美作市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みまさかし
美作市
Miyamotomusashi st04s2816.jpg
宮本武蔵駅
Mimasaka Okayama chapter.JPG
美作市章
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
団体コード 33215-1
面積 429.19km²
総人口 28,725
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 66.9人/km²
隣接自治体 備前市和気郡和気町
久米郡美咲町英田郡西粟倉村
勝田郡勝央町奈義町
兵庫県宍粟市佐用郡佐用町
鳥取県八頭郡智頭町
市の木
市の花 カタクリ
美作市役所
所在地 707-8501
岡山県美作市栄町38-2
北緯35度0分31秒東経134度8分54.9秒
美作市役所
外部リンク 美作市

美作市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

美作市(みまさかし)は、岡山県の北東部に位置し、兵庫県および鳥取県と境を接する2005年平成17年)3月31日勝田郡勝田町英田郡美作町大原町作東町英田町東粟倉村の5町1村が合併して発足した。 また、県内の市の中で最も人口が少ない市である。

地理[編集]

市域の大半は丘陵と山林であり、県境は中国山地を形成し県内最高峰の後山がある。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

美作倉敷[編集]

市の中心である林野地区は古くから交通の要衝で戦国時代の頃から吉井川を往来する高瀬舟による物資の輸送が活発に行われた。船着場周辺には商人の蔵が立ち並び、やがて倉敷と呼ばれるようになった。江戸時代になると最初に津山藩主になった森氏津山城下の商人と同程度の権限を当地の商人に与え、東美作の中心と位置付けられる。森氏改易後は幕府の直轄地になり代官所が置かれ、その後も物資の集散地として繁栄を続けた。

明治時代に町村制が施行、1889年英田郡倉敷村(美作倉敷)とともに窪屋郡倉敷村(現倉敷市、備中倉敷)が発足、岡山県内に二つの倉敷が正式に誕生した。その後、備中倉敷は紡績工場や鉄道等が作られいち早く近代化が進み二つの倉敷の差は徐々に開いてゆくことになる。

備中倉敷の知名度が上がるにつれ、郵便や荷物の誤配が頻発する問題が発生。美作倉敷宛に正式住所を記載しても四分の一くらいが備中倉敷に送られてしまい、交通機関が未発達であった当時は大変な損害を荷主に与えることが少なくなかった。そして、1918年(大正7年)当時の町長が上記の理由から旧郷名の林野郷(はいのごう)に由来する林野(はやしの)町に改名し備中倉敷に倉敷の名を譲った形となった。(美作町史より)

年表[編集]

行政[編集]

市長[編集]

現職市長
歴代市長

(+印は在職中死去)

氏名 在職期間 備考
初代 宮本俊朗 2005年4月24日 - 2009年4月23日 前美作町長
2 安東美孝 2009年4月24日 - 2013年4月23日 前副市長
3 道上政男+ 2013年4月24日 - 2014年2月27日 前市議会議長、在任中に死去
4 萩原誠司 2014年3月30日 - 現職 元衆議院議員、元岡山市長

市役所組織[編集]

  • 総合支所の管轄地域
    • 市内は、市役所と5つの総合支所、2つの出張所に編成されている[3]
    • 市内の住所は旧美作町と英田町青野(→美作市英田青野)以外、旧町村名を残していない。

※ただし作東町吉田→美作市江見吉田として、昭和の大合併時の旧町名・江見町からの名称を冠することになり、東粟倉村の内、大字青野、大字吉田は東粟倉村の「東」を冠し、東青野、東吉田となった。 

名称 所在地 管轄地域 備考
美作市役所 美作市栄町38-2 美作町 旧美作町役場、市内の総合支所・出張所を総括
勝田総合支所 美作市真加部1616 勝田町 旧勝田町役場
大原総合支所 美作市古町1709 大原町 旧大原町役場
東粟倉総合支所 美作市太田152-1 東粟倉村 旧東粟倉村役場
作東総合支所 美作市江見945 作東町 旧作東町役場
英田総合支所 美作市福本810-2 英田町 旧英田町役場
勝田総合支所梶並出張所 美作市梶並499-2 旧勝田町のうち元梶並村 旧勝田町役場梶並支所
作東総合支所福山出張所 美作市万善25 旧作東町のうち元福山村 旧作東町役場福山地区センター

県の機関[編集]

国の機関[編集]

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業 : 農業、林業、観光業(温泉)

金融機関[編集]

銀行[編集]

かつては市域内に山陰合同銀行があったが、2006年に閉鎖されている。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • フランスの旗 フランス・サン・バランタン村(Saint-Valentin)
    • 1988年4月6日姉妹都市提携(旧作東町)
  • オーストリアの旗 オーストリア・ザンクト・バレンタイン市(Sankt Valentin)
    • 1994年10月25日姉妹都市提携(旧作東町)
  • カナダの旗 カナダ・サン・バランタン村(Saint-Valentin)
    • 1997年10月24日姉妹都市提携(旧作東町)

人口[編集]

Demography33215.svg
美作市と全国の年齢別人口分布(2005年) 美作市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美作市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
美作市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 40,731人
1975年 38,793人
1980年 38,430人
1985年 38,309人
1990年 36,942人
1995年 36,140人
2000年 34,577人
2005年 32,479人
2010年 30,504人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

学校[編集]

小学校

  • 美作市立美作第一小学校
  • 美作市立美作北小学校
  • 美作市立江見小学校
  • 美作市立土居小学校
  • 美作市立粟井小学校
  • 美作市立大原小学校
  • 美作市立東粟倉小学校
  • 美作市立英田小学校
  • 美作市立勝田小学校
  • 美作市立勝田東小学校
  • 美作市立梶並小学校

中学校

  • 美作市立美作中学校
  • 美作市立作東中学校
  • 美作市立大原中学校
  • 美作市立英田中学校
  • 美作市立勝田中学校

高等学校

廃校

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

高速道路

一般国道

県道


道の駅

バス[編集]

高速バス[編集]

一般路線バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

長福寺
湯郷温泉湯神社
大原宿本陣

スポーツイベント[編集]

出身有名人[編集]

その他[編集]

電話番号[編集]

郵便番号[編集]

  • 美作郵便局 : 707-00xx(旧美作町区域)、707-01xx(旧勝田町南部区域:元・勝田郵便局管轄)
  • 梶並郵便局 : 707-02xx(旧勝田町北部区域)
  • 英田郵便局 : 701-26xx(旧英田町区域)
  • 作東郵便局 : 709-42xx(旧作東町区域)
  • 大原郵便局 : 707-04xx(旧大原町、旧東粟倉村区域)、707-05xx(西粟倉村区域:元・影石郵便局管轄)
  • 707-85xx、707-86xx、707-87xxは美作市(旧美作町区域)内の事業者向け

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

外部リンク[編集]