国道32号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道32号
一般国道

国道32号標識

国道32号
総距離 143.5 km(総延長)
139.7 km(実延長)
制定年 1952年指定(1970年経路変更)
起点 香川県高松市中新町11番1
主な
経由都市
香川県仲多度郡まんのう町
徳島県三好市
高知県南国市
終点 高知県高知市本町5丁目144番
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
Japanese National Route Sign 0030.svg国道30号
Japanese National Route Sign 0319.svg国道319号
Japanese National Route Sign 0192.svg国道192号
Japanese National Route Sign 0055.svg国道55号
Japanese National Route Sign 0056.svg国道56号
Japanese National Route Sign 0033.svg国道33号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
高松市成合町・成合大橋東交差点付近
高知市方面から見た南国市領石付近の国道32号
ここから香川県三豊市まで長い山岳区間である

国道32号(こくどう32ごう)は、香川県高松市から高知県高知市へ至る一般国道である。

概要[編集]

国道32号は高松市の中新町交差点が起点である。ここから峰山口交差点までは、国道11号との重複区間であり、案内標識に国道32号の表記は無い。11号との重複区間は高松市のメインストリートである高松中央通り上天神町交差点を通過しているため、交通量が非常に多い。峰山口交差点で11号と別れた後も、仲多度郡まんのう町までは円座バイパス綾南・綾歌・満濃バイパスとして4車線整備されており、讃岐平野を通る平坦な道が続く。途中の綾歌郡綾川町では沿線にイオン綾川ショッピングセンター(現・イオンモール綾川)が2008年7月にできたため従前より交通量が増加している。

まんのう町の買田東交差点で4車線区間が終わると、ここから徳島県三好市までは南進して讃岐山脈を横断し、香川県三豊市と徳島県三好市の県境にある猪ノ鼻峠猪之鼻隧道付近から三好市池田町州津の鳴門池田線との交差点までの区間は上って下っての非常に急カーブが多い道路になる。

三好市池田町州津から井川池田インターチェンジまでの区間は、吉野川北岸を西進し四国中央橋で吉野川を渡る。南岸の井川池田インターチェンジ前交差点で国道192号と合流。そこから再び西進し、三好市池田町街の北側を通過する。192号との重複区間の案内標識は32号と192号の両方が併記されている。

池田大橋池田ダム湖を渡り、その西詰で192号と別れてから高知県南国市までは四国山地を横断し、三好市池田町白地から高知県香美市土佐山田町繁藤まではJR土讃線同様、吉野川や支流の穴内川を沿うように通る。この区間の三好市には大歩危小歩危があり、大豊町には日本一の大とされる「杉の大杉」や国宝豊楽寺薬師堂がある。一方でこの区間は四国有数の多地滑り、落石地帯であり、交通規制が行われることがある。台風や大雨の後の通行は出来る限り避けたい区間でもある。

香美市土佐山田町繁藤から南国市領石までの間は再びカーブが多くなり、特に南国市山間部の根曳峠は急カーブが非常に多い。根曳峠をすぎると高知平野に入り、ここからは4車線道路になる。南国市街を西に逸れながら高知市に入る。国道32号を高知市街に進めていくと、高知市のはりまや交差点を直進し、県庁前交差点で終点だが、はりまや交差点を右折して土讃線高知駅までの区間も国道32号である。そのはりまや交差点を右折してすぐ渡る橋がはりまや橋である。

国道32号終点
高知県高知市で撮影。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

1885年明治18年)の内務省告示第6号「國道表」では、国道32号「東京ヨリ高知縣ニ達スル路線」現1号2号経由岡山で分岐し下津井 - 丸亀航路)として指定された。丸亀で、松山へ向かう31号、高松へ向かう50号と分岐していた。

1920年大正9年)4月内務省告示第28号施行の旧道路法に基づく路線認定では、四国に達する国道は下津井丸亀航路経由から宇高航路(宇野 - 高松)経由に変更された。それに伴い、旧32号は高松を経由して高松 - 竜川村(現・善通寺市)は現在の香川県道33号高松善通寺線のルートをとり竜川から南進する国道23号「東京市ヨリ高知縣廳所在地ニ達スル路線」となって、竜川で松山への24号が分岐する形となった。

1952年昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、一級国道32号(香川県高松市 - 高知県高知市)として指定された。旧24号にあたる国道11号松山方面とは継続して竜川村で分岐するようになっていた。

