智頭急行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
智頭急行株式会社[1]
Chizu Express Company
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 智頭急、ちずきゅう、CKK
本社所在地 日本の旗 日本
689-1402[1]
鳥取県八頭郡智頭町智頭2052番地1[1]
設立 1986年昭和61年)5月31日
(智頭鉄道株式会社)
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 岡村俊作[1]
資本金 4億50百万円(2013年3月31日時点)[1]
発行済株式総数 9,000株(2013年3月31日時点)[1]
売上高 27億55百万円(2013年3月期)[1]
営業利益 2億1百万円(2013年3月期)[1]
純利益 2億1百万円(2013年3月期)[1]
純資産 43億12百万円(2013年3月31日時点)[1]
総資産 51億18百万円(2013年3月31日時点)[1]
従業員数 73人(2013年3月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 鳥取県岡山県兵庫県
鳥取市八頭町智頭町
西粟倉村美作市佐用町上郡町
山陰合同銀行鳥取銀行
他(株主総数46名)
外部リンク http://www.chizukyu.co.jp/
特記事項:2009年4月1日に本社を移転。
テンプレートを表示

智頭急行株式会社(ちずきゅうこう、Chizu Express Company、略号CKK[2])は、兵庫県岡山県鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社である。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである。

概要[編集]

本社所在地は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭2052番地1(智頭駅前、JA鳥取いなば智頭支店ビル)、運輸部は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1862番地2(智頭駅構内)。なお、社名・駅名のかな表記は「ちず」、町名・地名のかな表記は「ちづ」と異なっている。

数多くの第三セクター鉄道が赤字である中、北越急行に次ぐ収益性があり、「第三セクター鉄道の二大優等生」と並び称されることもある[3]。これは智頭線を経由して京阪神と鳥取県を結ぶ特急列車「スーパーはくと」の収益が非常に大きい。岡山と鳥取県を結ぶ特急「スーパーいなば」も走っている。一方で普通列車は閑散としている。特急列車の好調な数字の陰にも隠れた苦しさを抱える経営状況である[4]が、鳥取自動車道の開通で高速バスの所要時間短縮が見込まれるものの、智頭急行の経営に影響を与えるとまで予測されるものではない。

約13.1億円の旅客収入のうち、定期外が12.9億円で定期が0.2億円と、圧倒的に定期外収入が多いのが特徴である(数字はいずれも2010年度の統計)[5]

1994年末の開業から間もない1995年1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)が発生、これによって智頭線を走る特急「スーパーはくと」が全面運休に追い込まれ、初年度の売上高は予想の1割程度にしか達せず倒産の危機にも見舞われた。しかしどうにか持ちこたえて特急の運行開始後は危機を脱し、1998年度以降は連続して黒字を計上している。2006年6月、株主総会後に第三セクター鉄道で全国初の株主配当(額面の2%)を実施、2007年も同様に配当することとなった。

歴史[編集]

智頭急行が運営する智頭線は、もともと陰陽連絡路線の1つである日本国有鉄道(国鉄)智頭線として、日本鉄道建設公団(鉄道公団)により建設が進められていた。しかし国鉄の経営悪化を受けて、1980年(昭和55年)に日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)が成立し、鉄道公団が建設中のAB線(地方開発線、地方幹線)のうち、開業後の予想輸送密度が4,000人/日未満のものについては建設が凍結されることになった。この時点で智頭線は、用地の95%、路盤の30%、軌道の10%まで工事が完成していたが、予想輸送密度が3,900人/日とわずかに基準に届かなかったために建設が凍結された[6]

1983年(昭和58年)に鳥取県知事に就任した西尾邑次は、建設凍結中の智頭線について第三セクターによる運営引き受けの検討を行い、専門機関に委託して経営の調査を行ったところ、地域輸送のみならば赤字であるが、国鉄との特急列車の直通を行えば黒字になるという調査結果を得た。国鉄智頭線建設促進期成同盟会を通じた活動がなされ、1985年(昭和60年)11月28日に兵庫県知事と、29日に岡山県知事と会談を行い、工事再開への共同歩調を取ることで合意された[7]

翌1月10日に期成同盟会の名前から「国鉄」が取れて智頭線建設促進期成同盟会となり、第三セクター会社設立準備組織となった。3月31日に鳥取・岡山・兵庫の3県で出資割合の覚書が締結され、4月11日に設立発起人会開催、5月30日創立総会が行われて、5月31日に「智頭鉄道株式会社」として設立登記が行われた[8]

