金川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金川駅
駅舎(2006年11月17日)
駅舎(2006年11月17日)
かながわ - Kanagawa
建部 (7.3km)
(3.0km) 野々口
所在地 岡山市北区御津金川300
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 津山線
キロ程 19.7km(岡山起点)
電報略号 カワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
911人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1898年明治31年)12月21日
備考 業務委託駅
POS端末設置
金川駅構内の様子(2006年11月25日)
駅前で接続する御津コミュニティバス
岡山行き「ことぶき」が進入

金川駅(かながわえき)は、岡山県岡山市北区御津金川にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)津山線である。

岡山市北区御津地区(旧御津郡御津町)の中心駅である。当駅発着の列車(岡山駅 - 金川駅間)が1往復存在する。これは2010年3月13日改正で、福渡駅折り返しだったものが区間短縮されたものである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有し、列車交換が可能な地上駅。かつては開業時に建てられた木造の大きな駅舎があり、手入れも比較的良好であったが、岡山国体の開催を機に2005年平成17年)2月コンクリート製のものに改築された。またその際に駅舎の位置が岡山方へ若干移動している。2006年(平成18年)2月に2番のりばのみプラットホームの屋根が完成した。男女別の水洗式便所がある。

反対側のホームに待合室がある。ホーム間は跨線橋で繋がっている。通常とは逆に駅舎寄りが2番線であり、跨線橋を渡るホームが1番線となっている。2番線を上下本線、1番線を上下副本線とした一線スルーとなっているため、列車交換時以外は、上下とも基本的に駅舎側の2番線に停車する。岡山方面からの折り返し列車は、当駅で後続の津山行きを待避するため、1番線での折り返しとなる。

岡山駅が管理し、ジェイアール西日本岡山メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。日中の一部時間帯のみ出札窓口が営業され、POS端末による発券を行っている。

金川駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 津山線 上り 福渡津山方面 1番のりばは行違い時のみ
下り 岡山方面 1番のりばは当駅始発のみ

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 888
2000 868
2001 879
2002 879
2003 896
2004 906
2005 945
2006 949
2007 973
2008 982
2009 963
2010 929
2011 911

駅周辺[編集]

駅前に商店街がある。離れたところにはスーパーもある。駅前にタクシーの待ち合いあり。また、御津コミュニティバスが連絡している(中鉄バスが岡山市北区役所御津支所から受託運行)。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
津山線
快速「ことぶき」
福渡駅 - (一部建部駅) - 金川駅 - (一部野々口駅) - 法界院駅
普通
野々口駅 - 金川駅 - 建部駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]