岡山県立岡山工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡山県立岡山工業高等学校
岡山県立岡山工業高等学校
過去の名称 岡山県立工業学校
岡山県第一工業学校
岡山県立岡山西高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岡山県
設立年月日 1901年明治34年)
創立記念日 10月10日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 工業科
(7学科)
高校コード 33106G
所在地 700-0013
岡山県岡山市北区伊福町四丁目3番92号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

岡山県立岡山工業高等学校(おかやまけんりつ おかやまこうぎょうこうとうがっこう)は、岡山県岡山市北区伊福町四丁目に所在する県立工業高等学校。通称は「岡工」(おかこう)。

概要[編集]

1901年明治34年)に岡山県立工業学校として開校。岡山県下はもとより、中国地方で屈指の歴史を持つ。

1948年昭和23年)に創部されたラグビー部は、全国高校ラグビー大会に6回出場し、ベスト8の実績がある。また1975年(昭和50年)に創部された自転車競技部は、全国高等学校総合体育大会自転車競技(インターハイ)において、のべ27名の入賞実績がある。また全国大会での優勝者は2名である。

学科[編集]

教育方針[編集]

日本国憲法及び教育方針法の精神に則り、神格の完成をめざし、平和な国家及び社会の形成者として必要な資質を養い、公共の福祉に貢献する有為な工業人を養成することを目的とし、次の諸点を重視する。

  • 自主的活動を重んじ、個人能力の最大限の発達を図ること。
  • 現代社会についての理解を深め、進んで社会に貢献するよう導くこと。
  • 幅広い教養を身につけさせ、明朗闊達で常識に富む人を育成すること。
  • 「誠実勤勉」を旨とし、創造性を養い、工業的知識技能を身につけさせること。

[出典 1]

校訓[編集]

  • 誠実勤勉

沿革[編集]

  • 1901年(明治34年) - 岡山県立工業学校を設置する。
    • 機械・土木・染織の3科を置く
  • 1902年(明治35年) - 岡山市南方に校舎を竣工。開校する。
  • 1944年(昭和19年) - 校名を岡山県第一工業学校に改称する。航空機科を新設。
  • 1945年(昭和20年) - 航空機科を機械科に変更する。
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により、岡山県立岡山工業高等学校に改称する。
  • 1949年(昭和24年) - 岡山市立工業高等学校を統合して岡山県立岡山西高等学校となる。
  • 1951年(昭和26年) - 校旗を制定する。
  • 1952年(昭和27年) - 校歌を制定する。
  • 1953年(昭和28年) - 校名を岡山県立岡山工業高等学校に改称する。
  • 1959年(昭和34年) - 校舎を岡山市上伊福に移転する。電気通信科を新設する。
  • 1975年(昭和50年) - 全国高校総体陸上競技の部で優勝する。
  • 2001年(平成13年) - 創立百周年記念式典を挙行する。
  • 2002年(平成14年) - 創立百周年記念会館が完成する。
  • 2006年(平成18年) - 第85回全国高校ラグビー大会で7年ぶりに初戦突破をする。
    • 1回戦 北見北斗高等学校(北海道) 17 - 24 岡山工業高等学校
    • 2回戦 伏見工業高等学校(京都府) 72 - 5 岡山工業高等学校

創立以来の卒業者数[編集]

  • 旧制工業学校卒業者数: 5,191人
  • 工業高等学校卒業者数: 23,561人
    • 合計: 28,752人(平成24年5月1日現在)[出典 1]

学校行事[編集]

  • 球技大会(年1回)
  • 体育祭
  • 岡工祭(2日通して行われる文化祭。2日目は一般の方々にも公開されている。)
  • 創立記念日(年1回)

生徒会活動・部活動など[編集]

運動部 同好会

文化部

著名な出身者[編集]

学術[編集]

文化人[編集]

スポーツ選手[編集]

その他[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]