路面凍結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

路面凍結(ろめんとうけつ)とは、気温氷点以下になり道路上の水分(積や降した後の水溜りなど)が凍りつくことである。

凍りついた路面のことを日本ではアイスバーン (ドイツ語 Eisbahn) と言う。ただし、ドイツ語における「Eisbahn」本来の意味は「スケートリンク」である。

対策[編集]

交通量の多いカーブ橋梁上、交差点などでは交通事故の原因となることから、道路側の対策として、凍結防止のため塩化カルシウム(「塩カル」とも呼ばれる)などの融雪剤を撒く[1]ロードヒーティングにより氷雪を溶かす、を撒くなどの滑走防止対策が取られている。路面凍結が予測されるほどに早朝の気温低下が見込まれる場合は、夜半から(凍結対象である「水」ではあるが)消雪パイプを早期作動させ、路面を濡れたままに維持することも行われる。また、自動車側の対策として、スタッドレスタイヤを履く、アイスバーン対応のタイヤチェーンを装着するなどがあげられる。

気温との関係[編集]

完全に凍結した路面では、固体である氷自体の摩擦係数はさほど低くなく、車両は特に滑走しない。日照や風、車両の通行量などにも左右されるが、おおむね0℃から氷点下数℃の温度帯で、表面に融解した水膜ができることによって、飛躍的に滑りやすくなる(ハイドロプレーニング現象の項も参照のこと)。日本の積雪地帯は降雪量は多いが気温はそれほど低くなく、世界的にも滑りやすい路面が出現しやすい地域となっている。氷点下10℃未満の寒冷地や、降雪による水分供給があまりない北国では、日本ほど滑ることはあまりない。

路面凍結の種類[編集]

圧雪アイスバーン[編集]

降り積もった雪を、通行する車両がその重量で繰り返し圧縮し、密度の高い雪の層が形成された路面を圧雪アイスバーン、もしくは圧雪といい、単に自然凍結しただけの路面とは区別される。硬化したその表面は雪柱せん断力が得られず、摩擦係数も低い。

厳冬期を過ぎると、昼間は圧雪の表面が融解して水が溜り、その水が夜間に凍結するようになる[2]。これが繰り返し続くと表層は完全に氷(アイスバーン)となる。

ミラーバーン[編集]

粉塵による健康被害を防止する目的で、金属ピンを持つスパイクタイヤの使用が禁止され、冬タイヤがスタッドレスへと移行すると、タイヤに磨かれた鏡面圧雪が見られるようになった[2]。これを特に、ミラーバーンと呼ぶ。低温下では交通量に比例して形成されるが、発進、停止のたびに微小な滑走が発生し、信号待ちの間に車両下面の熱で雪面がわずかに融解するため、交差点の前後での発生が著しい。ミラーバーン化すると、融雪剤の効果やスタッドレスタイヤのグリップ力は著しく低下する。対策としてロードヒーティングが施工されてきたが、初期費用や電気代を含む維持費が割高であるため、車両の自重で圧雪を粉砕することが出来る表面に多数のゴム板を貼り付ける弾性舗装へ移行した。

ブラックアイスバーン[編集]

路面に薄いの膜ができて、単なる湿潤路面のように黒く見えるのに凍っていることを特にブラックアイスバーン、またはブラックバーンなどという[2]。一見すると凍結していることに気付かないことも多く、夜間は特に危険である。

方言[編集]

「アイスバーン」は外来語だが、同様の現象を表す方言北日本を中心に分布している。これは趣味競技としてアルペンスキーのアイスバーンを滑降する、または初心者が避けることによるスキーヤーの一般用語でもある。

圧雪アイスバーンは自動車の通行が原因になるうえ、日本気候や雪質の関係上、現象自体の一般化は戦後になってからである。そのため、路面凍結やアイスバーンといった語はすぐに伝播し、方言として発生した呼称が定着した例は少ない。金沢弁の「きんかんなまなま」はその少ない例で、現在も能登半島を中心に使用されている。また、「路面が凍結する」という意味の動詞もある。

脚注[編集]