岩国市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いわくにし
岩国市
Kintai bridge.jpg
岩国城と錦帯橋
Flag of Iwakuni, Yamaguchi.svg
岩国市旗
Iwakuni Yamaguchi chapter.JPG
岩国市章
1940年昭和15年)9月18日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
団体コード 35208-0
面積 873.85km²
総人口 138,216
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 158人/km²
隣接自治体 光市柳井市周南市
玖珂郡和木町熊毛郡田布施町
広島県大竹市廿日市市
島根県益田市鹿足郡吉賀町
岩国市役所
所在地 740-8585
山口県岩国市今津町一丁目14番51号
北緯34度9分59.7秒東経132度13分7.8秒
Iwakuni City Hall.jpg
外部リンク 岩国市

岩国市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

岩国市(いわくにし)は、中国地方の西部、山口県の最東部に位置する

概要[編集]

山口県の最東部に位置し、小瀬川を挟んで広島県と接している。広島県広島市と山口県周南市の中間地点に位置する。名勝錦帯橋や国の天然記念物・白蛇(岩国のシロヘビ)生息地で知られる。また、広島市(広島県西部)や周南市などと同様に、瀬戸内工業地域の一角を担っている。中国山地に端を発し、広島湾に注ぐ錦川の作った三角州上の岩国飛行場には、在日米軍海兵隊)と自衛隊海上自衛隊)の基地が存在する。

山陽本線山陽自動車道国道2号といった幹線交通網が市の東西を貫き、岩国錦帯橋空港岩国港山陽新幹線新岩国駅、さらに第三セクター鉄道である錦川鉄道などがある。観光都市としての一面も持ち、錦帯橋岩国城を中心とした市内各観光地には年間約300万人の観光客が訪れる。

現在の岩国市は2代目にあたり、2006年平成18年)3月20日に旧・岩国市、玖珂郡由宇町玖珂町本郷村周東町錦町美川町美和町の8市町村が新設合併し誕生したものである。なお、合併後も、旧岩国市の区域を除き、旧町村名は残されているが、読み方が「〜町(ちょう)」「本郷村(ほんごうそん)」から「〜町(まち)」「本郷町(ほんごうまち)」に変更された。

旧岩国市は、江戸時代には、吉川氏の治める岩国領城下町であった。長州藩から永らく支藩として認められなかったため、岩国領が岩国藩となったのは大政奉還後の慶応4年であった。市の北部は、農業林業、古くは鉱山(河山・玖珂)の町として栄えていた。現在は、その古称を用いて「山代地域」と総称している。

地理[編集]

市名の由来[編集]

城山の岩から岩国になったという説がある。また、本来の岩国錦帯橋周辺を指している。

位置[編集]

岩国城から見た岩国市

山口県の内陸部東端に位置する。市の中央を横断するかのように、岩国断層帯が通っている。

市勢[編集]

  • 面積: 873.85km²
  • 人口: 149,125人
    • 男性: 69,194人
    • 女性: 76,830人
  • 世帯数: 66,944世帯
  • 人口密度: 170.65人/km²

(2012年2月1日現在、岩国市ホームページより)

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

Demography35208.svg
岩国市と全国の年齢別人口分布(2005年) 岩国市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岩国市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岩国市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 157,338人
1975年 161,103人
1980年 163,692人
1985年 161,682人
1990年 158,293人
1995年 156,347人
2000年 153,985人
2005年 149,702人
2010年 143,888人
総務省統計局 国勢調査より

広島との関係[編集]

山口県の県庁所在地である山口市までは約100kmの距離がある一方で、政令指定都市であり広島県の県庁所在地で、中国地方への国の出先機関のほとんどが集中する地方中枢都市である広島市までは約35kmである。経済の点では岩国市のうち旧市内・由宇町では広島市との繋がりが強く、両都市間に位置する自治体との交流関係も深い。広島市と岩国市の間は国道2号山陽自動車道広島岩国道路)・山陽本線といった複数の交通機関で結ばれ、岩国市は広島市のベッドタウンとしても機能している。ただし、近年は山陽本線の快速列車がほぼ消滅するなど、この流動は減退傾向にある。電話の単位料金区域 (MA) は岩国MAであるが、この岩国MAには広島県大竹市が県境を越えて含まれており、現在では市外局番が0827に統一されているため(閉番号化)、岩国市・和木町・大竹市間は市内局番からのダイヤルで繋がる(同様の例としては大阪MAにともに含まれる大阪府大阪市兵庫県尼崎市などがある)。

