北エーゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北エーゲ地方
Περιφέρεια Βορείου Αιγαίου
ギリシャにおける北エーゲ地方の位置
ギリシャの旗 ギリシャ
首府 ミティリーニ
所属県 リムノス県
ヒオス県
レスヴォス県
サモス県
イカリア県
知事 Νάσος Γιακαλής
人口 208,151人 (2005年現在)
面積 3,836 km² (1,481 sq.mi.)
人口密度 54人/km² (141人/sq.mi.)
公式サイト www.northaegean.gr

北エーゲギリシア語: Βόρειο Αιγαίο / Vório Egéo)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)の一つ。エーゲ海北東部に浮かぶ諸島から構成される。首府はレスヴォス島(レスボス島)のミティリーニ

地理[編集]

位置[編集]

行政区画である北エーゲ地方Περιφέρεια Βορείου Αιγαίου)は、エーゲ海の北東部に位置し、北東エーゲ海諸島(Νησιά του βορειοανατολικού Αιγαίου)とも呼ばれる島々の大部分を占める。ギリシャ共和国の「地理的な地方」としての「エーゲ海諸島」の北半部にあたり、南半部は南エーゲ地方となっている。

主要な島としては、北から

がある。ペリフェリア最大の島であるレスボス島は、クレタ島・エヴィア島に次いでギリシャ3位の面積を持つ島である。

主要な都市[編集]

  • ミティリーネ(レスヴォス県レスヴォス市) - 27,247
  • ヒオス(ヒオス県ヒオス市) - 23,779

歴史[編集]

この地域が近代ギリシャの版図に入ったのは1913年、バルカン戦争によってである。

1987年の地方行政改革により、従来の「地理的な地方」に代わる行政区画として13の「ペリフェリア」(地方)が設置された。このとき、従来の「エーゲ海諸島」が分割され、北エーゲ地方が設立された。ペリフェリアは2010年の地方行政改革(カリクラティス改革)によって自治権が拡充され、公選制の知事と議会を持つ広域自治体となった。

行政区画[編集]

[編集]

北エーゲ地方は、以下の5つの行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)から構成されている。

2010年の地方制度改革(カリクラティス改革)以前は、自治体としての県(ノモス)が3つ置かれていた(ヒオス・レスヴォス・サモス)。2011年1月1日にノモスが廃止されて行政区となった。このとき、レスヴォス県からリムノス県、サモス県からイカリア県が分けられ、行政区は5つとなっている。

行政区名 綴り 政庁所在地 面積 Km² 人口
1 リムノス Λήμνος
Limnos
- 477 18,475
2 レスヴォス Λέσβος
Lesbos
ミティリーニ 1,677 90,643
3 ヒオス
(キオス)
Χίος
Chios
ヒオス 904 53,408
4 サモス Σάμος
Samos
ヴァティ英語版 477 33,814
5 イカリア Ικαρία
Ikaria
- 301 9,781
リムノス県とレスボス県 
ヒオス県 
サモス県とイカリア県 

[編集]

北エーゲ地方には、基礎自治体である市(ディモス)が9ある。


交通[編集]

空港[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]