川西駅 (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川西駅
駅正面(ホーム上屋部分)(2006年11月24日)
駅正面(ホーム上屋部分)(2006年11月24日)
かわにし - Kawanishi
所在地 山口県岩国市川西二丁目8
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
錦川鉄道
電報略号 カニ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
529人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1960年昭和35年)4月16日
乗入路線 2 路線
所属路線 岩徳線(JR西日本)
キロ程 5.6km(岩国起点)
西岩国 (1.9km)
(2.9km) 柱野
所属路線 錦川鉄道錦川清流線
キロ程 0.0km(川西起点)
*(西岩国) (-km)
(3.9km) 清流新岩国
備考 共同使用駅(JR西日本の管轄駅)
無人駅(自動券売機 有)
* 全列車が岩国駅まで乗り入れ
出入口: 1か所。山口県道112号藤生停車場錦帯橋線から分かれ、山口県道15号岩国玖珂線へと抜ける一方通行道路の右直角カーブ付近にある。線路側から見た川西駅(2006年12月8日)
川西駅出入口とホームに繋がる階段(2006年11月24日)
川西駅と、岩国市営バス「岩国高校」バス停留所との位置関係
(2006年12月8日)駅の位置は写真中央の奥。

川西駅(かわにしえき)は、山口県岩国市川西二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・錦川鉄道。JR西日本の管轄駅である。

利用可能な鉄道路線[編集]

  • 西日本旅客鉄道
  • 錦川鉄道
    • 錦川清流線 - 当駅が起点であるが、全列車が岩徳線経由、岩国駅発着である。ただし岩国駅 - 川西駅間はJR線への乗り入れとなり、錦川鉄道の車両で運行される列車であってもJRの運賃が適用される。

JR岩徳線と錦川鉄道の営業上の分岐駅であり、ホーム上に錦川清流線の0キロポストが設置されているが、施設上の分岐点は1.9km先にある森ヶ原信号場である。当駅と森ヶ原信号場の間は、JR西日本と錦川鉄道の両方が第1種鉄道事業者となっている。

駅構造[編集]

鉄道駅本体としての構造
徳山錦町方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。山の斜面に設置されているため、駅入口から駅舎付き風のホームを見上げる状態であるが、橋上駅ではない。徳山地域鉄道部管理の無人駅である。
改札
改札設備そのものがなく、使用済みの乗車券類(切符)を入れる箱があるだけである。
乗車券類の販売
ホーム上に近距離のJR西日本路線の普通乗車券のみを扱う自動券売機が設置されている。川西駅以西の錦川清流線の乗車料金は列車内にて支払い処理を行う。
列車に乗車する際の注意
  • 進行方向先頭車両の後ろ側扉からのみ乗車できるため、ホーム上に乗車位置の印が付けられている(岩国方面行き用と徳山・錦町行き用の2つ)。
  • 3両編成の時のみ、全ての車両の扉が開く。
付属施設
  • ホーム上の施設: 屋根付きの待合施設。
  • エレベーター・エスカレーター、トイレ: なし。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。(JR西日本と錦川鉄道の合算)
朝夕は岩国高等学校の生徒の利用が多く、ホーム内に入りきれず階段部分で列車を待つ生徒もいる。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 790
2000 782
2001 723
2002 711
2003 399
2004 687
2005 666
2006 636
2007 604
2008 626
2009 574
2010 414
2011 387
2012 529

歴史[編集]

  • 1960年昭和35年)
    • 4月16日 - 岩徳線の西岩国駅 - 柱野駅間に新設開業。
    • 11月1日 - 岩日線が河山駅まで開業し、分岐駅となる。
  • 1977年(昭和52年)秋頃 - 周辺住民の請願運動により、駅ホームが西岩国駅方および反対方向へと延伸される。[1]
    • この延伸工事完了に伴い、それまで通過していた10両編成の客車列車の停車も実現した[1]
  • 1979年(昭和54年) - 当駅より山口県立岩国高等学校方面(線路敷を越え、山口県道112号藤生停車場錦帯橋線のある方角)を結ぶ直通通路を新設する要請運動が、周辺の川西地区住民を中心に起こる[1]が、現在まで実現していない。
  • 1987年(昭和62年)
    • 4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道の駅となる。
    • 7月25日 - 岩日線が錦川鉄道に転換され、西日本旅客鉄道と錦川鉄道の共同使用駅となる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
岩徳線
西岩国駅 - 川西駅 - (森ヶ原信号場) - 柱野駅
錦川鉄道
錦川清流線
(西岩国駅 -) 川西駅 - (森ヶ原信号場) - 清流新岩国駅

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 『岩国高等学校百周年記念誌』 山口県立岩国高等学校 記念誌編集委員会、山口県立岩国高等学校、1980年

外部リンク[編集]