須波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
須波駅
駅舎(2010年2月撮影)
駅舎(2010年2月撮影)
すなみ - Sunami
三原 (5.1km)
(6.7km) 安芸幸崎
所在地 広島県三原市須波一丁目5-8
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 呉線
キロ程 5.1km(三原起点)
電報略号 スナ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
178人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1930年昭和5年)3月19日
備考 無人駅

須波駅(すなみえき)は、広島県三原市須波一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線である。

駅構造[編集]

対向式ホーム2面2線を持つ、行違い可能な地上駅。ホームは築堤上にある。

上下線のホームの出入口は独立して設けられている。呉方面ホームの出入口はホーム呉寄りと三原寄りの2か所、三原方面行きホームの出入口は1ヶ所。

呉方面ホームの三原寄りにある駅舎内には、CTCにより列車接近(前駅出発)を告知する装置が取り付けられている(当駅に限らず広島支社管内のローカル駅ではよく見られる)。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)で、ICカード用のカードリーダーもある。管理は三原地域鉄道部が担当している。

のりば
1(反対側) 呉線 上り 三原福山方面
2(駅舎側) 呉線 下り 竹原方面
  • 実際には上記ののりば番号標はない。上記の番号は列車運転指令上の番線番号である。
  • 1番線(反対側)は上り本線であり、上り列車の入線および三原側への出発が可能である。
  • 2番線(駅舎側)は下り本線(兼上り副本線)であり、上り・下り列車の入線および両方向への出発に対応可能な信号機配置である。ただし実際は下り列車専用ホームとして運用されており、2番線に入線する上り定期列車は設定されていない。
  • 2番線ホームの東側には貨物ホーム跡と1線の側線が残されている。この側線は、保線用車両の留置に使用されることがある。
  • 列車接近時の案内放送やメロディーはない。
  • 乗車券はかつては駅北側や南側の商店で常備券を発売していた。その関係から、ICOCA導入後も自動券売機の設置はなされなかった。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

年度 1日平均
乗車人員
1999年 326
2000年 308
2001年 295
2002年 264
2003年 244
2004年 227
2005年 218
2006年 199
2007年 192
2008年 178

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
呉線
三原駅 - 須波駅 - 安芸幸崎駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]