忠海駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
忠海駅
駅舎の一部
駅舎の一部
ただのうみ - Tadanoumi
安芸幸崎 (5.4km)
(2.8km) 安芸長浜
所在地 広島県竹原市忠海中町一丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 呉線
キロ程 17.2km(三原起点)
電報略号 ノミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1932年昭和7年)7月10日
備考 簡易委託駅
POS端末設置

忠海駅(ただのうみえき)は、広島県竹原市忠海中町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線である。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅である。ICカード類は専用カードリーダーによる処理となっている。三原地域鉄道部が管理し、窓口業務は地元に簡易委託されている。かつてはみどりの窓口が設置されていたが、簡易委託への移行時にPOS端末へ置き換えられた。かつて優等列車や貨物列車が運転されていた名残で列車交換の線路有効長がかなり長い。1番線、2番線ともホームに快速「瀬戸内マリンビュー」の号車案内がある。1番線はホームのかさ上げ工事がなされて列車との段差が解消されている。両ホームは跨線橋で連絡している。

便所は、改札内・外の両方にあり、改札外は男女別、改札内は男女共用であるが、いずれも汲み取り式となっている。駅舎は改築されたが、便所は以前のままであり、改装されていない。併設のコミュニティーセンターには男女別・身障トイレが設置されている。ウォシュレットはついていない。

忠海駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 呉線 上り 三原福山方面
下り 竹原方面 通常はこのホーム
2 呉線 下り 竹原・呉方面 行違い時のみ
  • 配線上は1番線が上り本線(兼下り副本線)、2番線が下り本線(兼上り副本線)である。1番線、2番線とも三原側・呉側両方向からの到着と両方向への出発に対応可能な信号機配置となっている。
  • 当駅は一線スルー配線ではないが、列車交換のない場合は上り列車、下り列車とも1番線(駅舎側ホーム)を使用する運用がなされている。
  • 1番線ホーム東端に車椅子使用者が2番線ホームに行くためのスロープと構内踏切がある。普段は扉で閉鎖され、必要時に駅に連絡するよう書かれた案内板があったが、現在は撤去されている。
  • かつて、2番線ホームの南側に数本の貨物用側線があり、そこから日本肥糧株式会社まで専用線が伸びていたが、現在はそれらの線路は撤去されている。
  • 駅舎西側には側線が1本あり、工事用車両の留置に使用されている。
  • 2011年平成23年)3月12日のダイヤ改正時より列車接近時の放送内容が、メロディーのみが流れる方式から列車接近案内のアナウンスに続いてメロディー(1番線は広島駅4・9番線で使用されるメロディーを使用)が流れる方式に変更された。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
呉線
安芸幸崎駅 - 忠海駅 - 安芸長浜駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]