熊毛郡 (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 山陽道 > 周防国 > 熊毛郡 (山口県)
日本 > 山口県 > 熊毛郡 (山口県)


熊毛郡(くまげぐん)は、山口県東部のである。

人口31,370人、面積119.63km²、人口密度262人/km²。(2014年11月1日、推計人口

以下の3町を含む。

地理[編集]

  • 内陸 - 瀬戸内海に突き出した平生半島と変化に富んだ地勢であり、近郊型農業や漁業が主な産業である。
  • 上関町では、現在中国電力による原子力発電所の建設計画があり、反対派と推進派の間で町政が割れている。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、熊毛郡に26の村が成立する。(26村)
  • 1901年(明治34年)3月1日 - 伊保庄南村が阿月村に改称。
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 平生村が町制施行し平生町となる。(1町25村)
  • 1906年(明治39年)1月1日 - 室積村が町制施行し室積町となる。(2町24村)
  • 1921年大正10年)2月11日 - 田布施村が町制施行し田布施町となる。(3町23村)
  • 1939年昭和14年)4月1日 - 三井村・島田村浅江村光井村が合併し、周南町が発足。(4町19村)
  • 1940年(昭和15年)10月1日 - 周南町が光町に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 光町・室積町が合併し、光市が発足、郡より離脱。(2町19村)
  • 1943年(昭和18年)11月3日 - 塩田村・束荷村・岩田村・三輪村が合併し、大和村が発足。(2町16村)
  • 1955年(昭和30年)1月1日(2町10村)
    • 田布施町・城南村・麻郷村・麻里布村が合併し、田布施町が発足。
    • 平生町・大野村・曽根村・佐賀村が合併し、平生町が発足。
  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 周防村が光市に編入。(2町9村)
  • 1956年(昭和31年)7月20日 - 阿月村が柳井市に編入。(2町8村)
  • 1956年(昭和31年)9月30日(3町3村)
  • 1958年(昭和33年)2月1日 - 上関村・室津村が合併し、上関町が発足。(4町1村)
  • 1971年(昭和46年)1月15日 - 大和村が町制施行し大和町となる。(5町)
  • 2003年平成15年)4月21日 - 熊毛町が徳山市新南陽市都濃郡鹿野町と合併し、周南市が発足、郡より離脱。(4町)
  • 2004年(平成16年)10月4日 - 大和町が光市と合併し、光市が発足、郡より離脱。(3町)
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和元年 - 昭和20年 昭和21年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
室積村 明治39年1月1日
町制
室積町 昭和18年4月1日
光市
光市 平成16年10月4日
光市
光市
三井村 三井村 昭和14年4月1日
周南町

昭和15年10月1日
改称 光町
島田村 島田村
浅江村 浅江村
光井村 光井村
周防村 周防村 周防村 昭和30年7月1日
光市に編入
岩田村 岩田村 昭和18年11月3日
大和村
昭和46年1月15日
町制
塩田村 塩田村
束荷村 束荷村
三輪村 三輪村
三丘村 三丘村 三丘村 昭和31年9月30日
熊毛町
平成15年4月21日
周南市の一部
周南市
高水村 高水村 高水村
勝間村 勝間村 勝間村
八代村 八代村 八代村
田布施村 大正10年2月11日
町制
田布施町 昭和30年1月1日
田布施町
田布施町 田布施町
城南村 城南村 城南村
麻郷村 麻郷村 麻郷村
麻里布村 麻里布村 麻里布村
平生村 明治36年4月1日
町制
平生町 昭和30年1月1日
平生町
平生町 平生町
大野村 大野村 大野村
曽根村 曽根村 曽根村
佐賀村 佐賀村 佐賀村
伊保庄南村 明治34年3月1日
改称 阿月村
阿月村 昭和31年7月20日
柳井市に編入
平成17年2月21日
柳井市の一部
柳井市
伊保庄村 伊保庄村 伊保庄村 昭和31年9月30日
柳井市に編入
上関村 上関村 上関村 昭和33年2月1日
上関町
上関町 上関町
室津村 室津村 室津村

郡選出県議会議員[編集]