代々木ゼミナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
学校法人 高宮学園
(代々木ゼミナール)
Yozemi logo.gif
代々木ゼミナール(本部タワー)(東京都渋谷区)
代々木ゼミナール(本部タワー)(東京都渋谷区)
創立者 高宮行男
団体種類 学校法人
設立 1957年4月30日
所在地 東京都渋谷区代々木2-25-7
主要人物 高宮英郎(理事長)
活動内容 高卒生・高校生教育事業、学校向け教育活動支援事業、教育の研究・開発、サテラインによる衛星授業
活動手段 教育事業
ウェブサイト http://www.yozemi.ac.jp/
テンプレートを表示

代々木ゼミナール(よよぎゼミナール)は、東京都渋谷区代々木を本拠に全国に28校舎(うち美術専門校3校舎)を持つ大手予備校である。河合塾駿台予備学校と並んで三大予備校と称される。経営母体は学校法人高宮学園。略称は代ゼミまたは代々木ゼミ。キャッチコピーは「志望校が母校になる。」である。

概要[編集]

現代国語の人気講師を擁したことやスカラシップ制度の導入などにより、老舗の駿台予備学校の生徒を吸収し、1980年代には駿台・河合塾と並んで三大予備校 (SKY) の1つに数えられるようになる。早くから有名講師陣を多数擁したことから「講師の代ゼミ」の異名を持ち、西尾孝安田亨など、旺文社の『ラジオ講座』や東京出版の『大学への数学』で活躍していた人材を講師に登用していた時期がある。

模擬試験代ゼミ模試)などの事業を行うほか、大検対策講座や帰国子女を対象とする講座を設けるなど、大学受験予備校として多種多様な需要に応えている。早くからマルチメディア戦略を用い、予備校界では唯一の自社占有の衛星回線を介して本部校における一部の授業やスタジオ収録の講座を配信している。大学受験以外にも、大学生や社会人を主な対象に代ゼミライセンススクールとして資格試験受験指導校(クレアール伊藤塾など)の講義をサテライン放送している。詳しくはサテラインの項を参照。

校舎は首都圏を中心に主要都市各地に点在するが、新規開校は今のところ1992年平成4年)の熊本校の開校が最後となっている。2008年(平成20年)に代々木ゼミナール本部校代ゼミタワー(本部校)が完成し、かつて代々木本校が持っていた本部機能が同ビルへ移転した後は、JEC1号館などの旧代々木校校舎の一部は株式会社ティーケーピーが運営する貸し会議室に、またプラザ館は2010年秋よりY-SAPIX東大館に流用された。JEC2号館は取り壊され、跡地には2011年11月18日小林武史大沢伸一プロデュースによる複合商業施設「代々木VILLAGE by kurkku」がオープンしている。

なお、2009年から2010年にかけ、子会社による株式取得に伴って中学 - 大学受験対策を行う学習塾であるSAPIXが代々木ゼミナールと合流し、SAPIX・代々木ゼミナールグループ(SAPIX YOZEMI GROUP)として展開している。その一環として、現在は難関大学受験を受ける高校生や中高一貫校の中学生を対象としている「Y-SAPIX」は元々、株式会社サピエンス研究所(現・株式会社ジーニアスエデュケーション)との共同で東大受験対策に特化した「Y-SAPIX東大館」の開校が始まりである。

その他に、学校の教員研修を目的とした「代々木ゼミナール教育総合研究所(代ゼミ教育総研)」も開設している[1]

沿革[編集]

  • 1957年 - 創立。
  • 1959年 - 文京予備校を母体に高宮行男(実家は神職、國學院大學卒)が開校した不二学院を前身とし、4月30日に代々木ゼミナールに改称された。
  • 1962年 - 造形学校の前身となるデザイン科を設置[2]
  • 1977年 - 大船校(現・湘南キャンパス)開校。
  • 1979年 - 名古屋校開校。
  • 1981年 - 造形学校開校(その後2005年に原宿へ移転)。
  • 1989年 - サテライン開始。
  • 1993年 - 国際教育センター開設。
  • 1997年 - 代ゼミサテライン予備校開設。
  • 1999年 - フレックス・サテライン開始。
  • 2001年 - 個別指導スクール開設。
  • 2002年 - ブロードバンド代ゼミTV-NET開始。インターネットで代ゼミ人気講師陣の授業が受けられるようになる。代々木ゼミナール教育総合研究所を設立。
  • 2006年 - 4月、運営法人の学校法人高宮学園が、グループ法人の学校法人東朋学園を吸収合併。
  • 2006年 - 全校舎フレックスサテラインにVODシステムを正式導入。
  • 2008年 - 本部機能が代々木ゼミナール本部校代ゼミタワー(代々木2丁目の新ビル、地上26階・地下3階建て)へ移転し、本部校開校。同ビルのキャッチフレーズは「代ゼミのオベリスク」。
  • 2009年 - グループ会社の株式会社日本入試センターが、SAPIX中学部・SAPIX高校部(現・Y-SAPIX)を運営するサピエンス研究所の全株式を取得し、子会社とした。
  • 2010年 - グループ会社の株式会社日本入試センターが、SAPIX小学部を運営するジーニアスエデュケーションの全株式を取得し、子会社とした。

