瀧廉太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瀧 廉太郎
}
基本情報
出生 1879年8月24日
日本の旗 日本 東京都港区西新橋
出身地 日本の旗 日本 東京都台東区
死没 1903年6月29日(満23歳没)
日本の旗 日本 大分県大分市府内町
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 音楽家
作曲家
活動期間 1896年 - 1903年

瀧 廉太郎(たき れんたろう、1879年明治12年)8月24日 - 1903年(明治36年)6月29日)は、日本音楽家作曲家明治西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。

生涯[編集]

1879年(明治12年)8月24日、瀧吉弘の長男として東京市芝区南佐久間町2丁目18番地(現:東京都港区西新橋2丁目)に生まれる。瀧家は江戸時代日出藩家老職をつとめた上級武士の家柄である[1]

父・吉弘は大蔵省から内務省に転じ、大久保利通伊藤博文らのもとで内務官僚として勤めた後、地方官として神奈川県富山県富山市大分県竹田市等を移り住んだため、瀧も生後間もなくから各地を回ることとなった。そのため、後述の通り5回転校を繰り返すことになる。

1886年(明治19年)5月、神奈川県師範学校附属小学校に入学。同年9月、富山県尋常師範学校附属小学校(現在の富山大学人間発達科学部附属小学校)に転校。1888年(明治21年)5月、東京都麹町区小学校(現在の千代田区立麹町小学校)に転校。1890年(明治23年)5月、大分県尋常師範学校付属小学校(現在の大分大学教育福祉科学部附属小学校)に転校。1894年(明治27年)4月、直入郡高等小学校(現在の竹田市立岡本小学校)卒業。同年に15歳で東京音楽学校(現:東京藝術大学)に入学する。1898年に本科を卒業し、研究科に進む。こうして瀧は作曲とピアノ演奏でめきめきと才能を伸ばしていった。1900年10月7日には東京市麹町区(現:千代田区)にあった聖公会グレース・エピスコパル・チャーチ(博愛教会)で洗礼を受けてクリスチャンになり、10月28日ジョン・マキムから堅信礼を受けた[2]

明治時代の前半に多くの翻訳唱歌ができたが、日本語訳詞を“無理にはめこんだ”ぎこちない歌が多く、日本人作曲家によるオリジナルの歌を望む声が高まっていた。瀧は最も早く、その要望に応えた作曲家と言えるだろう。彼の代表作である「荒城の月」は、「箱根八里」と並んで文部省編纂の「中学唱歌」に掲載された。また、人気の高い曲のひとつである「」は1900年(明治33年)8月に作曲された、4曲からなる組曲『四季』の第1曲である。「お正月」、「鳩ぽっぽ」(「」とは別物である)、「雪やこんこん」(文部省唱歌「雪」とは別物である)などは、日本生まれの最も古い童謡作品として知られるが、これらは1900年に編纂された幼稚園唱歌に収められた。また「荒城の月」は、ベルギー讃美歌になったことも判明した。

1901年(明治34年)4月、日本人の音楽家では2人目となるヨーロッパ留学生として、東部ドイツライプツィヒにあるライプツィヒ音楽院(設立者:メンデルスゾーン)に留学する。文部省外国留学生として入学、ピアノや対位法などを学ぶが、わずか2か月後に肺結核を発病し、1年で帰国を余儀なくされる。その後は父の故郷である大分県で療養していたが、1903年(明治36年)6月29日午後5時に大分市稲荷町339番地(現:府内町)の自宅で死去した。23歳没。結核に冒されていたことから死後多数の作品が焼却されたという。

瀧家の墓所は日出町の龍泉寺である[3]が、瀧は父と親交のあった大分市金池町の万寿寺に葬られた。戒名は直心正廉居士。

作品[編集]

歌曲に有名な作品が多い瀧だが、1900年には日本人作曲家による初めてのピアノ独奏曲メヌエットを作曲している。肺結核が悪化して、死期が近いことを悟った時、死の4か月前に作曲したピアノ曲「(うらみ)」が最後の作品として残された。

メヌエット・「憾」を除いて、全て声楽作品である。

1896年(明治29年)

  • 日本男児 (詞・東郊。独唱)

1897年(明治30年)

  • 春の海 (詞・東くめ。独唱)
  • 散歩 (詞・中村秋香。独唱)
  • 命を捨てて (詞・不詳。独唱)

1899年(明治32年)

  • 我神州 (詞・砂沢丙喜治。独唱)
  • 四季の瀧 (詞・東くめ。ソプラノ・アルト・ピアノ伴奏)

1900年(明治33年)

  • メヌエット(ピアノ曲)
  • 組歌『四季』
    • 1 (詞・武島羽衣。ソプラノ・アルト・ピアノ伴奏)
    • 2 納涼 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 3 月 (詞・瀧廉太郎。ソプラノ・アルト・テノール・バス)
    • 4 雪 (詞・中村秋香。ソプラノ・アルト・テノール・バス・ピアノとオルガン伴奏)
  • 中学唱歌

1901年(明治34年)

  • 幼稚園唱歌(作曲は1900年から)
    • ほうほけきょ (詞・瀧廉太郎。独唱・ピアノ伴奏)
    • ひばりはうたひ (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 鯉幟 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 海のうへ (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 桃太郎 (詞・瀧廉太郎。独唱・ピアノ伴奏)
    • お池の蛙 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 夕立 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • かちかち山 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • みずあそび (詞・瀧廉太郎。独唱・ピアノ伴奏)
    • 鳩ぽっぽ (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 菊 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 軍ごっこ (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • 雀 (詞・佐佐木信綱。独唱・ピアノ伴奏)
    • 雪やこんこ (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • お正月 (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)
    • さようなら (詞・東くめ。独唱・ピアノ伴奏)

1902年(明治35年)

  • 別れの歌 (詞・不詳。ソプラノ・アルト・テノール・バス)
  • 水のゆくへ (詞・不詳。2ソプラノ・アルト・ピアノ伴奏)
  • 荒磯の波 (詞・徳川光圀。独唱・ピアノ伴奏)

1903年(明治36年)

  • (ピアノ曲)

その他に他の作曲家の作品の編曲も存在する。

作品の一部は鉄道に関する音楽にも採用されている。「荒城の月」は九州旅客鉄道豊後竹田駅の列車到着時に利用客に向けて流され、「箱根八里」は、箱根登山鉄道等の発車メロディに使用されている。また、「花」は、東北新幹線上越新幹線上野駅到着・発車時の車内チャイム(通称「ふるさとチャイム」)として使われていたが、東京駅乗り入れ後は使用されていない。

登場作品[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『姓氏』(丹羽基二著作/樋口清之監修)にある『鎮西高橋系図』で、瀧氏は東漢姓大蔵氏流多紀氏庶家としており、「前漢高祖の末裔と自称する大蔵氏一族のうちのひとりが「多紀太郎」と号した」とある。
  2. ^ 『荒城の月』が聖歌になった
  3. ^ 日出町観光サイト ひじナビ 滝家墓地
  4. ^ 日出の人 楽聖・瀧廉太郎 - 瀧廉太郎と日出町

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 滝廉太郎作品集(ビクターCD VICC-5026)
  • 渡辺かぞい『天才音楽家・瀧廉太郎、二十一世紀に蘇る』近代文芸社新書、近代文芸社。ISBN 4773373962
  • 小長久子(編)『瀧廉太郎全曲集 作品と解説』音楽之友社。ISBN 9784276525009
  • 海老澤敏『瀧廉太郎 -夭折の響き-』岩波新書921、岩波書店。ISBN 9784004309212

外部リンク[編集]