路線[編集]

路線の大半が高架なので智頭線内には踏切がほとんど存在しない。平福駅恋山形駅構内にある乗客専用の踏切を除いて、すべてJR線との共用踏切である。

保有車両[編集]

HOT7000系「スーパーはくと」(2009年4月3日、因美線、国英 - 河原)
智頭急行HOT3500形気動車3501・3504(2008年8月12日、鳥取駅

形式称号の「HOT」は智頭急行沿線の県名にちなみ、「H=兵庫」、「O=岡山」、「T=鳥取」を意味している。また、形式番号は機関出力に由来する。全車が自社大原車両基地の所属である。

2007年7月には、現在保有している「スーパーはくと」用特急車両(HOT7000系気動車)全34両を2007年度から2009年度にかけて車内内装を中心としたリニューアルを行うと発表した。

特急用気動車

普通列車用気動車

  • HOT3500形気動車 - 自社線内のほか、JR因美線の智頭 - 鳥取間にも乗り入れる。

運輸部[編集]

智頭急行の乗務員(運転士車掌)が所属する組織である。智頭駅に併設されており、運輸指令所も兼ねる。また電気・保線を管理する施設係も常勤する。大原車両基地も運輸部に属する。

運賃・料金[編集]

普通旅客運賃
小児半額・10円未満切り上げ。2014年4月1日改定
キロ程 運賃(円)
初乗り3km 170
4 - 6 230
7 - 9 300
10 - 12 360
13 - 15 420
16 - 18 480
19 - 21 550
22 - 24 610
25 - 27 670
28 - 30 730
31 - 33 790
34 - 36 860
37 - 39 930
40 - 42 990
43 - 45 1,050
46 - 48 1,110
49 - 51 1,170
52 - 54 1,230
55 - 57 1,300
特急料金
小児半額・10円未満切り上げ。2014年4月1日改定。特急列車の普通車を利用の場合は、乗車券・特急券が必要。全線均一。
  • 指定席 … 520円
  • 自由席 … 420円
このほか、定期券用自由席回数特急券(5枚つづり)を1,000円で発売している。
グリーン料金
全線均一大人520円。小児同額。2014年4月1日改定。特急列車のグリーン車を利用の場合は、乗車券・指定席特急券・グリーン券が必要。

企画乗車券[編集]

智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ
JRの青春18きっぷは利用できないが、青春18きっぷの期間中は智頭線内で「智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ」という企画乗車券を大人1000円、小児500円で発売している。上郡駅 - 智頭駅間の片道運賃1300円より安く、智頭線内を43km以上乗るだけで元が取れる。車内では買えないため、あらかじめ上郡、佐用、大原、智頭駅の窓口営業時間内に購入するか、郵送で取り寄せとなる。また特急列車では使えないため、特急列車に乗車する場合は別途特急券および乗車券も購入しなければならない。なお、2011年冬季の発売期間は青春18きっぷの利用期間が1月10日までに短縮されたが当切符は例年通り1月20日までの発売・利用期間となった。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 智頭急行株式会社の業務及び財務に関する資料について (pdf)”. 智頭急行株式会社 (2013年5月23日). 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ 社名のローマ字表記から。
  3. ^ ここでの「第三セクター鉄道」とは第三セクター鉄道等協議会に加盟する鉄道事業者を指し、北大阪急行電鉄ゆりかもめなどそれ以外の第三セクター方式の鉄道は含まない。
  4. ^ 北越急行も同様に、越後湯沢駅富山県石川県を結ぶ「はくたか」の収益が大きな割合を占める一方で、普通列車は閑散としている。
  5. ^ 国土交通省中国運輸局「管内鉄軌道事業者の運輸成績
  6. ^ 『三セク新線高速化の軌跡』p.20
  7. ^ 『三セク新線高速化の軌跡』pp.21 - 23
  8. ^ 『三セク新線高速化の軌跡』p.24
  9. ^ 鉄道むすめ〜鉄道制服コレクション〜キャラクター紹介 トミーテック公式サイトより

参考文献[編集]

  • 『三セク新線高速化の軌跡』 日本鉄道建設公団高速化研究会、交通新聞社1998年10月20日、初版(日本語)。ISBN 4-87513-077-5

外部リンク[編集]