関係団体[編集]

  • 株式会社代々木ライブラリー - 出版社。代ゼミ系の教材を市販している。
  • 株式会社日本入試センター - 1978年4月設立。模擬試験などの営利事業を行う(略称JEC)。校舎を所有して代ゼミに貸し出すこともある(代々木校のJEC1 - 3号館は同社の所有による)。社長には高宮行男の実弟の竹村保昭(1924年11月7日 - 1994年4月6日)が就任していた。現在はSAPIXも運営している[3]
  • 学校法人東朋学園 - 校名は代々木ゼミナール○○校であり、実質的には一体運営である。
  • 株式会社三鳩社 - 高宮一族の同族会社。社長高宮行男以下、その夫人の高宮清子や代々木ゼミナール副理事長だった竹村保昭(行男の実弟)などが役員を務める。
  • 株式会社プリバートコミュニケーション

各校舎[編集]

札幌校旧校舎(2013年8月)
名古屋校(2009年1月)

本部校、札幌校、新潟校、名古屋校には代々木ライブラリー(書店)が併設されており、書籍(他社が発行している受験参考書も販売している)のほか、文房具や代ゼミグッズも取り扱っている。

また、受験生寮が併設されている校舎もある。

専修学校(一般課程)[編集]

専修学校登録の場合、正式名は「専修学校代々木ゼミナール○○校」となる。ただし、一部の校舎は「代々木ゼミナール○○専修学校」となっている。

専修学校代々木ゼミナール
  • 本部校
  • 札幌校[4]、仙台校、高崎校、大宮校、柏校、津田沼校、池袋校、造形学校(原宿)、立川校、横浜校、新潟校、名古屋校、京都校、岡山校、小倉校、福岡校、熊本校
代々木ゼミナール○○専修学校

便宜上、「○○校」と表記する。

  • 町田校、大阪校(吹田)、大阪南校(難波)

各種学校[編集]

下記3校は各種学校となっている。

  • 湘南キャンパス(大船)、神戸校、広島校

上記以外[編集]

下記2校は日本入試センターが運営。

  • 横浜アトリエ
  • 浜松校 - 遠鉄百貨店新館内に所在する。

現役講師[編集]

元講師[編集]

その他[編集]

  • 竹内均 - 代々木ゼミナール札幌校元校長。東京大学名誉教授。
  • 養老孟司 - 代々木ゼミナール顧問。東京大学名誉教授、日本ニュース時事能力検定協会名誉会長。
  • 井出薫 - 1990年代半ばに代ゼミのテレビCMなどに出演。
  • 北九州市へ進出する際に、同市を本拠地とする北九州予備校(北予備)の圧力により、福岡県は当初認可を出さなかった。認可の無いまま1989年平成元年)4月に「代々木ゼミナール小倉」として開校を強行し、北予備との軋轢はさらに広がった。同年12月にようやく認可が下りて「小倉校」となった。この騒動の煽りで、翌1990年(平成2年)に開校した河合塾北九州校の認可は開校直前にずれ込んだ。

CMソング[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教育総研とは公式ウェブサイト
  2. ^ 「代々木アートギャラリー」オープンのお知らせ
  3. ^ 会社概要株式会社日本入試センター
  4. ^ 1981年に開校、2013年4月に隣接する新校舎に移転。旧校舎は貸会議室になる予定。代ゼミ旧札幌校、会議室に改装 東京のTKP、道内規模倍増へ北海道新聞2013年6月15日、代々木ゼミナール札幌校 2013年4月、新校舎OPEN!

外部リンク[編集]