国道430号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道430号
一般国道

国道430号標識

国道430号
路線延長 39.8 km [1]
陸上区間 39.8 km [1]
制定年 1982年昭和57年)
起点 岡山県倉敷市
終点 岡山県玉野市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0429.svg国道429号
Japanese National Route Sign 0030.svg国道30号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
倉敷市中畝付近(2013年9月)。

国道430号(こくどう430ごう)は、岡山県倉敷市から玉野市へ至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点: 岡山県倉敷市
  • 終点: 岡山県玉野市
  • 指定区間: なし[1]
  • 総延長: 39.8 km [1]
  • 実延長: 39.8 km (うち 現道 37.9 km ,旧道 1.1 km ,新道 0.7 km)[1]
  • 改良率: 99.2 % (延長 26.5 km)[1]
  • 整備率: 66.8 % (延長 39.4 km )[1]
  • 歩道設置延長: 29.8 km [1][注 1]

歴史[編集]

元々は主要地方道県道として岡山県道23号玉野玉島線だったものが、1981年昭和56年)4月30日に一般国道430号への昇格が制定公布され、施行日の1982年昭和57年)4月1日に国道番号標識が設置された。

路線状況[編集]

倉敷市中心部・水島地域・児島地域・玉野市を連絡する主要ルートである。児島地域以西が工業地域を走る物流・通勤ルートであるのに対し、児島地域以東は瀬戸大橋を望みながら瀬戸内海沿いを走る観光ルートの色が濃い。

主な構造物[編集]

起点から順に主な構造物は次のとおり。

  • 玉第三トンネル (玉野市)
    • 読み: たまだい3トンネル 、延長 221 m [2]
  • 玉第二トンネル (玉野市)
    • 読み: たまだい2トンネル 、延長 112 m [2]
  • 玉第一トンネル (玉野市)
    • 読み: たまだい1トンネル 。
  • 玉野トンネル (玉野市)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 岡山県
    • 倉敷市 - 玉野市

接続する主な道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 道路実延長における歩道設置延長。
  2. ^ 倉敷市道を介した間接接続。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 『道路統計年報』 2012年版 -道路の現況(表26)- (PDF)国土交通省道路局、2013年(平成25年)3月15日閲覧。
  2. ^ a b 「トンネル内の道路附属物の一斉点検結果について」 (PDF) 、岡山県庁土木部道路整備課(平成25年3月14日付発表)、2013年(平成25年)3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]