坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坂駅
南口(2008年7月24日)
南口(2008年7月24日)
さか - Saka
水尻 (2.5km)
(2.6km) 矢野
所在地 広島県安芸郡坂町平成ヶ浜三丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 呉線
キロ程 81.8km(三原起点)
電報略号 サカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
3,176人/日(降車客含まず)
-2000年-
開業年月日 1903年明治36年)12月27日
備考 直営駅
みどりの窓口
北口(2008年7月24日)

坂駅(さかえき)は、広島県安芸郡坂町平成ヶ浜三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地上駅橋上駅舎を有する。1番線が単式、2番線と3番線が島式。配線としては1番線が上り本線、3番線が下り本線。2番線は上下共用の待避線(中線)であり、呉方面・広島方面の両方向に出発信号機が設置されている。

直営駅西条駅の被管理駅)でみどりの窓口が設置されているが、みどりの券売機の稼動により窓口の営業時間が大幅に短縮された[1]ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

1 呉線 上り 竹原方面
2・3 呉線 下り 海田市広島方面(2番線は主に当駅始発列車が使用)
  • 当駅で折り返す下り(広島方面)列車は、2番線を使用する。また、呉方面からの下り列車の一部は線路保守目的からか2番線に入線する[2]
  • 通過列車は、上りが1番線・下りが3番線を通過する。
  • 3番線の外側に保線車両留置用の行止まり側線が1線あり、矢野方で3番線に合流している。
  • 当駅の列車接近メロディーは1番線が広島駅4・9番線、2・3番線が広島駅2・7番線のものと同じである。かるが浜駅の場合とは異なり、2番線は上り列車[3]下り列車[2]関係なく広島駅2・7番線と同じメロディが流れる。
2002年10月5日 - 2009年3月13日の昼間の運用
ホーム 路線 方向 行先
1 □呉線 上り (通過列車[4]のみのため閉鎖)
2 呉線 上り 呉・竹原方面
3 呉線 下り 海田市・広島方面
  • 上り(呉方面)列車は、昼間時間帯(9時台 - 14時台)に広島駅を発車する定期列車[5]に限り2番線を使用していた。
  • 当駅から徒歩5分圏内に、中学[6]・高校・大学があり多くの生徒が電車通学となっている。その為、登下校時間帯に広島~坂間の短距離普通運用がある。一時期、時刻表に「休校時は運休」と記載されていたが、2011年4月現在では「土休日運休」等の表記になっている。

坂駅配線図

駅周辺[編集]

南口[編集]

北口[編集]

歴史[編集]

  • 1903年明治36年)12月27日 - 官設鉄道の海田市駅 - 呉駅間開業時に設置。
  • 1904年(明治37年)12月1日 - 山陽鉄道に貸渡。
  • 1906年(明治39年)12月1日 - 山陽鉄道国有化。再び官設鉄道の駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。呉線の所属となる。
  • 1976年昭和51年)6月1日 - 貨物扱い廃止。
  • 1978年(昭和53年)3月 - 駅舎改築工事開始。
  • 1979年(昭和54年)1月22日 - 鉄筋コンクリートの地上駅舎(2代目)完成。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)に移管。
  • 1989年平成元年)3月11日 - 当駅折返しの列車運行開始。(JR化後では初)
  • 1992年(平成4年)11月 - みどりの窓口営業開始。
  • 1999年(平成11年)9月 - 駅舎橋上化工事開始。これに伴い、駐輪場内に建設した仮駅舎での営業となる。
  • 2000年(平成12年)7月21日 - 橋上駅舎(3代目)完成。2・3番線とコンコースを結ぶエレベーター稼動開始[7]
  • 2002年(平成14年)10月5日 - データイムの上り列車の発着番線を、1番線から2番線に変更。
  • 2004年(平成16年)10月16日 - 快速安芸路ライナーの停車駅となる。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 坂駅南口複合施設(坂町立図書館・坂駅自転車等駐車場)が完成。自由通路と直結[8]
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)4月1日 - みどりの券売機の稼動に伴い、みどりの窓口の営業時間短縮[1]
  • 2009年(平成21年)
    • 3月4日 - 1番線とコンコースを結ぶエレベーターが稼動を開始し、バリアフリー化完了[7]
    • 3月14日 - 改札口とホームのLED発車標稼動開始。約6年半ぶりに当駅止を除く全ての上り列車が1番線に発着再開。呉方面からの下り列車の一部[2]が2番線に発着開始。昼間に1往復あった、当駅折返しの休校日を除く月 - 金曜日運転の列車が廃止。
  • 2010年(平成22年) - 当駅が呉駅の被管理駅から西条駅の被管理駅に変更となる。
  • 2014年(平成26年)3月15日 - みどりの窓口の営業時間変更。09:50~10:10の窓口閉鎖が取り止めとなる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
呉線
快速「通勤ライナー」
通過
快速「安芸路ライナー」
吉浦駅 - 坂駅 - 矢野駅
普通
水尻駅 - 坂駅 - 矢野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b みどりの券売機が稼動する前の営業時間は5:25 - 23:00だったが、稼動後の営業時間は5:20 - 19:20(9:50 - 10:10、11:20 - 14:10、16:40 - 17:00は閉鎖)となった
  2. ^ a b c 2014年3月15日現在、637M(9:28発 普通岩国行)と5643M(14:37発 快速広島行)が使用。
  3. ^ 現在は当駅止の列車のみ
  4. ^ 臨時快速「瀬戸内マリンビュー」1号。ただし、運休時の代替列車は広駅 - 三原駅間の運転となるため、通過列車は存在しなかった。
  5. ^ 広島駅14時台最後の快速「安芸路ライナー」を除く。
  6. ^ 坂町立坂中学校。坂町唯一の中学校であるため、遠方の坂町小屋浦地区の中学生は、小屋浦~坂間を利用する。
  7. ^ a b 橋上化工事の際、1番線と南口駅前広場を仕切る柵の一部に駅通用口を設けたため、インターホンで駅係員に対応を依頼すれば、改札階を経由しなくても利用することが出来、暫定的にバリアフリーとなっていた。そのため、当初は1番線とコンコース階を結ぶエレベーターは設置されなかったが、後に設置されることになった。
  8. ^ 広報さか平成17年4月号
  9. ^ 当初は5月24日安芸中野駅西広島駅と同時に稼動開始予定であったが、1日繰り下がった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]