国立成育医療研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立成育医療研究センター病院
National Center for Child Health and Development 20130720.jpg
情報
英語名称 National Center for Child Health and Development
前身 国立大蔵病院・国立小児病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、心療内科、神経科、神経内科、精神科、小児科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、小児外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、産科、婦人科、放射線科、麻酔科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、歯科
許可病床数 460床
一般病床:460床
開設者 独立行政法人国立成育医療研究センター
管理者 五十嵐 隆(理事長・総長)
開設年月日 2002年3月1日
所在地
157-8535
東京都世田谷区大蔵2-10-1
位置 北緯35度38分00秒
東経139度36分42秒
二次医療圏 区西南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立成育医療研究センター(こくりつせいいくいりょうけんきゅうセンター、National Center for Child Health and Development)は、東京都世田谷区にある日本厚生労働省所管の独立行政法人で、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)である。2010年4月、「高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律」に基づき、厚生労働省所管の施設等機関であった旧国立成育医療センターが組織移行する形で発足した。

胎児から始まって、新生児、小児、思春期を経て次世代を育成する成人世代、すなわちリプロダクションサイクルに生じる疾患に対する医療研究を推進する目的で2002年3月1日に設立された。

病院研究所とが一体となって、難病に悩む患者家族に対し、安全性と有効性が充分に検証された高度先駆的医療の提供を行うこと、同時に、小児救急医療、周産期医療を含めた成育医療全般に関しては、チーム医療、継続的医療に配慮したモデルを確立し、これらを全国的に展開することを目的としている。

慶應義塾大学病院を中心とした「慶應義塾大学関連病院会」に所属している。

沿革[編集]

  • 2002年3月1日 - 国立大蔵病院と国立小児病院(世田谷区太子堂)を統合し、旧・国立大蔵病院の所在地に国立成育医療センターとして設立
  • 2010年4月1日 - 独立行政法人へ移行、国立成育医療研究センターに改称

系譜[編集]

戦前 戦後 現在
東京第一衛戍病院(陸軍 臨時東京第一陸軍病院 国立東京第一病院 国立病院医療センター 国立国際医療研究センター
東京第二衛戍病院(陸軍) 東京第二陸軍病院 国立世田谷病院 国立小児病院 国立成育医療研究センター
(旧国立成育医療センター)
東京第二陸軍病院大蔵臨時分院 東京第四陸軍病院 国立大蔵病院
臨時東京第三陸軍病院 国立相模原病院 国立病院機構相模原病院

組織[編集]

  • 病院
    • 総合診療部
      • 小児期診療科
      • 思春期診療科
      • 救急診療科・小児緊急搬送チーム
    • 第一専門診療部
    • 第二専門診療部
    • こころの診療部
    • 特殊診療部
    • 手術・集中治療部
    • 周産期診療部
    • 放射線診療部
    • 臨床検査部
    • 栄養管理部
    • 治験管理室
    • 医療情報室
    • 薬剤部
    • 看護部
    • 教育研修部
  • 研究所
    • 発生・分化研究部
    • 小児思春期発育研究部
    • 免疫アレルギー研究部
    • 成育遺伝研究部
    • 母児感染研究部
    • 移植・外科研究部
    • 薬剤治療研究部
    • 周産期病態研究部
    • 成育社会医学研究部
    • 生殖・細胞医療研究部(2009年4月より生殖医療研究部から改称)
    • 成育政策科学研究部
    • 共同研究管理室
    • RI管理室
  • 運営部

方針[編集]

病院の方針[編集]

病院は、以下の方針を掲げている。

  1. 最適な医療を提供するためのチーム医療。
  2. いつでも(365日、24時間)、誰にでも
  3. 成育医療に関する救急医療
  4. こころの問題に配慮した医療
  5. アメニティに配慮した医療
  6. 年齢に応じた教育環境整備

外部リンク[編集]