雪吊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雪吊

雪吊(ゆきづり・ゆきつり)は、冬季、が付着することで、樹木が折れないようにで枝を保持すること。雪つりとも表記される。

概要[編集]

樹木の幹付近に柱を立て、柱の先端から各枝へと放射状に縄を張ることをりんご吊りといい、雪吊の代表的手法である。これは、明治以降、西洋リンゴの栽培が日本で始まり、リンゴの実の重さから枝を守るために行った初期の技法に由来する。また、美観目的で、りんご吊りを模して樹木の周囲に縄を張ったものも、積雪対策ではないが雪吊という。

そのほか、高い樹木の幹から縄を張ったり、低い樹木の周りに3本から4本の支柱を組んで縄を張るものもある。また、枝をまとめて縄で縛ったものをしぼりといい、これも雪吊の一種である。

雪の多い日本東北地方北陸地方などで雪吊は用いられるが、代表的なものとして石川県金沢市兼六園がある。兼六園では、例年降雪期前の11月に雪吊が施され、降雪期が終わる3月に外される[1]。また、降雪が少ない関東地方でも、東京都新宿区甘泉園公園では冬の風物詩として雪吊が施される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “金沢 兼六園で「雪吊り」外し”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年3月15日). オリジナル2013年3月15日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0315-2255-14/www3.nhk.or.jp/news/html/20130315/t10013220171000.html 2013年3月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]