南岩国駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南岩国駅
駅舎と駅前広場
駅舎と駅前広場
みなみいわくに - Minami-Iwakuni
岩国 (4.6km)
(2.7km) 藤生
所在地 山口県岩国市南岩国町一丁目1-33
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
キロ程 350.7km(神戸起点)
電報略号 ミイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,812人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1952年昭和27年)6月20日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

南岩国駅(みなみいわくにえき)は、山口県岩国市南岩国町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線

概要[編集]

徳山地域鉄道部が管理し、JR西日本関連会社のジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅2007年夏にICOCA対応の自動改札機和気駅から当駅まで導入され、同年9月1日より供用開始(ICカードICOCAの項を参照)。なお、下関駅でも2011年3月5日よりICOCAが利用可能となったが、下関駅までエリアがつながっていないため、自動改札機で運賃の精算をしての乗降はできない。よって、先述どおり岡山地区・和気駅からICOCAが利用できるのは当駅までである。

2009年3月14日ダイヤ改正より、広島シティネットワークの最西端に設定されたが、2012年3月17日ダイヤ改正以降は再び広島シティネットワークエリア外となり、広島からの当駅折り返し列車は大幅に削減され、広島・西条への直通運転は朝夕の数本のみとなった。

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式の1番ホーム側にあり、島式の2・3番ホームへは跨線橋で連絡している。駅出入り口は、国道188号に面した駅舎側(西側)にある。トイレは、改札外が男女共用の汲み取り式、改札内が男女共用の水洗式。

自動改札機は簡易式で、降車客の普通乗車券は駅員が回収する(ただし窓口営業時間外は、集札箱に乗車券を投入する方式である)。

南岩国駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 山陽本線 上り 岩国広島方面
2 山陽本線 上り 岩国・広島方面 当駅始発のみ
下り 柳井徳山方面 ごく一部のみ
3 山陽本線 下り 柳井・徳山方面

上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線(中線)であり、主に岩国方面からの折返し列車が使用するが、2009年3月改正ダイヤでは1日1便のみ徳山方面の列車も停車する(線路保守目的)。早朝、岩国駅→当駅間を回送し、岩国方面に折り返し運転を行う設定がある。

駅周辺[編集]

南岩国駅東側に見えるハス田(収穫期)(2006年12月1日)

バス[編集]

岩国市営バスの南岩国駅バス停留所がある。ただし、乗降場所が3ヶ所に分散している。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 2,473
2000
2001 2,345
2002 2,316
2003 2,350
2004 2,291
2005 2,256
2006 2,177
2007 2,092
2008 2,038
2009 1,939
2010 1,915
2011 1,861
2012 1,812

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
岩国駅 - 南岩国駅 - 藤生駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:山口県統計年鑑
  2. ^ JR時刻表1992年11月号・12月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]