早島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
早島駅
駅舎(2005年9月18日)
駅舎(2005年9月18日)
はやしま - Hayashima
備中箕島 (1.7km)
(1.4km) 久々原
所在地 岡山県都窪郡早島町前潟589番地2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 宇野線瀬戸大橋線
キロ程 11.9km(岡山起点)
電報略号 ハヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,023人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1910年明治43年)6月12日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
ホーム(2005年9月18日)
構内(2005年9月18日)

早島駅(はやしまえき)は、岡山県都窪郡早島町前潟にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)宇野線瀬戸大橋線)のである。

快速「マリンライナー」の約半数が停車する。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は岡山方面行きホーム側にあり、上下ホームは跨線橋で結ばれている。複線化工事完成によりホーム前後の分岐器はなくなったが、隣の備中箕島駅手前で単線となる箇所までの複線部分も当駅の構内扱いとなったため、場内・出発信号機は引き続き設置されている。この観点から見た場合、当駅は岡山方単線・茶屋町方複線の行き違い駅といえる。

児島駅が管理し、ジェイアール西日本岡山メンテックが駅業務を受託する業務委託駅で、簡易型の自動改札機、近距離切符の自動券売機みどりの窓口がある。トイレは、男女兼用。ICOCAおよびその相互利用対象ICカードの利用可能駅。

早島駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 瀬戸大橋線・宇野線 上り 岡山方面
2 瀬戸大橋線・宇野線 下り 児島高松宇野方面

※岡山駅 - 茶屋町駅間では、児島方面発着系統が「瀬戸大橋線」、宇野発着系統が「宇野線」と、それぞれ案内される。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 850
2000 875
2001 865
2002 881
2003 901
2004 889
2005 907
2006 887
2007 903
2008 926
2009 927
2010 951
2011 982
2012 1,023

駅周辺[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

  • 駅周辺の複線化の計画について、用地買収などで難航していたが、2009年(平成21年)1月25日に備中箕島 - 茶屋町間の複線工事区間の供用が開始された。

隣の駅[編集]

※当駅に約半数程度が停車する快速「マリンライナー」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
宇野線(瀬戸大橋線含む)
備中箕島駅 - 早島駅 - 久々原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]