国道343号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道343号
一般国道

Japanese National Route Sign 0343.svg

国道343号
路線延長 64.2 km
起点 岩手県陸前高田市
終点 岩手県奥州市
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道343号こくどう343ごう)は、岩手県陸前高田市から岩手県奥州市に至る一般国道である。

概要[編集]

重複区間[編集]

  • 国道340号(陸前高田市起点~廻館交差点)
  • 国道456号(一関市大東町摺沢~一関市大東町猿沢)

通過する市町村[編集]

  • 岩手県
    • 陸前高田市 - 一関市 - 奥州市

接続路線[編集]

バイパス・改良事業など[編集]

  • 矢作バイパス
  • 二又バイパス
  • 大原バイパス
一関市大原地区において、安全で円滑な交通確保と幹線道路としての機能向上を目的に隘路区間を解消すべく整備された、全長約2,260mのバイパス道路。
2009年3月中央部分の約840mが、翌10年3月には約560mが開通し、2014年3月28日に両端の約560mと300mがそれぞれ完成して全線開通となった[1]
  • 猿沢バイパス
  • 鳶ヶ森道路
国道343号の難所とされた旧東山町と旧大東町(現在はいずれも一関市)との境界区間に整備されたバイパス道路。従前は鳶ヶ森山の南側を峠道で越えていたのに対し、バイパスは鳶ヶ森山の北側を鳶ヶ森トンネル等の土木構造物で直線的に繋いでいる。1997年に開通した[2]
この道路の開通により旧道の殆どの区間は砂利道の町道となり、実質的に廃道に近い状態となっている。

道の駅[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]