さくら市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくらし
さくら市
Flag of Sakura Tochigi.JPG
さくら市旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
団体コード 09214-2
面積 125.46km²
総人口 44,882
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 358人/km²
隣接自治体 宇都宮市矢板市大田原市
那須烏山市那須郡那珂川町
塩谷郡塩谷町高根沢町
市の木 サクラ
市の花 サクラ
市の鳥 セキレイ
さくら市役所
所在地 329-1311
栃木県さくら市氏家2771
北緯36度41分7秒東経139度57分59.1秒
さくら市役所
外部リンク さくら市

さくら市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

さくら市(さくらし)は、栃木県の中部に位置する2005年3月28日塩谷郡氏家町喜連川町新設合併して誕生した。宇都宮市への通勤率は19.8%(平成22年国勢調査)。

地理[編集]

東京より北へ約115km、県都宇都宮より北へ約15km、JR宇都宮線利用により、東京より電車で2時間(東北新幹線併用で約75分)、宇都宮より約15分の距離にある。利根川水系鬼怒川の東に広がる平地、水田地帯である旧氏家町、及び東側の丘陵地帯を挟んで那珂川水系荒川内川江川沿いの丘陵の間に平地が開けた旧喜連川町により構成される。

人口[編集]

Demography09214.svg
さくら市と全国の年齢別人口分布(2005年) さくら市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― さくら市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
さくら市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 32,495人
1975年 33,323人
1980年 34,820人
1985年 35,867人
1990年 36,543人
1995年 38,289人
2000年 40,030人
2005年 41,383人
2010年 44,774人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

地名の由来[編集]

  • 勝山城址、鬼怒川堤防の桜堤、早乙女の桜並木、お丸山公園など市内に桜の名所が多く、地域住民にとって桜は長年親しまれてきた花であり、桜の花のように美しい市になってほしいという願いが込められている[1]
  • 氏家町域内、五行川左岸低地の地名に「櫻野」「桜野」がある。この地名は応永年間(1394年 - 1428年)頃より一般的となったと云われている。「さくらの」の語源は、接頭語の「さ」、浸食地を意味する抉るより転じた「くる」、沼から転じた「の」を続けて呼んだ「さくるの」が転訛したものと考えられている[2]。地内の八幡神社は宇都宮氏分家筋である氏家氏の家臣がこの地に住し、応神天皇を祀って建立したものと伝えられる。
  • 日本を象徴する花として親しまれていて、明るく良いイメージである。

沿革[編集]

経済[編集]

もともと郊外地域における稲作などの農業あるいは林業が盛んであるが、市の中心である氏家町市街地は国道4号および東北本線が南北を貫き、高校や病院・各行政機関が集積しており、従来の矢板市に代わり塩谷郡地域の実質的な中心都市となっており、高根沢町と共に宇都宮市方面のベッドタウンとしても機能している。また、1990年代から国道4号沿い、2005年以降から国道293号沿いにロードサイド店舗の出店が順次行われ、国道293号繋がりで東隣の那珂川町とも一定の結びつきがある。

旧喜連川町は1980年代の喜連川温泉の掘削とバブル景気到来により、観光・別荘地分譲ゴルフ場開発などの不動産系産業があるほか、北部の県道74号線沿いに「喜連川工業団地」が造成され、軽工業を中心とした工場や各種研究所を中心に工業も一定の産業がある。

また、矯正施設として喜連川少年院東日本地域初のPFI運営委託刑務所である喜連川社会復帰促進センターが置かれている。

本社を置く主な企業[編集]

事業所を主な置く企業[編集]

行政[編集]

  • さくら市長
氏名 就任 退任 備考
1 秋元喜平 2005年(平成17年)4月24日 2009年(平成21年)4月23日 合併前の氏家町長
2 人見健次 2009年(平成21年)4月24日 現職 元氏家町長

※ 2005年3月28日の新市発足から市長選挙までの間、旧喜連川町長の滝政夫が市長職務執行者を務めた。

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

町名一覧[編集]

氏家地域[編集]

  • 氏家(うじいえ)
  • 氏家新田(うじいえしんでん)
  • 卯の里(うのさと)1-5丁目
  • 上野(うえの)
  • 大中(おおなか)
  • 押上(おしあげ)
  • 柿木沢(かきのきざわ)
  • 鍛冶ケ沢(かじがさわ)
  • 蒲須坂(かますさか)
  • 上阿久津(かみあくつ)
  • 北草川(きたくさがわ)1-2丁目
  • 草川(くさがわ)
  • 櫻野(さくらの)
  • 富野岡(とみのおか)
  • 長久保(ながくぼ)
  • 箱森新田(はこのもりしんでん)
  • 狹間田(はさまだ)
  • 馬場(ばば)
  • 松島(まつしま)
  • 松山(まつやま)
  • 松山新田(まつやましんでん)
  • 向河原(むこうがわら)

喜連川地域[編集]

  • 小入(おいれ)
  • 葛城(かつらぎ)
  • 金枝(かなえだ)
  • 鹿子畑(かのこはた)
  • 上河戸(かみこうど)
  • 喜連川(きつれがわ)
  • 桜ケ丘(さくらがおか)1-3丁目
  • 下河戸(しもこうど)
  • 早乙女(そうとめ)
  • フィオーレ喜連川(フィオーレきつれがわ)1-5丁目
  • 穂積(ほづみ)
  • 南和田(みなみわだ)
  • 鷲宿(わしじゅく)

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • さくら市立氏家中学校
  • さくら市立喜連川中学校

小学校[編集]

  • さくら市立氏家小学校
  • さくら市立押上小学校
  • さくら市立上松山小学校
  • さくら市立南小学校
  • さくら市立熟田小学校
  • さくら市立喜連川小学校

その他[編集]

かつて存在した学校[編集]

  • さくら市立金鹿小学校(2010年3月閉校)
  • さくら市立河戸小学校(2010年3月閉校)
  • さくら市立穂積小学校(2010年3月閉校)
  • さくら市立鷲宿小学校(2010年3月閉校)

郵便[編集]

郵便番号は以下が該当する。2集配局が集配を担当する。

  • 氏家郵便局:「329-13xx」
  • 喜連川郵便局:「329-14xx」

郵便局[編集]

  • 喜連川郵便局(07010)
  • 氏家郵便局(07031)
  • 上江川郵便局(07172)
  • 蒲須坂郵便局(07192)
  • 氏家馬場郵便局(07259)
  • 狭間田簡易郵便局(07710)
  • 上阿久津簡易郵便局(07718)
  • 草川簡易郵便局(07729)
  • 喜連川鷲宿簡易郵便局(07732)

電話番号[編集]

市内地域が宇都宮MAの管轄となる。市外局番は「028」。収容局は以下の3ビルが該当し、市内局番は以下の通り。

  • 氏家別局:681、682
  • 喜連川局:685(2000番台)、686
  • 喜連川東局:685(1000・3000番台)

交通[編集]

最寄の空港[編集]

鉄道路線[編集]

氏家駅-喜連川 約8kmを運行。

バス路線[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

市北西部を東北自動車道が通過しているが、インターチェンジパーキングエリアなどの施設は無い。

矢板市内で氏家矢板バイパスと交差している。

国道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さくら市が誕生するまで”. さくら市役所ホームページ. さくら市役所. 2009年12月24日閲覧。
  2. ^ 塙静夫著『とちぎの地名』(落合書店)に拠る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]