国道492号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道492号
一般国道

国道492号標識

国道492号
路線延長 133.5 km(実延長)
30.7 km(実延長)
29.3 km(現道)
制定年 1993年指定
起点 香川県高松市中新町11番1
主な
経由都市
徳島県美馬市
終点 高知県長岡郡大豊町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0192.svg国道192号
Japanese National Route Sign 0193.svg国道193号
Japanese National Route Sign 0438.svg国道438号
Japanese National Route Sign 0439.svg国道439号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
美馬市穴吹町首野
美馬市木屋平川井
単独区間はこの交差点で終わり

国道492号(こくどう492ごう)は、香川県高松市から高知県長岡郡大豊町に至る一般国道である。

概要[編集]

総延長133.5 kmのうち、約8割にあたる102.8 kmが重用延長であり、単独区間は徳島県内に限られる[1]。また、単独区間は地図上には重複する上級路線が表記されるのみである[2]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 穴吹バイパス : 美馬市穴吹町穴吹における幅員狭小の解消と歩行者の安全確保のために計画されたバイパスで、1994(平成6年)に事業化され[6]2007年12月18日に開通した[7]


重複区間[編集]

  • 国道193号:香川県高松市中新町(起点)- 徳島県美馬市穴吹町穴吹
  • 国道11号国道32号:香川県高松市中新町(起点)- 香川県高松市上天神町(国道193号重複内)
  • 国道377号(国道193号重複内):香川県高松市香川町安原下 - 徳島県美馬市脇町清水
  • 国道438号:徳島県美馬市木屋平 - 徳島県三好市東祖谷菅生
  • 国道439号:徳島県美馬市木屋平 - 高知県長岡郡大豊町西土居(終点)[8]

さらに、三好市東祖谷京上からは徳島県道・高知県道113号東祖谷山大杉停車場線とも重複している。

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2006年1月10日に高松市へ編入。
  3. ^ 2005年9月26日に高松市へ編入。
  4. ^ a b 2005年3月1日に3町1村が合併して美馬市発足。
  5. ^ 2006年3月1日に4町2村が合併して三好市発足。
  6. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 12. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ 昭文社 2001, pp. 218, 231-232.
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月14日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月24日閲覧。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成4年4月3日政令第104号)”. 法庫. 2013年4月22日閲覧。
  6. ^ 再評価結果(平成21年度事業継続箇所)”. 四国地方整備局. 2015年3月1日閲覧。
  7. ^ 穴吹バイパス 開通式”. 建通新聞. 2015年3月1日閲覧。
  8. ^ 平成22年度道路交通センサス調査結果および道路統計年報2012”. 2013年9月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]