備前原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
備前原駅*
駅舎(2006年11月17日)
駅舎(2006年11月17日)
びぜんはら - Bizen-Hara
玉柏 (2.4km)
(2.8km) 法界院
所在地 岡山市北区
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 津山線
キロ程 5.1km(岡山起点)
電報略号 ヒハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
86人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日**
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
* 1944年に原停留場から改称。
** 仮停留場として。1929年に正式な停留場へ格上げ。
構内

備前原駅(びぜんはらえき)は、岡山県岡山市北区原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)津山線である。

女子マラソン有森裕子選手の活躍を紹介する資料館「アニモ・ミュージアム」の最寄り駅。

駅構造[編集]

津山側に向かって左側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。棒線駅のため、津山方面行きと岡山方面行きの双方が同一ホームに発着する。

岡山駅管理の無人駅。待合室兼用の簡易な駅舎があり、直接ホームに入る形になっている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 134
2000 122
2001 121
2002 108
2003 98
2004 96
2005 91
2006 83
2007 102
2008 104
2009 96
2010 93
2011 91
2012 95
2013 86

駅周辺[編集]

北上するにつれ山が近づき、住宅地の密度は低くなってくる。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)
  • 1928年(昭和3年)2月20日 - 再開業。
  • 1929年(昭和4年)6月20日 - 原仮乗降場を格上げする形で原停留場開業。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 中国鉄道の鉄道部門が国有化され、国有鉄道津山線所属となる。同時に駅に格上げされ、備前原駅へ改称(他の原駅との区別のため備前原となった)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
津山線
快速「ことぶき」
通過
普通
玉柏駅 - 備前原駅 - 法界院駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]