早島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はやしまちょう
早島町
Flag of Hayashima Okayama.svg
早島町旗
Symbol of Hayashima Okayama.svg
早島町章
町旗・町章、共に1987年3月9日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
都窪郡
団体コード 33423-5
面積 7.61 km²
総人口 12,146
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 1,600人/km²
隣接自治体 岡山市倉敷市
町の木 カイヅカイブキ
町の花 サツキ
キャッチフレーズ はやしま夢織る町
早島町役場
所在地 701-0303
岡山県都窪郡早島町前潟360-1
北緯34度36分2.3秒東経133度49分42秒
Hayashima town-office.jpg
外部リンク 早島町

早島町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

早島町(はやしまちょう)は、岡山県の南中央部に位置する県庁所在地岡山市と県下第2位の都市倉敷市に四方を囲まれており、双方のベッドタウンとなっている。

かつては島で、干拓によって現在の地形となった。町内では特にイグサの栽培と畳表の製造が盛んであったが、現在では衰退している。

地理[編集]

面積は県下自治体の中で最小である一方、人口密度は県下最大。

町名の通り室町時代以前は島であったが、干拓により地続きとなった。南部は干拓地で岡山平野の一部を形成し、中央部にかつて島であった丘陵がある。北部も丘陵となっており、岡山市と一体化した岡山県総合流通センター、民間の流通団地、独立行政法人国立病院機構南岡山医療センターなどが立地する。JR西日本宇野線瀬戸大橋線)により結ばれた岡山市との関係が深いが、警察署の管轄区域や県立高等学校の学区などでは倉敷市(矢尾、日笠山、若宮は岡山市)と同じ区域に区分される。

  • 河川: 汐入川

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長:中戸哲生(2011年8月28日 当選)


早島町は、役職者比率が町職員全体の約41%に達していることから、行政改革に取り組んでおり、施設の利用料徴収を開始した(人員削減については、自然減を待っている模様)。

一時期、倉敷市と合併する道を探っていたが、自主独立の道を選んでいる(合併の是非を決める住民投票を求める住民の数が多いにも関わらず、議会の反対で住民投票の実行が出来なかった)。

早島町長は、早島戸川氏時代(江戸時代)の大庄屋や豪商などの有力農民・町人(片山家・大崎家・寺山家・溝手家・大森家・佐藤家・増成家など)の子孫が就任するケースが多いのも特徴である。ちなみに、前町長は佐藤家の出であり、三代と四代前の町長は大崎家の出である(早島戸川氏は明治時代に東京へ移住、国家老2家も移住した。国家老・今村家子孫の今村俊也氏は囲碁のプロ棋士として活躍)。

2006年9月12日、9月2日の町議会議員選挙で当選したばかりの町議が万引き逮捕されたことが明らかになった。

2007年1月12日、町基金の運用で購入した12億円分のユーロ円債(債券)が償還期間の20年間取り崩せない恐れがあることが判明した。地元の報道によると、50歳代の出納室長が基金の運用のため一昨年から去年にかけて9回に分けて証券会社を通じてこの債券を12億円分購入。この商品(債券)は元本が保証されており高い利率が魅力である一方、現在のように短期金利が上昇傾向にあれば償還が遅くなってしまうという。12億円のうち7億円は町長の決裁を得ずに出納室長が独断で購入、残りの5億円も起案書の段階でこの債券の問題点を記述していなかった。佐藤友彦町長は会見で早島町には約21億円の基金があり12億円が取り崩せなくても当面は問題ないとしている。

2007年1月末の議会において、基金運用に関する特別調査委員会が設置され、先に話題になった万引きで逮捕された議員も、基金運用に関する特別調査委員会の委員になったもよう。

2010年9月12日の山陽新聞の報道によると、所在不明の高齢者が相次いでいる問題で岡山法務局の発表では100歳以上で15名、120歳以上に対象を絞ると11名が所在不明となっており、最高齢は安政5年生まれの男性151歳となっている。

2011年8月28日、県の宿泊研修施設・岡山テルサの譲り受けをめぐり、町長が任期途中で辞職したことに伴う町長選は即日開票の結果、無所属新人で元倉敷市助役の中戸哲生氏(75)が、無所属前職の佐藤友彦氏(71)を大差で破り、初当選を果たした。

経済[編集]

産業[編集]

など

本社を置く企業[編集]

姉妹都市・提携都市だった自治体[編集]

