勤労者退職金共済機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

独立行政法人勤労者退職金共済機構(きんろうしゃたいしょくきんきょうさいきこう、Organization for Workers Retirement Allowance Mutual Aid)は、厚生労働省所管の独立行政法人

概要[編集]

中小企業や、特定業種の企業に対しする従業員への退職金の支払いのために、共済の形で企業側からの積み立て金(掛け金)を預かって運用を行い、従業員が企業を退社した際に退職金の支払いを行う機関。

2012年4月1日時点では、下記の4つの共済制度および財産形成促進業務が加わる。

掛け金には国からの補助や税制上の優遇措置などが受けられる。


沿革[編集]

  • 1959年 - 中小企業退職金共済事業団設立。
  • 1998年 - 建設業・清酒製造業・林業退職金共済組合と統合のうえ、勤労者退職金共済機構に変更。
  • 2003年 - 独立行政法人化。
  • 2011年10月1日 - 独立行政法人雇用・能力開発機構より財産形成促進業務が移管される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]