安芸灘大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道74号標識
安芸灘大橋
安芸灘大橋01.jpg
安芸灘大橋 2005年4月22日
Akinada Ohashi.jpg
安芸灘大橋 2013年3月8日
所在地 日本
広島県呉市
瀬戸内海
長さ 1,175m
最大支間長 750m
形式 吊り橋
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

安芸灘大橋(あきなだおおはし)は、本州下蒲刈島を結ぶ道路である。安芸灘諸島を8つの橋で結ぶ安芸灘諸島連絡架橋のうち、最も本州側に位置する橋長1,175mの1号橋。

広島県道路公社が管理する有料道路安芸灘大橋有料道路)であり、広島県道74号下蒲刈川尻線の一部を構成する。

1999年土木学会田中賞作品部門受賞。

安芸灘諸島連絡架橋の中で、唯一の有料橋であるが、同時にこの橋は、下蒲刈島上蒲刈島豊島大崎下島岡村島の五島の住民にとっての生活道路としての機能も担っているため、2010年6月、呉市議会および呉市役所では、広島県や県道路公社に対して、現在普通車が700円となっている通行料金値下げを求めているとしている[1]

構造[編集]

  • 橋長 = 1,175m [2]
  • 中央径間長(最大橋間長) = 750m
  • 構造:3径間2ヒンジ箱桁吊り橋
対面2車線通行で設計された吊り橋では、現存するものでは世界最長である。(これ以上長い吊り橋は、いずれも4車線以上を持つ構造となっている)
  • 本州側の主塔は、女猫ノ瀬戸に浮かぶ女猫島の真上に位置している。

歴史[編集]

位置関係[編集]

  • 隣の橋
本州) - 安芸灘大橋 - 蒲刈大橋(2号橋)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安芸灘大橋について(平成22年度6月市議会の動き)(呉市役所HP(2012年12月08日閲覧))
  2. ^ 安芸灘諸島連絡架橋について”. 広島県道路公社. 2012年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]