うるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うるか(鱁鮧、潤香)は、アユ塩辛である。

種類としては、卵巣の子うるか、内臓で作る苦うるか、精巣の白うるか、身を混ぜる切りうるかがある。

鮎が捕れる地域の名産品であり、岐阜県長良川[1]熊本県球磨川島根県高津川大分県大野川のものなどが知られている。

また、かつて岐阜県中津川市などの山岳地帯では、鳥のの内臓を使った「つぐみうるか」というものもあった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p64 昭和33年12月25日発行