野津町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野津町
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 新設合併
臼杵市・野津町臼杵市
現在の自治体 臼杵市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
大野郡
団体コード 44421-9
面積 139.19km²
総人口 9,163
(2004年10月1日)
隣接自治体 大分市臼杵市犬飼町
三重町弥生町本匠村
町の木 カシ
町の花 サルビア
野津町役場
所在地 875-0292
大分県大野郡野津町大字野津市326-1
外部リンク 野津町公式サイト
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

野津町(のつまち)は、かつて大分県の南部にあったである。臼杵市2005年1月1日に新設合併して新たな臼杵市となり、自治体としての野津町は消滅した。

概要[編集]

とんち話で有名な吉四六(きっちょむ)さんの里として知られていた。

大野郡に属していたが、江戸時代には臼杵藩領だったことから、大野郡の他の町村よりも、臼杵市との関係が深かった。大分県が2000年12月15日に発表した「大分県市町村合併推進要綱」では、野津町は他の大野郡7町村と、臼杵市は津久見市と合併するパターンが示されていた[1]が、野津町と臼杵市はこの構想には従わずに合併した。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 野津市村が町制施行し野津市町となる。
  • 1949年(昭和24年)7月1日 - 町名を野津町に変更。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 野津町と田野村が合併。
  • 1955年(昭和30年)3月28日 - 野津町と南野津村、川登村が合併。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 戸上村を編入し、町域がほぼ確定する。
  • 2005年(平成17年)1月1日 - 臼杵市と新設合併し、新しい臼杵市となる。

地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

交通[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

野津町出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。