有坂成章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有坂 成章
Officer in a uniform, Japan (10797739915).jpg
生誕 1852年4月5日
山口県 岩国市
死没 1915年1月12日(満62歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1870 - 1911
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

有坂 成章(ありさか なりあきら、嘉永5年2月18日1852年4月5日)-大正4年(1915年1月12日)は日本陸軍軍人。帝国陸軍初の国産小銃の開発者である村田経芳の後継者である。陸軍中将従三位勲一等功二級男爵。別名に淳蔵。

経歴[編集]

周防国岩国に生まれた、長州藩岩国領)士木部左門の二男、幼名を四郎という。文久2年(1862年)、11歳で同藩の砲術家有坂長良の養嗣子となった。岩国藩の洋式軍隊である日新隊の一員として、鳥羽・伏見の戦いに参加している。

明治維新後、陸軍に入る。明治24年(1891年)、村田銃の開発で著名な村田経芳少将の退役に伴って陸軍砲兵工廠所属となる。

明治30年(1897年)、三十年式歩兵銃の開発に成功、翌年2月にそれまで使われていた村田連発銃に代わる初の陸軍制式小銃として採用された。

明治31年(1898年)には三十一年式速射砲の開発に成功した。この砲は「有坂砲」と呼ばれ、銃砲開発者としての有坂の名を不動のものとした。日本陸軍はこの有坂砲を用いた三十一年式野砲と三十一年式山砲を制式砲としている。惜しむらくは、まだ駐退機を装備しておらず(砲車復座装置は装備)、発射の反動で砲車が後退してしまう欠点があった。このため、一度射撃を行い、その着弾地を元に微調整を行うことが出来ず、命中率の低下につながってしまった。

明治36年(1903年陸軍技術審査部長となり、日露戦争に臨むこととなる。日露戦争では、これら三十年式歩兵銃と有坂砲によって日本が勝利したといわれるほど、これら銃砲は活躍した。三十一年式速射砲はロシア軍の1900年式3インチ野砲に射程で劣り、駐退機(砲身後座式)付の1902年式3インチ速射砲には、発射速度・最大射程共に劣ったが、砲弾の性能はむしろ良好であった。他方、三十年式歩兵銃は世界に先駆けて口径6.5mmという小径を採用し、弾丸を軽量化する分初速を高くすることにより弾丸の低伸性を実現するなど、ロシア軍の小銃の性能を凌駕していた。この小銃の成果により、有坂の名は世界的に知られ、特にアメリカでは三十年式以降の日本の小銃をすべてArisaka Rifle(アリサカ・ライフル)と呼んだ。

また有坂は、日露戦争中最大の難戦となった旅順攻囲戦の打開策として、時の参謀総長山縣有朋(参謀次長・長岡外史との説もある)に、国内の軍港(主に横須賀市周辺)等に要塞砲として据え付けていた二十八糎砲を投入するよう進言し、具体的な移動方法や現地での設置方法を示した。この巨砲は旅順要塞の破壊に大いに貢献し、旅順攻撃の象徴のひとつとなった。さらに一部は奉天まで移動し、奉天会戦においても日本軍の主力砲として十分に威力を発揮した。

こうした銃砲技術面における貢献が高く評価され、明治39年(1906年)4月1日に功二級金鵄勲章を受章、明治40年(1907年)9月21日に男爵叙爵、明治43年(1910年)5月20日に勲一等瑞宝章を受賞するなど、数々の栄誉に輝いた。ただし、本人は叙勲のたびに困惑していたというエピソードを持つ。これは功名を誇ることを嫌った、また銃器開発の事故や戦乱で多くの人命損失を悔やみ、それを苦悩していたためであったからと言われている。

明治44年(1911年)6月、軽い脳溢血に倒れ、待命を仰せ付けられた。大正4年(1915年)1月12日没、享年64。墓地は東京都台東区谷中霊園にある。

有坂成章を題材とした作品[編集]

関連項目[編集]


先代:
児玉徳太郎
陸軍工兵会議議長
桜井重寿
陸軍砲兵会議議長
陸軍技術審査部
初代:1903年5月1日 - 1911年6月15日
次代:
楠瀬幸彦