矢野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
矢野駅
南口駅舎(2009年2月21日)
南口駅舎(2009年2月21日)
やの - Yano
(2.6km)
(2.6km) 海田市
所在地 広島市安芸区矢野西一丁目32-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   Y   呉線
キロ程 84.4km(三原起点)
電報略号 ヤノ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
7,953人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1903年明治36年)12月27日
備考 直営駅
みどりの窓口
広 広島市内

矢野駅(やのえき)は、広島県広島市安芸区矢野西一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、構内の南北を結ぶ橋上駅舎を備える。駅舎内部にはみどりの窓口自動券売機自動改札機が置かれている。改札の近くにコンビニ「デイリーイン」がある。駅舎内部の駅前広場(南口)側には、ギャラリー「やの交流プラザ」が併設されている。なお、ホーム・自由通路(南口・北口)に計4基のエレベーターが設置されており、駅舎はバリアフリーとなっている。[1]

直営駅西条駅の被管理駅)かつICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。また、JRの特定都区市内制度における広島市内の駅であり、呉線内では最南端に当たる。

のりば[編集]

1   Y   呉線 上り 竹原方面
2   Y   呉線 下り 海田市広島方面

駅舎[編集]

現駅舎のデザインは、かつての矢野地区の代表産業であった「かもじ」の曲線や、古い町屋がモチーフとなっている。駅の敷地内(南口)に矢野駅ビルアイスタ矢野が建設され、1階にはスーパーフレスタ「おかず工房 矢野店」、2階にはフタバ図書JR矢野駅前店[2]と歯科医院が出店した。

橋上駅舎(部分)共用開始後に残工事を行い、未完成だった駅舎部分・駅前広場・やの交流プラザが完成し、供用開始された。

やの交流プラザは、駅舎2階の駅前広場(南口)側に、自由通路を挟んで左右に位置し、矢野地区の住民や児童の作品・矢野の歴史を伝える資料・駅の歴史を記したパネル・矢野地区のイベント情報などが常時展示されている。矢野地区の住民らで、交流プラザの活用委員会も立ち上げられ、地域住民の交流の場としてイベントなどでも利用されている。

駅前広場の完成に併せてバス停が移設され、南口からすぐ広電バスへの乗り換えが可能となり、熊野営業所行き、夢が丘・押込行き、安芸矢野ニュータウン循環・済生会広島病院前行きが、2ヶ所の乗降所から発着するようになった。2010年(平成22年)10月4日広電バスダイヤ改正で、矢野旧道経由便の乗り入れが開始され、広島都心や広島駅、向洋、海田、矢野旧道沿線へ向かうバス路線も発着している。

呉方面側に踏切が2か所あるが、そのうち1か所は遮断機・警報器が設置されていない。ここは国鉄時代から無謀横断による人身事故が多く、警告文・簡易踏切(警報器と遮断機なし)を設置したが効果はなく、自治体から改善するように求められていた。元々、道幅自体が抜け道のように2m前後と狭く踏切警報機の設置が困難だったと思われる。2011年現在、フェンスで閉鎖されているが簡易踏切は残されている。

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。

年度 1日平均
乗車人員
年度毎
総数
定期券
総数
普通券
総数
1971年(昭和46年) 1,274.1 932,642 700,702 231,940
1972年(昭和47年) 1,473.6 1,075,704 775,108 300,596
1973年(昭和48年) 1,757.3 1,282,816 891,708 391,108
1974年(昭和49年) 1,988.1 1,451,337 1,024,304 427,033
1975年(昭和50年) 2,099.9 1,537,157 1,013,994 523,163
1976年(昭和51年) 2,286.4 1,669,070 1,083,818 585,252
1977年(昭和52年) 2,213.8 1,616,098 1,013,468 602,630
1978年(昭和53年) 2,194.2 1,601,731 1,019,092 582,639

以上の1日平均乗車人員は、乗車数と降車数が同じであると仮定し、年度毎総数を365(閏年が関係する1971・1975年は366)で割った後で、さらに2で割った値を、小数点第二位で四捨五入。小数点一位の値にした物である。

年度 1日平均
乗車人員
1979年(昭和54年) 2,287
1980年(昭和55年) 2,391
1981年(昭和56年) 2,574
1982年(昭和57年) 2,675
1983年(昭和58年) 2,804
1984年(昭和59年) 3,120
1985年(昭和60年) 3,414
1986年(昭和61年) 3,792
1987年(昭和62年) 4,299
1988年(昭和63年) 4,893
1989年(平成元年) 4,668
1990年(平成2年) 4,910
1991年(平成3年) 5,076
1992年(平成4年) 5,348
1993年(平成5年) 5,741
1994年(平成6年) 6,144
1995年(平成7年) 6,566
1996年(平成8年) 6,934
1997年(平成9年) 6,946
1998年(平成10年) 6,957
1999年(平成11年) 7,071
2000年(平成12年) 6,942
2001年(平成13年) 6,771
2002年(平成14年) 6,681
2003年(平成15年) 6,738
2004年(平成16年) 6,937
2005年(平成17年) 7,148
2006年(平成18年) 7,309
2007年(平成19年) 7,475
2008年(平成20年) 7,703
2009年(平成21年) 7,749
2010年(平成22年) 7,816
2011年(平成23年) 7,897
2012年(平成24年) 7,953
乗車数グラフ

Yano sta graph.jpg

駅周辺[編集]

南口[編集]

北口[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  Y   呉線
快速「通勤ライナー」
呉駅 - 矢野駅 - 広島駅
快速「安芸路ライナー」・普通
坂駅 - 矢野駅 - 海田市駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 呉線 矢野駅(橋上駅舎)の使用開始について(広島・山口エリア)
  2. ^ 2010年5月15日に閉店。現在は、ヘアーサロンPrendere矢野店、個別指導Axis矢野校、公文式矢野駅前教室が入居。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 各 広島市統計書

外部リンク[編集]