守内かさ神駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
守内かさ神駅
守内かさ神駅の外観(2008年5月22日)
守内かさ神駅の外観(2008年5月22日)
しゅうちかさがみ - Shuuchi-Kasagami
清流新岩国 (1.5km)
(3.2km) 南河内
所在地 山口県岩国市御庄
所属事業者 錦川鉄道
所属路線 錦川鉄道錦川清流線
キロ程 5.4km(川西駅 (山口県)起点)
電報略号 シカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1993年(平成5年)3月17日

守内かさ神駅しゅうちかさがみえき)は、山口県岩国市御庄にある錦川鉄道錦川清流線。線内で最も遅く開業した駅である。秘境駅の1つでもある。

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ。駅は崖沿いにある。待合所はなく、小さな屋根がある。

駅周辺[編集]

周囲に10軒ぐらいの民家がある。駅前に仮設トイレがあるが、水道はない。駅前の道路の反対側に、飲料の自販機がある。

歴史[編集]

その他[編集]

  • 近くに、駅名の由来になった「かさ神神社」がある。皮膚(瘡=かさ)に御利益のある神社とされる。
  • 守内(しゅうち)地区は、錦川の両岸に分かれる。駅側から対岸に渡るには沈下橋(増水時に冠水する橋)があるが、増水でよく通行止めになる。

隣の駅[編集]

錦川鉄道
錦川清流線
清流新岩国駅 - 守内かさ神駅 - 南河内駅

関連項目[編集]