ラリサ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリサ県
Περιφερειακή ενότητα Λαρίσας
測地系: 北緯39度40分 東経22度30分
{{{州}}}におけるラリサ県の位置
ギリシャの国旗 ギリシャ共和国
地方 テッサリア
県都 ラリサ
面積 5,381 km²
人口 282,447 人 (2005年)
人口密度 52 人/km²
ナンバープレート PI
自治体コード 42
構成自治体数 7
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

ラリサ県ギリシャ語:Περιφερειακή ενότητα Λαρίσας)は、ギリシャテッサリア地方の県である。県都はラリサΛάρισα / Lárisa)。

地理[編集]

ラリサ県は、ギリシャの県の中で、エトリア=アカルナニア県に次いで2番目に面積が大きい県である。県の北東部にはピニオス川が流れ、テンビ渓谷がある。また、テッサリア地方最大の県であり、その3分の1の広さを占めている。ギリシャ最高峰のオリンボス山(2,917m)もラリサ県にある。

ラリサ県の北西はコザニ県、北東はピエリア県、東はエーゲ海、南東はマグニシア県、南はフティオティダ県、南西はカルディツァ県、西はトリカラ県にそれぞれ接している。県の南部と北部および北西部は深い森で覆われている一方で、県の中央部と南西部、西部および南東部には、テッサリア平原と呼ばれる肥沃な平地が広がっている。さらに県の東部と南東部およびオリンボス山周辺は、不毛な岩地となっている。

また、県南部にはヴィヴィ湖があり、テッサリア平原ピリオ山脈とを隔てる潟湖は、マグニシア県との県境にもなっている。

気候[編集]

ラリサ県は主に、夏に暑く冬は寒冷な地中海性気候である。しかし、オリンボス山といった山岳地帯では、冬が厳しい気候となる。今までに県内で記録された気温は、最高気温が45.2℃であり、最低気温は-21.6℃であった。

歴史[編集]

古代・中世[編集]

現在のラリサ県の地域は、ペラスゴイ人の居住地であったが、その後ギリシア人と同化した。この地域はマケドニア王国に征服された後に、第3次マケドニア戦争共和制ローマの統治領となった。ローマ帝国の分裂後は、東ローマ帝国領となり、やがてオスマン帝国の支配下に入った。

近代・現代[編集]

ギリシャ独立戦争では、テッサリア地方でも反乱が発生したが、オスマン帝国領にとどまった。しかし、1878年のベルリン会議によって、この地域のギリシャの領有が認められ、1881年にはギリシャ王国の領土となった。「ラリサ県」はこのときに創設されている。

現在のラリサ県北部にあたる、ティルナヴォス、エラソナ、サランダポロといった地域は、その後の1912年から1913年に起こった第一次バルカン戦争までは、オスマン帝国領であった。1913年、現在のラリサ県の全地域がギリシャ領となった。

ギリシャ王国編入後は、1940年代まで経済が成長した。1920年から1922年の希土戦争中には、小アジア地方からの避難民がラリサ県内にも移住した。1930年代になると電気が通り、道路が舗装され、自動車ラジオが普及し始めた。第二次世界大戦中、この地域はパルチザンの主要な活動拠点にもなり、さらに続くギリシャ内戦では、県内のインフラストラクチャーは壊滅状態となった。

1947年には、マグニシア県がラリサ県から分割された。1950年代には交通網が整備され、1957年には国道1号線が開通した。1970年代にはテレビも普及し、1984年にはテッサリア大学が建設された。2007年には山火事の被害を受けた。

経済[編集]

1970年代以来、ラリサ県の主な産業は、製造業サービス業商業などであり、農業も主要な産業である。特にテッサリア平原では、スイカメロンといった果物や、トマトジャガイモといった野菜の他に、綿肉牛などが生産されることで有名である。

行政区画[編集]

ラリサ県

市(ディモス)[編集]