また、旧市内・由宇町の大部分では、山口県内の放送以上に広島県方向にアンテナを向けて広島県のテレビジョン放送を見る世帯が多い。これは元々VHFのみであった昭和30年代のチャンネルプランでは、放送エリアは県域とはされず都市圏単位とされており、広島都市圏局の放送エリアは広島を中心とした60km圏内とされていたため、この中に含まれる岩国市をはじめとする山口県東部はかつて中国放送(RCC)・広島テレビ(HTV)の正式な放送エリアであり[注釈 1]、このときからの視聴習慣が今でも続いているためとされる。このため、山口県各局の地上デジタルテレビジョン放送岩国中継局の置局の際には、絵下山の広島デジタルテレビジョン放送局と方向が近い、広島県江田島市の野登呂山に設けられた。また、沿岸部では愛媛県のテレビジョン放送も広島局同様に良好に受信できる。アンテナさえ複数設置すれば、民放局は11局(広島4局・愛媛4局・山口3局)受信できるが、実際には経済・文化圏が違うため、愛媛局まで視聴しているケースは多くはないが、前述のHOME・TSSが難視聴となる地区では重宝されているケースもある。また広島局・愛媛局ともテレビ東京系列はなく、4局ずつにとどまるため、福岡5局が受信できる下関市をはじめとした県西部ほど受信できる系列は多くないが、総数では西部を上回る「電波銀座」といえる。広島県のテレビ局も過去からの経緯・現状を理解しておりニュース、情報など広島県内と同等に岩国市を扱っている。また岩国市内の企業が出すCMも広島県のテレビ局が放送することが多い。

テレビジョン放送のデジタル化にあたり、民放連を中心として、地方テレビ局の正式な放送エリアが県域であることに厳格に対応すべきとする意見がまとまり、その結果ケーブルテレビ局での区域外再放送は混乱していたが、総務大臣の裁定[1]を経て広島民放4局が再放送されている[注釈 2]

上記の経済圏、報道状況、さらには観光ツアーで、宮島(広島県廿日市市)と錦帯橋をセットで巡るツアーが多いなど観光面での交流も深いこともあって、岩国市を広島県と勘違いしている人が多く、広島県岩国市と揶揄されることも少なくない。

姉妹都市[編集]

国内
海外

行政[編集]

旧庁舎(2008年末に解体完了)
警察

市議会[編集]

定数は32人。(任期は2014年10月31日まで)

歴史[編集]

錦川周辺にある錦帯橋(左側)と岩国城山(山の右側に天守)。

岩国の名前は万葉集にも見られ、古くから山陽道の交通の要衝であった。守護大名・大内氏が中国地方を統治していた室町期まで、岩国氏・広中氏といった豪族がこの地を治めていた。関ヶ原の戦いの後、長門周防の2国に減封された毛利家前当主・毛利輝元は、東の守りとして、毛利元就の次男・吉川元春の三男で、吉川家を相続していた吉川広家(広家は武断派と言ってよかろう、関ヶ原の戦いにおいて徳川方に通じ、毛利本家を参戦させないように画策した。結果として家康より広家に対して防長2州を与えられたが毛利本家安泰のため固辞した)に岩国を与えた。以後、岩国は、吉川家が治める岩国領6万石の城下町として発展していく。後述のように、関ヶ原敗戦の原因を毛利両川(小早川の裏切りと吉川の内応)のためと考えていた毛利本家から、幕府に対して支藩としての推挙がなかったため、岩国領と称された。吉川氏が諸侯に列し、大名となったのは慶応4年のことである。したがって岩国藩と呼べるのは、それ以後からのこととなる。旧市街である、錦見(にしみ)・岩国・横山といった現西岩国駅川西駅の周辺が繁栄した。江戸年間、岩国藩と長州藩は幕末まで吉川家の家格をめぐって疎遠であった。このためか旧岩国市域の住民は山口県に帰属しているという意識は薄い。また、現在の錦川下流の沖積平野は、吉川藩時代における殖産興業政策により埋め立て開墾された部分がほとんどである。この質素倹約政策のため、徳川政権時代に始まった派手な祭りは無いと言って良い。関ヶ原の戦いにおける吉川広家の施策のためか、第一次長州戦争の際、萩藩と幕府側の仲裁に岩国藩主・吉川経幹(監物)が出向いた。また四境の役(第二次長州戦争)では小瀬川を挟んで芸州口の戦いの兵站地となった。

