までは、管理駅だったが、現在は東岡山駅が当駅を管理し、地区駅として位置付けられている。

トイレは改札内に男女別の水洗式がある。かつては改札外にも男女別の水洗式便所があった。2003年(平成15年)に車椅子対応の多目的トイレも新設された。

下り本線は1番のりば、上り本線は2番のりばであり、通常はこの2線に列車が発着する。上下副本線である3番のりばは岡山方面からの当駅折り返し列車が停車する(播州赤穂方面からの折り返しも構造上可能であるが、現在のところ播州赤穂方面から当駅折り返しの設定がない)。「西大寺会陽(はだか祭り)」の日は岡山駅 - 当駅間の臨時列車が運転される。

西大寺駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 赤穂線 下り 岡山福山新見方面
2 赤穂線 上り 播州赤穂方面
3 赤穂線 下り 岡山・福山・新見方面 当駅始発のみ

駅周辺[編集]

駅前にはロータリーがある。タクシーの待ち合いがある。住宅、農地、工場などがある。駅直結のバスセンターは存在せず、後述の西大寺バスセンターとの約1kmが空白路線となっている。

バス[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 3,206
2000 3,258
2001 3,252
2002 3,140
2003 3,143
2004 3,102
2005 3,090
2006 3,052
2007 3,028
2008 3,060
2009 3,042
2010 3,007
2011 3,074

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
赤穂線
大富駅 - 西大寺駅 - 大多羅駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]