門川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かどがわちょう
門川町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 宮崎県
東臼杵郡
団体コード 45421-4
面積 120.48 km²
総人口 18,505
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 154人/km²
隣接自治体 延岡市日向市東臼杵郡美郷町
町の木 ヤマモモ
町の花 サルビア
町の花木 モクセイ
門川町役場
所在地 889-0696
宮崎県宮崎県東臼杵郡門川町本町1丁目1番地
北緯32度28分11.2秒東経131度38分55秒
門川町役場
外部リンク 門川町

門川町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

門川町(かどがわちょう)は、宮崎県の北部に位置し日向灘太平洋)に面したで、東臼杵郡に属する。延岡市日向市の間に位置しており、両市が新産業都市に指定されてからはベッドタウンとして発展している。

日向灘に面し、漁業・水産加工業がさかんであり、釣りのメッカでもある。

地理[編集]

宮崎県の北部に位置する。県北部の中心都市である延岡市に隣接し、延岡市中心部の南約15km、県庁所在地の宮崎市の北東約70kmの場所にある。町域の東側は日向灘に面している。東側の海岸は日豊海岸国定公園に指定されている。

2005年の年平均気温は16.7度、総雨量は1622mm。

地籍調査の進捗率は100%。(平成21年度末時点)[1]

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

江戸時代延岡藩に属していた。廃藩置県後は延岡県→美々津県→宮崎県→鹿児島県と所属県が幾度と変更されたが、1883年5月の宮崎県再設置により宮崎県所属に落ち着く。1884年に臼杵郡が分割され、現在の門川町域は東臼杵郡に属した。1889年の町村制施行に伴い門川村として発足。1935年2月11日に町制施行し現在に至る。

町政[編集]

  • 現町長:安田修(2010年4月22日-、1期目)

歴代町長[編集]

  氏名 就任年月日 備考
初代村長 新操平 1889年6月13日
2代 佐伯演貞 1890年4月15日
3代 染矢与一 1898年3月28日
4代 直井孝友 1904年3月12日
5代 岩井五一郎 1904年8月16日
6代 多田源次郎 1921年7月27日
7代 小野龍吉 1929年3月11日
初代町長 小野龍吉 1935年2月11日
2代 米良重美 1944年9月21日
3代 岩井哲夫 1945年10月1日
4代 佐藤初知 1947年4月5日
5代 園田勘一 1951年4月23日
6代 白木次蔵 1952年6月20日
7代 姫野倉治 1954年6月7日
8代 金丸次蔵 1962年4月26日
9代 金丸親治 1982年4月22日
10代 米良成志 2002年4月22日
11代 曽川泉 2006年4月22日
12代 安田修 2010年4月22日

国政・県政[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区選挙では宮崎2区(延岡・日向・西都・児湯郡・西臼杵郡・東臼杵郡)に属する。近年選出の議員は以下のとおり。

なお道休誠一郎民主党)が比例で復活当選している。

宮崎県議会[編集]

本町と美郷町、諸塚村椎葉村、で選挙区をなす。定数は2人。近年選出の議員は以下のとおり。

  • 2007年4月
    • 黒木正一 (無所属)
    • 米良政美 (自民)

公共機関[編集]

警察[編集]

消防[編集]

特殊法人 [編集]

福祉[編集]

医療機関[編集]

・木村歯科

環境・衛生に関する施設[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography45421.svg
門川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 門川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 門川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
門川町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 15,540人
1975年 16,708人
1980年 18,533人
1985年 18,941人
1990年 18,894人
1995年 19,155人
2000年 19,287人
2005年 19,207人
2010年 18,857人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

門川中学校

高等学校[編集]

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立

幼稚園[編集]

私立

学校教育以外の施設[編集]

保育所[編集]
町立
私立

交通[編集]

国道10号

南北に東九州の大動脈となる日豊本線国道10号が通り、特に国道10号は町内のほぼ全域で4車線道路となっている。最寄り空港は宮崎空港

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

※門川ICは延岡方面出入口のみのハーフインターである。また、日向・宮崎方面へ通行可能な門川南スマートIC(仮称)の追加設置が予定されている[2]2016年度供用予定[3]

有料道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]

町内には存在しない(1993年まで宮崎県道38号門川北郷線が存在した。→今の国道388号の一部)

一般県道[編集]

経済[編集]

町内にある工業団地[編集]

町内に本社のある主な企業[編集]

町内に工場・事業所を置く主な企業[編集]

文化[編集]

文化施設[編集]

図書館[編集]

博物館[編集]

ホール[編集]

スポーツ施設[編集]

その他の施設[編集]

祭事・催事[編集]

芸能[編集]

名所・旧跡[編集]

文化財[編集]

日本国指定文化財[編集]

天然記念物[編集]

宮崎県指定文化財[編集]

天然記念物[編集]

史跡[編集]

名勝[編集]

門川町指定文化財[編集]

天然記念物[編集]

史跡[編集]

有形文化財[編集]

無形民俗文化財[編集]

門川町出身の有名人[編集]

門川町にゆかりのある人物[編集]

  • 江藤隆美(元衆議院議員、門川町名誉町民)
  • 後藤勇吉(航空黎明期の民間パイロット、門川湾で飛行訓練を行う)
  • 博多大吉(お笑い芸人、妻が門川町出身)

名産品・工芸品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地籍調査状況マップ・門川町 - 地籍調査Webサイト 国土交通省 土地・水資源局
  2. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について 〜由布岳PA、門川南、国富、山之口SA、桜島SAにスマートインターチェンジの追加設置が決定〜 - 2013年6月11日閲覧
  3. ^ 門川南スマートインターチェンジ(仮称)の概要 - 宮崎県ホームページ

参考文献[編集]

  • 『宮崎日日新聞』 2008年7月18日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]