明治維新後、廃藩置県で岩国県になるが、間もなく山口県に統合される。1925年(大正14年)、現岩国駅周辺の麻里布地区に帝國人造絹糸(帝人)の工場が建設された。以降、天然の良港である岩国港を基盤にして山陽パルプ工業(現・日本製紙)東洋紡績などが進出。「人絹町」と呼ばれる工業地帯が発展した。和木町、大竹市に跨る三井石油化学(当時。現: 三井化学)のコンビナートは日本初の石油化学コンビナートである。

昭和に入り、近隣の広島江田島と並んで、日本陸軍燃料廠や海軍潜水艦訓練基地や海軍岩国航空隊などが設置され、軍事都市としての色が濃くなり、別々の町だった岩国と麻里布が合併して市制を敷いた。同市の柱島には日本海軍の錨地が置かれ、戦前、戦中を通して泊地として使われた。また、太平洋戦争末期には旧市内の藤河地区には牧場に偽装された特攻隊発進基地が準備され、平田地区では丘陵に防空壕を備えた一般道路に似せた飛行機用滑走路を準備したが、本格的運用を見ないで終戦となっている。また、終戦前日の1945年(昭和20年)8月14日、山陽本線・岩徳線の分岐点であった岩国駅は米軍の戦略空襲を受けている。

戦後は旧来よりの企業により工業都市として発展を遂げる。旧日本海軍の航空基地跡に在日米軍岩国基地も設置され、米軍の日本国内での軍事拠点の一つとなっている。このため、煙突等の高さに規制がかかり、新規企業の誘致が困難になった。岩国空港は米軍に接収される前は民間航空機も就航する国際空港であった。海上自衛隊・米軍との共用への動きとともに市民の篤い要望でもあった民間空港再開は、2012年12月岩国錦帯橋空港が開港したことで実現した。

年表[編集]

経済[編集]

市内に拠点を置く主な企業[編集]

市内に生産拠点を置く主な工場[編集]

商業[編集]

  • 岩国駅前商店街

漁業[編集]

  • 通津漁港
  • 黒島漁港
  • 端島漁港
  • 由宇漁港
  • 神代漁港

金融機関[編集]

銀行(地方銀行、都市銀行)
信用金庫、信用組合、JA
証券会社

メディア[編集]

新聞
放送

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス路線[編集]

一般路線バスとしては、合併前の市内一円を岩国市交通局およびいわくにバス(岩国市営バスの民営化を目指し、市交通局が100%出資した新会社、2010年4月1日開業)が、旧郡部のエリアを岩国市生活交通バスおよび岩国市営由宇バスが網羅する。国道2号沿いには防長交通の路線も運行されている。

また、他地域とを結ぶ高速バスとして、以下の路線が運行されている。

  • 萩エクスプレス(岩国 - 東京)
  • カルスト号(岩国 - 神戸・大阪・京都)
  • 広島線(山口・防府・周南 - 玖珂 - 広島、田布施・平生・柳井 - 玖珂 - 広島、周防大島 - 由宇・岩国 - 広島)

タクシー[編集]

  • 構内タクシー
  • 双葉タクシー
  • 朝日タクシー
  • 第一タクシー
  • 通津タクシー
  • にしきタクシー
  • 由宇タクシー
  • 富士タクシー

港湾[編集]

索道[編集]

道路[編集]

高速道路
一般国道
主要地方道
一般県道

教育[編集]

短期大学[編集]

私立

高等学校[編集]

県立
私立


中学校[編集]

市立
県立
私立


小学校[編集]