1965年4月1日に、道路法改正によって一級・二級の階級別がなくなり一般国道32号となった。

1970年(昭和45年)4月1日に高松市 - 琴平町の経路が琴電琴平線沿いの琴平街道に変更され、同時に旧道の善通寺市(旧・竜川村) - 琴平町は国道319号に変更された。現在は、そのルートも円座バイパス綾南・綾歌・満濃バイパスの開通によりほとんどが県道に格下げされ、琴平町も町域外を迂回する形となっている。

工事概要[編集]

  • 1886年明治19年)、丸龜 - 高知 - 松山間約270kmの改修工事(四国新道)が開始された。この工事は、香川県議会議員大久保諶之丞が私財を投じて進められたものである。改修工事は、香川県徳島県内は1890年(明治23年)3月に竣工し、高知県内が竣工したのは1894年(明治27年)である。
  • 戦後になると国道32号はその歴史的経緯、重要性から国道33号と共に瀬戸内側と太平洋側を結ぶ「Vルート」と呼ばれ、国直轄による改築工事が開始された。
  • 1958年(昭和33年)8月善通寺市内改良を皮切りに香川県内の一次改築に着手[5]
  • 1959年(昭和34年)度より高知・徳島県内でも一次改築を開始[6]。4月、徳島県三好郡池田町内改良工事、藤川橋施工に着手。8月には南国市と高知市境の逢坂峠の改良工事に着手。
  • 1960年(昭和35年)高知県南国市岡豊地区の舗装、大豊町大杉・板木野地区の改良工事に着手。
  • 1961年(昭和36年)3月、高知県逢坂峠改良完了[6]。4月、高知県香美郡土佐山田町根曳・天坪地区の改良工事着手。高知市街の東入口薊野 - 北本町間の交通混雑改称を目的に、四国初の二次改築道路「東高知バイパス」(通称薊野バイパス、現高知県道384号)に着手。
  • 1962年(昭和37年)徳島県内猪ノ鼻峠の改良工事に着手。高知県豊永地区改良着手[7]
  • 1964年(昭和39年)6月、琴平バイパス着手[5]。7月、猪之鼻隧道完成[6]。8月、三好郡山城町川口地区改良着手。
  • 1965年(昭和40年)3月、根曳峠改良完了。根曳峠は、香美郡土佐山田町と南国市の境にある標高395m平均5.2%の急勾配が続く。山岳道路には珍しく橋梁等もなく土工のみの工事で総土工量は、100万m³に達した[7]。9月、香川県側猪ノ鼻峠の改良完了[6]
  • 1966年(昭和41年)8月、琴平町内舗装工事を最後に香川県内の一次改築完了[8]。11月、徳島県側の猪ノ鼻峠の改良完了。12月、大歩危・小歩危地区の改良完了[9]
  • 1967年(昭和42年)1月、東高知バイパス(薊野バイパス)完成[10]。徳島県川口地区改良完了で徳島県内の一次改築がほぼ完了。6月、大豊町大杉地区を最後に高知県内の一次改築が完了。8月、Vルート完成式を高知市内で挙行[10]
  • 1968年(昭和43年)3月徳島県内の一次改築が完了。
  • 1969年(昭和44年)池田バイパス着手。
  • 1972年(昭和47年)4月、綾南・綾歌・満濃バイパス綾南工区着手[11]
  • 1973年(昭和48年)3月、池田大橋着手。
  • 1976年(昭和51年)3月、池田大橋完成[12]
  • 1977年(昭和52年)3月、池田バイパス完成供用[12]

災害について[編集]

32号は、急峻な山間部を通行することより土砂災害を受けている。主なものを記載する。

  • 1966年(昭和41年)5月23日に高知県大豊村[注釈 5]小川で土砂崩れ発生17日間通行止め[13]
  • 1972年(昭和47年)7月5日に高知県土佐山田町[注釈 6]繁藤で昭和47年7月豪雨により山崩れ発生、崩土量10万m³、死者60名、20日間通行止め[10]
  • 1987年(昭和62年)7月14日に徳島県山城町[注釈 3]下名で台風5号による豪雨のため土石流発生、吉野川に落下した車両も含め4台が被災、6日間通行止め。
  • 1993年(平成5年)10月9日に徳島県山城町[注釈 3]西宇大歩危で法面崩壊発生、崩土量700m3。30日間通行止め
  • 1998年(平成10年)9月25日に高知県大豊町戸手野で法面崩壊発生12日間通行止め。
  • 1999年(平成11年)7月29日に高知県大豊町日浦で路面崩壊発生16日間通行止め。
  • 2004年(平成16年)8月2日に台風10号の降雨により高知県大豊町大久保で路面崩壊発生3日間通行止め[14]
  • 2004年(平成16年)12月6日22時50分頃大雨等により香川県三豊郡財田町[注釈 7]財田上で法面崩壊発生[15]。12月11日24時に片側交互通行開始。[16]

