国道277号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道277号
一般国道

Japanese National Route Sign 0277.svg

国道277号
路線延長 61.5 km
制定年 1982年
起点 北海道檜山郡江差町
終点 北海道二海郡八雲町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号
Japanese National Route Sign 0227.svg国道227号
Japanese National Route Sign 0229.svg国道229号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
八雲町熊石鮎川町交差点
左277号雲石峠方向、右229・277号重複区間

国道277号(こくどう277ごう)は、北海道檜山郡江差町から北海道二海郡八雲町に至る一般国道である。

概要[編集]

八雲町熊石大谷(見市温泉付近)〜同町鉛川(北海道道42号八雲北檜山線交点)の間は、雲石峠を越える難所である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1982年4月1日 一般国道277号(北海道檜山郡江差町〜北海道山越郡八雲町)
1970年指定当初は、江差町から北檜山町(現・せたな町)まで重複し、今金町を経て長万部町国縫へ抜ける路線であった。1982年に北檜山 - 国縫間は国道230号の一部となり、主要道道八雲熊石線(道道17号/当時)から昇格したルートに変わっている。
  • なお、その後[いつ?]北海道道42号八雲北檜山線八雲町鉛川交点から国道5号立岩交点までが、遊楽部川北岸にバイパスとして開通となり、現国道ルートになったことから、鉛川から八雲町市街地までの旧国道277号は認定が解除され、道道42号となった。
  • 2008年1月から国道229号に重複区間の表示が施された。
  • 1990年より雲石峠熊石側での線形改良を目指して工事が進められていた雲石道路[1]2014年に全線が開通した[2]
高滝ノ沢橋ではアーチ橋の架橋にロアリング工法が用いられた。

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 雲石国道
  • 八熊線(はちくません)または八熊

重複区間[編集]

主な峠[編集]

  • 雲石峠(標高427m)

トンネル[編集]

  • 見市トンネル (785m)
  • 雲石トンネル (390m)
  • ピリカベツトンネル (578m)

所管[編集]

  • 国道229号との重複区間は省略
  • 函館開発建設部
    • 江差道路事務所:八雲町熊石鮎川町〜八雲町熊石大谷町・八雲町鉛川界
    • 八雲道路事務所:八雲町熊石大谷町・八雲町鉛川界〜八雲町立岩(終点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 檜山振興局
国道229号との重複区間は省略

主な温泉[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道路事業について 道路改良事業 一般国道277号 雲石道路 - 函館開発建設部
  2. ^ “国道277号 雲石道路3.1kmが 平成26年3月16日(日)午後3時に開通します” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省函館開発建設部, (2014年2月7日), http://www.hk.hkd.mlit.go.jp/press/H25/140207_2.pdf 2014年6月29日閲覧。 

関連項目[編集]