周防花岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周防花岡駅
駅舎(2008年11月)
駅舎(2008年11月)
すおうはなおか - Suō-Hanaoka
生野屋 (1.8km)
(3.9km) 櫛ケ浜
所在地 山口県下松市大字末武上1900
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 岩徳線
キロ程 39.8km(岩国起点)
電報略号 ハナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
293人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1932年昭和7年)5月29日
備考 無人駅(自動券売機 有)

周防花岡駅(すおうはなおかえき)は、山口県下松市大字末武上にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)岩徳線

概要[編集]

徳山地域鉄道部が管理している無人駅である。ただし、駅舎内には自動券売機が設置されている。

駅構造[編集]

徳山方面に向かって右側に単式1面1線ホームを持つ地上駅停留所)。かつては2面2線だったため、下り線の長いホームが残る。今も開業時に建設された駅舎を使用している。

無人化以来、地元住民団体「花岡のまちづくりを進める会」が駅舎の活用をJR西日本に申し入れたが、色よい回答はなく、進展していない。

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄り停留所は、花岡駅前となる。以下の路線が乗り入れ、防長交通により運行されている。

  • 一般路線バス

下松駅前 - 下松市役所前 - 東光寺 - 美里町 - 周南記念病院 - 花岡駅前 - 華陵高校 - 温見 - 大藤谷 - 八代 - 魚切

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。
平日の朝と夕方は、近くの山口県立華陵高等学校生徒の利用が多い。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 392
2000 375
2001 360
2002 350
2003 361
2004 348
2005 315
2006 302
2007 304
2008 316
2009 302
2010 284
2011 289
2012 293

歴史[編集]

  • 1932年昭和7年)5月29日 - 岩徳西線開業時の暫定的な終着として開業。
    駅前には当時の花岡村(現在山口県下松市)が立てた周防花岡駅開業記念碑と、当時記念植樹された木が残っている。
  • 1934年(昭和9年)
    • 3月28日 - 岩徳西線が高水駅まで延伸し、途中駅となる。
    • 12月1日 - 岩徳西線が山陽本線麻里布駅(現在の岩国駅) - 櫛ケ浜駅間の新線として組み込まれ、当駅もその所属となる。
  • 1944年(昭和19年)10月11日 - 山陽本線の岩国駅 - 櫛ケ浜駅間が元の柳井駅経由に戻されたため、岩徳線の所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)に継承。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
岩徳線
生野屋駅 - 周防花岡駅 - 櫛ケ浜駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]