鳥取駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥取駅
北口
北口
とっとり - Tottori
所在地 鳥取県鳥取市東品治町111-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 トリ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
5,589人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1908年明治41年)4月5日
乗入路線 2 路線
所属路線 山陰本線
キロ程 230.3km(京都起点)
*福部 (11.2km)
(4.2km) 湖山
所属路線 因美線
キロ程 0.0km(鳥取起点)
(4.3km) 津ノ井
備考 直営駅
みどりの窓口
* この間に滝山信号場有り(当駅から5.3km先)。
南口
改札口
ホーム

鳥取駅(とっとりえき)は、鳥取県鳥取市東品治町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

山陰地方の東の玄関であり、鳥取県の県庁所在地でもある鳥取市の代表駅であることから、特急列車をはじめ多くの列車の始発駅となっている。

乗り入れ路線[編集]

山陰本線所属線[1]としており、当駅が起点となる因美線を加えた2路線が乗り入れている。

発着する特急・快速列車[編集]

以下の特急・快速列車が当駅に乗り入れている。当駅において旅客流動が山陰圏都市間輸送や陰陽連絡輸送などに分かれることから、「スーパーはくと」(一部は鳥取始終着)以外の特急・快速列車は当駅が始終着となっている。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ高架駅である。

配線上では1番のりばを上り本線、3番のりばを下り本線としているため、昭和時代の「長距離普通列車」の時代には、1・2番のりばは上り、3番のりばは下り、4番のりばは因美線というおおまかな区分があったが、2008年3月15日改正現在は「スーパーはくと」を除きほぼ全ての列車が当駅始発・終着のダイヤになっているため、4番のりばに浜坂方面がないほかは区別なく使用されている(「スーパーはくと」は当駅を跨いで運転することを前提としているため、京都行きは1・2番のりば、倉吉行きは3・4番のりばに発着している)。ホームは長距離列車が発着できるようになっているが、2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正で山陰と東京を結んでいた寝台特急「出雲」が廃止になったため、現在は一つのホームを端から端まで使う列車がない。すべての列車はエスカレータを中心にして停車している。

2・3番のりばの間には、客扱いをしない列車(後藤総合車両所への出入庫回送列車などが使用)の着発線、4番のりばの横には側線がある。

ホームはいずれも駅の3階にあり、鳥取駅を含めて前後の区間はスラブ軌道がメインの高架となっている。改札口から各ホームに、エレベーターが1基ずつ設置されている(以前よりエレベーターは設置されていたが改札外にあったため、利用の際は係員に申し出る必要があった)。また以前、改札外に設置されていた待合室は、駅利用者以外の利用増加により撤去され、現在は改札内に待合室が設置されている。

直営駅であり、構内には山陰本線の東浜駅 - 赤碕駅間各駅と因美線の智頭駅以北の各駅を管轄する鳥取鉄道部が置かれている。

駅ビル西側には商業施設「シャミネ」や、日本旅行Tis鳥取支店などが入っている。

のりば[編集]

鳥取駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 山陰本線 下り 倉吉米子方面
上り 浜坂豊岡方面 はまかぜ」は1番のりば
因美線 - 若桜智頭岡山三ノ宮大阪京都方面 京都行き「スーパーはくと」は1番のりば
3 山陰本線 下り 倉吉・米子方面
上り 浜坂方面 普通列車のみ
因美線 - 若桜・智頭・岡山方面
4 山陰本線 下り 倉吉・米子方面
因美線 - 若桜・智頭・岡山方面
  • 2010年3月現在、「スーパーおき/まつかぜ」の乗車位置目標は全ホームに、「スーパーいなば」の乗車位置目標は1・3・4番のりばに、「はまかぜ」の乗車位置目標は1番のりばのみに設置されている。京都行きの「スーパーはくと」については不定期に指定席車の増結があることから、固定の乗車位置目標ではなく小型モニターで乗車位置を案内する。このモニターがあるのは1番のりばのみであるため、同列車は原則1番のりば発着となる。倉吉行きの「スーパーはくと」の乗車位置目標は自由席車分のみ3・4番のりばに設置されている。
  • 2010年10月ごろから駅自動放送が更新され、同支社の米子駅北越急行ほくほく線まつだい駅で使用されているものと同じ接近メロディーが流れるようになった。

駅構内の施設[編集]

駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[2]

  • 黒いかめし
  • 砂丘鳥取味の弁当
  • おこわ弁当
  • スーパーはくとジオラマ弁当
  • あご寿し
  • 元祖かに寿し
  • 鳥取三十二万石弁当
  • しいたけ弁当
  • 素晴ら椎茸
  • ゲゲゲの鬼太郎風呂茶漬け
  • 城下町とっとり
  • 山陰鳥取かにめし
  • いかすみ弁当
  • 黒めし
  • ほかほか駅弁鳥取牛肉弁当
  • お好みかに寿し
  • とっとりの居酒屋
  • かに幕の内
  • さば寿し

利用状況[編集]

鳥取市統計要覧によると、2012年度の年間の乗車人員は204万人で、一日平均の乗車人員は5,589人と算出できる。

近年の乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 年間
乗車人員
一日平均
乗車人員
2000年 256万 7,014
2001年 251万 6,877
2002年 245万 6,712
2003年 242万 6,612
2004年 239万 6,548
2005年 234万 6,411
2006年 227万 6,219
2007年 223万 6,093
2008年 220万 6,027
2009年 210万 5,753
2010年 207万 5,671
2011年 203万 5,546
2012年 204万 5,589

駅周辺[編集]

北口[編集]

北口タクシーのりば
久松山より望む駅北口周辺の市街地

南口[編集]

南口のバスロータリー

バス[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

駅の正面口(北口)からは鳥取市のメインストリートである本通り国道53号国道373号)が伸び、若桜街道(同)につながって市役所、県民文化会館の側を過ぎて久松山近くの県庁へと伸びる。鳥取大丸などの商業店舗が集中している。駅の南側も80年代後半より整備され、イオン(旧ジャスコ)などが出店している。全国的に進む郊外型の大型店舗(ロードサイド店舗)の出店は鳥取市も例外ではなく、本通りや若桜街道の客足は確実に大型店舗に向かっておりかつてほどのにぎわいはなくなりつつある。現在、鳥取市内で唯一の映画館である鳥取シネマは駅から徒歩圏内にある。

隣の駅[編集]

※特急・快速列車の停車駅は各列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
山陰本線
福部駅 - (滝山信号場) - 鳥取駅 - 湖山駅
因美線
鳥取駅 - 津ノ井駅

脚注[編集]

  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ JR時刻表2010年8月号(交通新聞社刊)345ページ
  3. ^ 鳥取市公式ウェブサイト内,鳥取市の概要 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]