雄武町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おうむちょう
雄武町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 オホーツク総合振興局
紋別郡
団体コード 01563-6
面積 637.06 km²
総人口 4,816
住民基本台帳人口、2014年6月30日)
人口密度 7.56人/km²
隣接自治体 興部町下川町名寄市
美深町枝幸町
町の木 トドマツ
町の花 ハマナス
町の鳥 カッコウ
雄武町役場
町長 中川原秀樹
所在地 098-1792
北海道紋別郡雄武町字雄武700
Omu Town Hall.jpg
外部リンク 雄武町

日本地域区画地図補助 01540.svg

雄武町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
Omu Esashi Hokkaido.JPG

雄武町(おうむちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内の北部に位置する

町名の由来は、アイヌ語の「オムイ」(河口が塞がるの意)から。

地理[編集]

オホーツク海に面する町。オホーツク総合振興局最北に位置し、上川総合振興局宗谷総合振興局と接する。

歴史[編集]

経済[編集]

基幹産業は漁業酪農畜産林業。雄武町沿岸ではサケホタテカニなどが獲れる。

立地企業[編集]

  • 株式会社雄武フーズ

農協・漁協[編集]

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 雄武郵便局(集配局)
  • 北見幌内郵便局
  • 沢木郵便局
  • 元稲府簡易郵便局

公共機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01563.svg
雄武町と全国の年齢別人口分布(2005年) 雄武町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 雄武町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
雄武町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 8,679人
1975年 7,407人
1980年 7,041人
1985年 6,567人
1990年 6,357人
1995年 5,976人
2000年 5,778人
2005年 5,507人
2010年 4,937人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 道立高等学校
  • 中学校
    • 雄武町立雄武中学校
  • 小学校
    • 雄武町立雄武小学校
    • 雄武町立共栄小学校
    • 雄武町立沢木小学校
    • 雄武町立豊丘小学校
    • 雄武町立幌内小学校

住宅団地[編集]

  • 沢木団地
  • 宮下団地
  • 魚田団地
  • 新町団地
  • 緑町団地
  • 幌内団地

交通[編集]

道の駅おうむ

空港[編集]

鉄道・バス[編集]

  • かつては国鉄興浜南線(雄武町~興部町にわたる約20km)が通っていたが、1985年に廃止された。北紋バスが興部・紋別方面へ代替バスを運行している。
  • 枝幸方面へは国鉄興浜線として鉄道建設が進められていたが、未開業のまま工事が凍結された。現在宗谷バスによる雄武~枝幸間の路線バスが運行されている。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光[編集]

  • 風の丘
    • 道の駅「おうむ」より約2kmにある広大な公園。アスレチック設備、パークゴルフ、バーベキュー場、キャンプサイトが併設されている。
  • 日の出岬
    • オホーツク海がオレンジ色に染まる日の出で知られる。岬にはキャンプサイトやコテージ、ホテル日の出岬が設置されている。同ホテルのオホーツクオムイ温泉はアトピー性皮膚炎に効果があるとされ、遠方から訪れる人も多い。

祭事[編集]

  • 雄武町産業観光祭り(6月最終の土・日曜日)
  • 雄武神社祭(7月17日)
  • 『雄武の宝』うまいもん祭り(9月最終日曜日)

出身の有名人[編集]

外部リンク[編集]