旧道[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

三好郡池田町中心市街地(現・三好市)を避ける経路(吉野川右岸沿)に、渋滞の解消と交通安全の確保を目的に建設されたバイパス道路。それまでの国道32号(現徳島県道5号)は池田町の人口密集地区を通過していた。1969年整備開始し、1977年供用。主な構造物に池田トンネルなど。同時期に池田町白地では老朽化した三好橋に代わる新たな交通の要衝「池田大橋」も整備された。
  • 井川インター関連(三好市)
徳島自動車道の利用を円滑にするために建設されたバイパス道路。それまで讃岐山脈を下ってきた国道32号は三好大橋(現徳島県道5号)で吉野川を渡っていたが、池田町州津を西進する道路と井川池田インターチェンジの入口交差点のほぼ対岸の地点で渡河する四国中央橋を新たに整備した。2003年3月全線供用開始。

重複区間[編集]

  • 国道193号国道492号:香川県高松市中新町(中新町交差点) - 香川県高松市上天神町上天神町交差点
  • 国道11号:香川県高松市中新町(中新町交差点) - 香川県高松市田村町(峰山口交差点)
  • 国道377号:香川県丸亀市(新羽床口交差点) - 香川県仲多度郡まんのう町(買田東交差点)
  • 国道319号:香川県仲多度郡まんのう町(買田東交差点) - 徳島県三好市(川口交差点)
  • 国道192号:徳島県三好市井川町西井川(井川池田インター入口交差点) - 徳島県三好市池田町白地(池田大橋西詰)
  • 国道439号:高知県長岡郡大豊町佐賀山 - 高知県長岡郡大豊町高須
  • 国道55号国道493号:高知県高知市介良甲 - 高知県高知市本町(県庁前交差点)
  • 国道195号:高知県高知市小倉町(小倉町交差点) - 高知県高知市本町(県庁前交差点)
  • 国道56号国道197号:高知県高知市知寄町(知寄町1丁目交差点) - 高知県高知市本町(県庁前交差点)

別名[編集]

  • 金毘羅街道
    • 高松街道(高松市 - まんのう町)
    • 阿波別街道(まんのう町 - 三好市)
  • 徳島北街道
  • はりまや通り(支線部分)
  • 電車通り(高知市内で土佐電鉄線との並走区間)

道路施設[編集]

トンネル

大豊トンネル(高知方面)
  • 猪之鼻隧道(L=827m、W=7.7)1964年昭和39年)度完成
  • 込野隧道(L=354m、W=7.8m)1963年(昭和38年)度完成
  • 大豊トンネル(L=1605m、W=8.5m)1978年(昭和53年)度完成
  • 戸手野トンネル(L=602m、W=10.3m)2003年平成15年)度完成

ロックシェッド

  • 込野洞門(L=60m、W=8m)1973年(昭和48年)度完成
  • 大歩危洞門(L=85m、W=8m)1975年(昭和50年)度完成
  • 大久保洞門(L=75m、W=7m)1975年(昭和50年)度完成
  • 板木野洞門(L=242m、W=7m)1989年(平成元年)度完成

橋梁

  • 成合大橋
  • 新滝宮橋(L=110m)
  • 四国中央橋(L=548m、W=14.5m)2002年(平成14年)度完成
  • 池田大橋(L=294m、W=11.5m)1976年(昭和51年)度完成
  • 大川橋(L=291m、W=7m)1966年(昭和41年)度完成
  • 新葛島橋(L=154.6m)

道の駅

事前通行規制区間[編集]

1966年(昭和43年)12月に異常気象時における事前通行規制区間が定められた。2009年(平成21年)度現在は、下記のとおり。

  • 香川県三豊市財田町財田上字奥の内 - 徳島県三好市池田町箸蔵間 L=11.0km 連続雨量250mm以上の場合通行止
  • 徳島県三好市池田町白地 - 徳島県三好市山城町西宇字島の上間 L=14.5km 連続雨量250mm以上の場合通行止
  • 徳島県三好市山城町西宇字島の上 - 高知県長岡郡大豊町高須間 L=26.3km 連続雨量250mm以上の場合通行止
  • 高知県長岡郡大豊町小川 - 高知県長岡郡大豊町角茂谷間 L=6.2km 連続雨量250mm以上の場合通行止