ラリサ県は、以下の自治体(ディモス、市)から構成される。面積の単位はkm²、人口は2001年国勢調査時点。

自治体名 綴り 政庁所在地 面積 人口
1 ラリサ Λάρισα ラリサ  (el 335.1 163,380
2 アイア英語版 Αγιά アイア 668.3 14,121
3 エラソナ英語版 Ελασσόνα エラソナ  (el 1,568.1 37,264
4 キレレル英語版 Κιλελέρ ニケア  (el 975.3 23,213
5 テンビ英語版 Τέμπη マクリホリ  (en 577.0 16,466
6 ティルナヴォス英語版 Τύρναβος ティルナヴォス  (el 516.3 25,307
7 ファルサラ Φάρσαλα ファルサラ  (el 736.0 23,531

旧自治体(ディモティキ・エノティタ)[編集]

ラリサ県の旧自治体(1999年 - 2010年)

カリクラティス改革(2011年1月施行)以前の広域自治体(ノモス)としてのラリサ県(Νομός Λαρίσας)は、以下の基礎自治体(ディモス)から構成されていた。改革後、旧自治体は新自治体(ディモス)を構成する行政区(ディモティキ・エノティタ)となっている。

下表の番号は右図と対応している。「旧自治体」欄で※印を付したものはキノティタ、それ以外はディモス。「政庁所在地」欄で太字になっているものは、新自治体の政庁所在地となったものを示す。

旧自治体 綴り 政庁所在地 新自治体
1 ラリサ Λάρισα ラリサ ラリサ
2 アイア Αγιά アイア アイア
3 アンベロナス Αμπελώνας アンベロナス ティルナヴォス
4 アンディハシア Αντιχάσια クラネア エラソナ
5 アルメニオ Αρμένιο アルメニオ キレレル
6 ヤンヌリ Γιάννουλη ヤンヌリ ラリサ
7 ゴンニ Γόννοι ゴンニ テンビ
8 エラソナ Ελασσώνα エラソナ エラソナ
9 エニッペアス Ενιππέας メガロ・エヴィドリオ ファルサラ
10 エヴリメネス Ευρυμενές ストミオ アイア
11 カト・オリンボス Κάτω Όλυμπος ピルゲトス テンビ
12 キレレル Κιλελέρ キレレル キレレル
13 キラダ Κοιλάδα キラダ ラリサ
14 クランノナス Κραννώνας アイオイ・アナルギリ キレレル
15 ラケリア Λακέρεια ディミトラ アイア
16 リヴァディ Λιβάδι リヴァディ エラソナ
17 マクリホリ Μακρυχώρι マクリホリ テンビ
18 メリヴィア Μελίβοια ソティリツァ アイア
19 ナルタキ Ναρθάκι ナルタキ ファルサラ
20 ネソナス Νέσσωνας シクリオ テンビ
21 ニケア Νίκαια ニケア キレレル
22 オリンボス Όλυμπος カリテア エラソナ
23 プラティカンボス Πλατύκαμπος プラティカンボス キレレル
24 ポリダマンダス Πολυδάμαντας ヴァムヴァク ファルサラ
25 ポタミア Ποταμιά ヴラホヤンニオ エラソナ
26 サランダポロ Σαραντάπορο サランダポロ エラソナ
27 ティルナヴォス Τύρναβος ティルナヴォス ティルナヴォス
28 ファルサラ Φάρσαλα ファルサラ ファルサラ
29 アンベラキア Αμπελάκια アンベラキア テンビ
30 ヴェルディクサ Βερδικούσα ヴェルディクサ エラソナ
31 カリア Καρυά カリア エラソナ
32 ツァリツァニ Τσαριτσάνη ツァリツァニ エラソナ

郡(エパルヒア)[編集]

県には以下の5つの(エパルヒア)があったが、2006年以降法的な位置づけは行われていない。かつてのエパルヒアは、2011年のカリクラティス改革時のディモスのもとになった。

郡名 綴り 中心地
ラリサ郡  (en Λάρισα ラリサ
ティルナヴォス郡  (en Τύρναβος ティルナヴォス
アイア郡  (en Αγιά アイア
エラソナ郡  (en Ελασσόνα エラソナ
ファルサラ郡  (en Φάρσαλα ファルサラ

交通[編集]

スポーツ[編集]

参考[編集]