国道502号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道502号
一般国道

Japanese National Route Sign 0502.svg

国道502号
路線延長 52.2 km
制定年 1993年
起点 大分県臼杵市
終点 大分県竹田市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0217.svg国道217号

Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
Japanese National Route Sign 0326.svg国道326号
Japanese National Route Sign 0057.svg国道57号

Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道502号(こくどう502ごう)は、大分県臼杵市から豊後大野市を経由し、同県竹田市に至る一般国道である。

概要[編集]

  • 距離:52.2km
  • 起点:大分県臼杵市(=国道217号・土橋交点)
  • 終点:大分県竹田市(=国道57号・天神交点)
  • 指定区間:なし

改正鉄道敷設法別表に記載された「大分県臼杵ヨリ三重ニ至ル鉄道」を実現するため、軽便鉄道敷設用地の買収が進んでいたが、途中でバス路線への転換が決まり、そのまま道路へと転用された区間が大部分を占める。 1990年頃までは道幅が狭く、豊後大野市清川町内の区間や竹田市大字竹田など普通乗用車同士の往来も難しい区間が随所に存在していたが、現在は竹田市内の終点付近のバイパス建設等の道路拡幅が進み、全線二車線になった。

土砂崩れ[編集]

  • 2009年、8月10日の午後6時半頃、大分県竹田市片ヶ瀬で土砂崩れが発生し、

通行中の車8台が巻き込まれ、5台が土砂に埋もれ、3台が国道から10メートル下の大野川に押し流され、乗っていた13人が救出された。 このため、豊後大野市緒方町から竹田市の間が通行止めとなっていたが、仮復旧が完了した為、解除された。

重複区間[編集]

  • 大分県臼杵市野津町大字宮原(日当三又路交点)~臼杵市野津町大字野津市(野津市<明治橋>交点):国道10号
  • 大分県豊後大野市三重町(市場一区交点)~豊後大野市三重町(三重原交点):国道326号

通過市町村[編集]

  • 大分県
    • 臼杵市 - 豊後大野市 - 竹田市

接続路線[編集]

  • 国道217号・東九州自動車道 16 臼杵IC(臼杵市) 
  • 国道10号(臼杵市)
  • 大分県道35号三重弥生線(豊後大野市三重町)
  • 国道326号(豊後大野市三重町) 
  • 大分県道45号宇目清川線(豊後大野市清川町)
  • 大分県道7号緒方高千穂線(豊後大野市緒方町)
  • 大分県道8号竹田五ヶ瀬線(竹田市)
  • 国道57号(竹田市)


道の駅[編集]

バイパス[編集]

  • 竹田バイパス
  • 岩戸バイパス

トンネル[編集]

  • 新小田無トンネル
    • 小田無トンネル(旧道)
  • 岡の里トンネル
  • 七万石トンネル

これらトンネルはすべて竹田市に存在

沿線[編集]

関連項目[編集]