交通規制を参照

交通量[編集]

(右の「表示」を押す)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

香川県

  • 国道30号国道436号(※高松港方面へ国道11号と重複)(高松市・中新町交差点起点)
  • 国道193号(※国道193号重複=国道492号)(高松市・中新町交差点起点 -(重複)- 上天神町交差点)
  • 国道11号(高松市・中新町交差点起点 -(重複)- 峰山口交差点)
  • 国道377号(丸亀市・新羽床口交差点 -(重複)- 仲多度郡まんのう町・買田東交差点)
  • 国道438号(丸亀市・中新田交差点)
  • 国道319号(仲多度郡まんのう町・買田東交差点 - 三好市・川口交差点)

徳島県

高知県

主な峠[編集]

  • 買田峠(標高99m):香川県仲多度郡まんのう町
  • 樅ノ木峠(標高186m):香川県仲多度郡まんのう町
  • 猪ノ鼻峠標高413m):香川県三豊市 - 徳島県三好市
  • 根曳峠(標高395m):高知県香美市 - 高知県南国市

脚注[編集]

出典

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令”. 電子政府の総合窓口 イーガブ. 2012年10月15日閲覧。
  2. ^ 道路統計年報2011 - II. 道路の現況 表26 pp.3-4”. 国土交通省. 2012年10月15日閲覧。
  3. ^ 道路統計年報2011 - II. 道路の現況 表27 pp.3-4”. 国土交通省. 2012年10月15日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令”. 電子政府の総合窓口 イーガブ. 2012年10月15日閲覧。
  5. ^ a b 香川工事事務所60年のあゆみ、四国弘済会1994年10月発刊、63頁
  6. ^ a b c d 建設省四国地方建設局40年のあゆみ、社団法人四国建設弘済会1999年3月発刊、96頁
  7. ^ a b 土佐国道事務所40年のあゆみ、国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所2003年3月発刊、29頁
  8. ^ 香川工事事務所60年のあゆみ、四国弘済会1994年10月発刊、64頁
  9. ^ 建設省四国地方建設局40年のあゆみ、社団法人四国建設弘済会1999年3月発刊、97頁
  10. ^ a b c 土佐国道事務所40年のあゆみ、国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所2003年3月発刊、103頁
  11. ^ 香川工事事務所60年のあゆみ、四国弘済会1994年10月発刊、64頁
  12. ^ a b 建設省四国地方建設局40年のあゆみ、社団法人四国建設弘済会1999年3月発刊、99頁
  13. ^ 土佐国道事務所40年のあゆみ、国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所2003年3月発刊、102頁
  14. ^ “一般国道32号高知県長岡郡大豊町の復旧状況” (プレスリリース), 国土交通省四国地方整備局, (2004年8月5日), http://www.skr.mlit.go.jp/bosai/bosai/sokuhou/honbu/h16/040731/040802_6.pdf 2012年12月29日閲覧。 
  15. ^ “一般国道32号災害について(第二報)” (プレスリリース), 国土交通省 香川河川国道事務所, (2004年12月7日), http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/press/h16_12_07/32saigai_2.html 2012年12月29日閲覧。 
  16. ^ “一般国道32号災害による通行止め片側交互通行の開始について(第六報)” (プレスリリース), 国土交通省 香川河川国道事務所, (2004年12月10日), http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/press/h16_12_10/32saigai_6.html 2012年12月29日閲覧。 
  17. ^ 四国地方整備局・国道32号交通量 香川県内徳島県内高知県内
  18. ^ 平成22年度道路交通センサス調査結果および道路統計年報2012”. 2013年9月16日閲覧。

注釈

  1. ^ 2005年3月22日から丸亀市の一部。
  2. ^ 2006年3月20日から仲多度郡まんのう町の一部。
  3. ^ a b c d e 2006年3月1日から三好市の一部。
  4. ^ 2010年4月1日現在
  5. ^ 1972年4月1日から大豊町
  6. ^ 2006年3月1日から香美市の一部
  7. ^ 2006年1月1日から三豊市の一部

参考文献[編集]

  • 高知工事事務所四十年史
  • 四国地方建設局20年史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]