市立
  • 岩国小学校
  • 麻里布小学校
  • 東小学校
  • 川下小学校
  • 愛宕小学校
  • 平田小学校
  • 灘小学校
  • 中洋小学校
  • 通津小学校
  • 藤河小学校
  • 御庄小学校
  • 柱野小学校
  • 端島小学校
  • 天尾小学校
  • 杭名小学校
  • 河内小学校
  • 小瀬小学校
  • 装港小学校
  • 高森小学校
  • 川上小学校
  • 修成小学校
  • 米川小学校
  • 周北小学校
  • 中田小学校
  • 祖生東小学校
  • 祖生西小学校
  • 玖珂小学校
  • 玖珂中央小学校
  • 由宇小学校
  • 由西小学校
  • 神東小学校
  • 美和西小学校
  • 美和東小学校
  • 美川小学校
  • 本郷小学校
  • 波野小学校
  • 錦清流小学校
  • 宇佐川小学校


特別支援学校[編集]

専修学校・各種学校[編集]

観光[編集]

観光地[編集]

岩国地域
錦地域
本郷地域
美川地域
美和地域
由宇地域

天然記念物[編集]

百選[編集]

名物[編集]

銘菓[編集]

  • 岩まん
  • 錦帯せんべい
  • はす餅
  • 五橋ジュレ(地酒五橋の風味入りゼリー)
  • 岩国のいがもち(三木屋)
  • 古田のういろう
  • 錦川の鮎(蔵前堂)

公園・遊び場[編集]

行事・イベント[編集]

錦帯橋まつり(2005年)
岩国まつり(2009年)

岩国市を舞台とした作品[編集]

小説
映画
アニメ
音楽
漫画
CM
ご当地ヒーロー
  • 清流光神ハクジャオー

著名な出身者[編集]

米軍岩国基地を巡る問題[編集]

現在計画中の在日米軍再編の中で、市内にある米軍岩国基地への空母艦載機移転が計画されており、これを巡っては2006年3月12日、旧岩国市に於いて住民投票が行われ、反対票が賛成票を大きく上回る結果となった。しかし、その後の国の強硬姿勢もあって岩国市内では様々な議論を呼んでいる。詳細は岩国基地への空母艦載機部隊移転の項目を参照のこと。

その他[編集]

市外局番は0827(20〜50、52〜99)となっている。

  • 0827(20〜50、52〜99)エリア
  • 郵便番号は、以下の通りとなっている。
    • 岩国郵便局: 740-00xx、740-85xx、740-86xx、740-87xx
    • 北河内郵便局: 740-03xx
    • 河山郵便局: 740-05xx
    • 広瀬郵便局: 740-07xx、740-08xx、740-09xx
    • 美和郵便局: 740-12xx、740-06xx
    • 由宇郵便局: 740-14xx
    • 玖珂郵便局: 742-03xx
    • 高森郵便局: 742-04xx
    • 岩国西郵便局: 741-00xx、741-85xx、741-86xx、741-87xx

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和40年代のUHF大量免許時に、3広域圏以外のテレビ局の正式な放送エリアは県域とされたため、現在では正式な放送エリアではなく、スピルオーバーの結果とされる。RCC・HTVのVHF局も以前はテレビ・モニターの応募資格に、岩国市など山口県東部在住者を入れていたが、平成時代に入り、広島県在住者に限定した。広島ホームテレビ(HOME)・テレビ新広島(TSS)は当初から岩国市など山口県東部在住者を応募資格者に入れていない。これは県域を放送エリアとされた後に開局したこと、VHF波・UHF波の電波の性質、及びRCC・HTVの送信所がある黄金山(広島市南区)から岩国市方向にはほとんど障害物がないものの、HOME・TSSの送信所がある絵下山(広島市安芸区)からは場所により、江田島・能美島が障害となるなどにより、RCC・HTVに比べ、HOME・TSSが受信できる範囲が狭いためでもある。
  2. ^ 大臣裁定の場で、広島民放4局は、「岩国市は山口県なのだから、山口の民放を見るべきであり、広島局を見るべきではない」という特に強硬な意見を提出している。アイ・キャンではアナログ波では行えた区域外再送信も、デジタル波では当初広島局の再送信はNHK以外同意を得られなかった。山口民放局にないフジ系列のTSSについては2008年8月8日より再送信開始となり、残りの広島民放3波 (RCC・HTV・HOME) は2009年5月13日より、デジタル波の再送信が開始された。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]