国道388号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道388号
一般国道

国道388号標識

国道388号
総距離 244.1 km(総延長)
204.1 km(実延長)
202.3 km(現道)
制定年 1975年
起点 大分県佐伯市
主な
経由都市
延岡市
門川町
美郷町
椎葉村
水上村
終点 熊本県湯前町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0217.svg国道217号(起点)
Japanese National Route Sign 0327.svg国道327号(美郷町西郷区)
Japanese National Route Sign 0446.svg国道446号 (美郷町南郷区)
Japanese National Route Sign 0265.svg国道265号(椎葉村)
Japanese National Route Sign 0219.svg国道219号(終点)
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道388号(こくどう388ごう)は、大分県佐伯市から宮崎県延岡市門川町美郷町椎葉村熊本県球磨郡水上村を経由して湯前町に至る一般国道。大分県・宮崎県・熊本県が管理する(国道10号重複区間は国土交通省)。

指定当初は延岡市以外のほとんどが未改良区間であったが、日豊海岸沿い(県境を除く)は道路の改良が進み、通行の難度は少々低くなった。これに対し、美郷町南郷区鬼神野 - 熊本県水上村湯山の大河内越(椎葉村内)・湯山峠(椎葉村・水上村)は未改良で離合困難箇所もあり、路面状態も悪いことから「酷道」と呼ばれていることも多い。

山間部は冬季は積雪路面凍結等による交通規制が多く、夏季は台風大雨による土砂災害地すべり、落石、路肩決壊による全面通行止めや重量規制になることがある。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1975年昭和50年)4月1日 - 一般国道388号(大分県佐伯市 - 宮崎県延岡市)として指定。大半が元大分県道6号・宮崎県道6号延岡佐伯線だった区間である。
  • 1993年平成5年)4月1日 - 一般国道388号(大分県佐伯市 - 熊本県球磨郡湯前町)。元宮崎県道22号延岡西都線だった区間と、国道446号重複の区間を新規指定。

路線状況[編集]

2011年1月時点の大分県・宮崎県境。東九州道の開通に伴って、当該区間を回避することが可能となった。
大分県佐伯市 - 宮崎県延岡市
美郷町役場南郷支所(旧南郷村役場)には西郷・南郷間の早期整備を訴えた垂れ幕が掛けられている。
(宮崎県東臼杵郡美郷町 南郷区)
国道10号との重複区間。交通量が多いため、4車線で整備されている。
(宮崎県東臼杵郡門川町

バイパス・拡幅[編集]

延岡市以北の日豊海岸沿いはバイパス道路の建設が進んでおり、一部を除いて全線開通している。また美郷町北郷区・西郷区などでは道路拡幅が進行中であるが、美郷町南郷区以降は未改良状態となっている。

また佐伯市 - 延岡市の県境区間については、並行して東九州自動車道が開通しており、新直轄方式での整備のため無料で通行が可能である。そのため、狭隘路が残る県境区間の実質的なバイパスとして機能している[4]

  • 浦城バイパス
  • 追内バイパス
  • 無鹿バイパス
  • 東谷バイパス
  • 和田越バイパス(美郷町西郷区 - 美郷町北郷区、延長4.9 km)
  • 蒲江バイパス
  • 古江バイパス
  • 三川内拡幅
  • 舟方道路拡幅
  • 鬼神野拡幅
  • 畑の浦バイパス
  • 小蒲江バイパス
  • 小蒲江森崎浦バイパス(佐伯市蒲江大字蒲江浦 - 佐伯市大字森崎浦、延長 2.8km)

通称[編集]

  • 日豊リアスライン[5]

重複区間[編集]

特殊車両通行規制区間[編集]

  • 大分県佐伯市蒲江丸市尾浦 - 宮崎県延岡市北浦町三川内
  • 宮崎県美郷町南郷区鬼神野 - 熊本県水上村湯山

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 浦城トンネル
  • 川島トンネル
  • 田代隧道
  • 小原隧道(高さ制限3.6 m)
  • 新浦城トンネル
  • 熊野江トンネル
  • 新須美江トンネル
  • 古江トンネル
  • ハイトンネル
  • 鶴山トンネル
  • 越田尾トンネル
  • 蒲江トンネル
  • 高山トンネル
  • 小向隧道(高さ制限3.5m)
  • 畑の浦トンネル
  • 東谷トンネル
  • 和田越トンネル
  • 山口トンネル
  • 小蒲江トンネル(仮称、建設中)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

本路線は宮崎県と熊本県の境界未確定地帯を通っている。

主な峠[編集]

  • 小原峠
  • 大河内越
  • 湯山峠

交差する道路[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2006年1月1日に[[南郷村 (宮崎県)|]]・[[西郷村 (宮崎県)|]]・[[北郷村 (宮崎県)|]]が合併し[[美郷町 (宮崎県)|]]発足。
  3. ^ 2012年4月1日現在
  4. ^ 重複区間を除く

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年10月3日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 19. 2014年10月3日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年10月3日閲覧。
  4. ^ 東九州自動車道(蒲江~北浦)の工事が本格化 - 社団法人 九州地方計画協会
  5. ^ 観光概要 (PDF)”. 宮崎県. p. 13. 2013年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]