国内[編集]

地域[編集]

医療[編集]

国立病院機構南岡山医療センター


人口[編集]

Demography33423.svg
早島町と全国の年齢別人口分布(2005年) 早島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 早島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
早島町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 8,352人
1975年 9,503人
1980年 10,816人
1985年 11,593人
1990年 11,634人
1995年 11,562人
2000年 11,915人
2005年 11,921人
2010年 12,218人
総務省統計局 国勢調査より

通勤・通学[編集]

早島町内に居住する15歳以上の就業・就学先(2010年国勢調査)[3]
総数
6060人
町内へ通勤・通学 24.4%(1476人)
町外へ通勤・通学 73.4%(4449人) 1 岡山市 33.9%(2054人)
2 倉敷市 32.3%(1960人)
3 その他 6.4%(387人)
早島町内で就業・就学をする15歳以上の居住地(2010年国勢調査)[3]
総数
4872人
町内から通勤・通学 30.3%(1476人)
町外から通勤・通学 65.9%(3213人) 1 倉敷市 33.6%(1637人)
2 岡山市 24.2%(1181人)
3 その他 8.1%(395人)

2010年時点で早島町内に住む者は73.4%が町外へ通勤・通学しており、流出先は岡山市(33.9%)と倉敷市(32.3%)がほとんどを占め、通勤・通学率は両市ともほぼ半々となっている。流入人口(3213人)よりも流出人口(4449人)の方が多くなっており、このことから町内は昼間人口より夜間人口の方が多いベッドタウンとしての性格が色濃く、岡山・倉敷両市のほぼ同率の影響下にあることが見て取れる[3]

教育[編集]

  • 早島町立早島小学校
  • 早島町立早島中学校
  • 岡山県立早島支援学校
  • 国立療養所南岡山病院附属看護学校
  • 関西書道専門学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

早島駅

バス路線[編集]

岡電バス
両備バス
  • 中庄駅 → 流通センター → コンベックス岡山前 → 下撫川 → 庭瀬本町 → 野田東 → 大供 → 岡山駅 → 天満屋バスセンター
平日に朝に1本のみ運行。
  • 中庄駅〜コンベックス岡山(直行)
コンベックス岡山での大規模イベント開催時の土曜・日曜に運行。
早島町コミュニティバス
  • 東コース
早島駅 - 真磯 - 若宮 - 日笠山 - 岡山テルサ - イトーピア - コンベックス
  • 西コース
早島駅 - 噂島西 - 備南台 - ニュー早島 - 中山広場 - 岡山テルサ - コンベックス
  • 早島タクシーが早島町から受託運行。運賃は無料。
  • 月曜〜金曜(祝祭日を除く)に運行し、町主催全町行事日(日曜日等)に臨時運行。

タクシー[編集]

  • 早島タクシー

放送[編集]

ケーブルテレビ
地上波テレビ放送

早島町は全域が岡山本局(金甲山送信所)のエリアに入るため、良好に入る。

局名 NHK岡山 NHK高松 RSK OHK TSC RNC KSB 出力 偏波面 送信
場所
総合 教育 総合 教育
デジタルリモコン番号 1ch 2ch 1ch 2ch 6ch 8ch 7ch 4ch 5ch
岡山 デジタル 32ch 45ch 24ch 13ch 21ch 27ch 18ch 20ch 30ch NHK岡山・民放2kW
NHK高松200W
水平 金甲山
アナログ 5ch 3ch - - 11ch 35ch 23ch 9ch 25ch V10kW/U20kW
FMラジオ放送

 県域FMラジオ局は金甲山送信所からの電波で聞くことができる。コミュニティ放送は、各送信所からの電波が良好に入り、公式サイトではサービスエリアに入っている。

AMラジオ放送


道路[編集]

高速道路
一般国道
都道府県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

早島公園の

その他[編集]

2009年10月24日から11月15日の期間まで宇喜多堤築堤420周年記念事業を催しており、10月25日の歴史学者による記念講演には宇喜多宗家現当主の宇喜多秀臣氏を始め、家老の岡氏ならびに家臣の花房氏千原氏金光氏の末裔も聴講に参加していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 早島町旗
  2. ^ 図典 日本の市町村章 p180
  3. ^ a b c 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女,年齢,就業者の産業(大分類))、都道府県結果、33岡山県”. 総務省統計局(e-Stat) (2012年6月26日). 2014年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]