志田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮城県志田郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

志田郡(しだぐん)は、宮城県にあった令制国下では陸奥国(のち陸前国)に属す。

概要[編集]

明治11年(1878年)に行政区画として発足した当時の郡域は、大崎市の一部(古川柏崎・古川保郷・古川斎下・古川荒田目・古川渋井・古川塚田・古川小泉・古川福浦・古川江合・古川福沼一丁目・古川福沼二丁目・古川李埣・古川馬寄・古川石森・古川下中目以南)、遠田郡美里町の一部(青生)にあたる。郡域は鳴瀬川流域・大松沢丘陵の北側から南東側に及び、加美・栗原・玉造・遠田と合わせて大崎五郡と称され、大崎地方に属す。ただし東北本線沿いの松山町・鹿島台町は、仙台市への通勤・通学圏に入っており、都市雇用圏(10%都市圏)でも仙台都市圏に含まれていた。

歴史[編集]

古川村、上中目村、斉田村、斎下村、中里村、蓑口沼村、福沼村、引田村、堤根村、柏崎村、荒田目村、宮内村、渋井村、耳取村、坂本村、伊賀村、音無村、蟻ヶ袋村、宮袋村、蒜袋村、米袋村、米倉村、保柳村、新堀村、小泉村、福浦村、江合村、大柿村、桑折村、三本木村、南谷地村、李埣村、中沢村、高柳村、大幡村、西荒井村、境野宮村、新沼村、飯川村、稲葉村、塚目村、馬寄村、師山村、下中目村、上伊場野村、下伊場野村、石森村、楡木村、秋田村、大迫村、深谷村、次橋村、船越村、須摩屋村、黒江村、金谷村、平渡村、長尾村、広長村、北窪村、千石村、木間塚村、矢ノ目村、青生村

町村制施行以前の沿革[編集]

  • 明治7年(1874年)4月 - 区の再編にともない、志田郡は宮城県第4大区となる。
  • 明治9年(1876年)11月 - 区の再編にともない、志田郡は遠田郡玉造郡と共に宮城県第3大区となる。
  • 明治11年(1878年)10月21日 - 郡区町村編制法の施行にともない、大区小区制を廃止。志田郡は玉造郡と共に志田・玉造郡役所の所轄となり、郡役所を古川村に設置。
  • 明治14年(1881年)7月23日 - 北窪村・黒江村を金谷村に編入[2]。(62村)

町村制施行以後の沿革[編集]

1.古川町 2.荒雄村 3.敷玉村 4.下伊場野村 5.松山村 6.鹿島台村 7.三本木村 8.高倉村 9.志田村(紫:大崎市 橙:遠田郡美里町)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、以下の町村が発足[3]
    • 古川町 ← 古川村・稲葉村・大柿村・中里村(現:大崎市)
    • 荒雄村 ← 小泉村・福浦村・宮袋村・江合村・福沼村・李埣村・馬寄村・蓑口沼村(現:大崎市)
    • 敷玉村 ← 石森村・大幡村・境野宮村・楡木村・宮内村・師山村・下中目村(現:大崎市)、青生村(現:遠田郡美里町
    • 下伊場野村 ← 下伊場野村(現:大崎市)
    • 松山村 ← 千石村・金谷村・次橋村・長尾村・須摩屋村(現:大崎市)
    • 鹿島台村 ← 平渡村・深谷村・船越村・広長村・木間塚村・大迫村(現:大崎市)
    • 三本木村 ← 三本木村・南谷地村・蒜袋村・高柳村・桑折村・秋田村・上伊場野村・伊賀村・蟻ヶ袋村・坂本村・斉田村・音無村(現:大崎市)
    • 高倉村 ← 新沼村・中沢村・引田村・堤根村・矢目村(現:大崎市)
    • 志田村 ← 渋井村・荒田目村・保柳村・上中目村・新堀村・耳取村・柏崎村・斎下村・塚目村・米倉村・西荒井村・米袋村・飯川村(現:大崎市)
  • 明治23年(1890年)3月15日 - 松山村が町制施行し、松山町となる。(2町7村)
  • 明治27年(1894年)4月1日 - 郡制施行にともなう志田・玉造郡役場の廃止により、志田郡役所を古川町に設置。
  • 明治28年(1895年)10月31日 - 三本木村が町制施行し、三本木町となる。(3町6村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会を廃止。残務処理のため郡役所は存置。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所廃止。
  • 昭和25年(1950年)12月15日 - 古川町が荒雄村・志田村および栗原郡宮沢村を編入。同日付で市制施行し、古川市が発足。郡より離脱。(2町4村)
  • 昭和26年(1951年)7月1日 - 鹿島台村が町制施行し、鹿島台町となる。(3町3村)
  • 昭和29年(1954年)8月1日 - 敷玉村を古川市(下中目・石森・楡木・師山・宮内・境野宮・大幡)と遠田郡小牛田町(青生)に分割編入。(3町2村)
  • 昭和29年(1954年)10月1日 - 高倉村が栗原郡清滝村と共に古川市へ編入。(3町1村)
  • 昭和30年(1955年)3月31日(3町)
    • 松山町が下伊場野村の東部と合併し、新制の松山町が発足(松山町と合併した地区は大字下伊場野[4]となる)。
    • 三本木町が下伊場野村の西部と合併し、新制の三本木町が発足(三本木町と合併した地区は大字伊場野[5]となる)。
  • 平成18年(2006年)3月31日 - 鹿島台町・三本木町・松山町が古川市玉造郡岩出山町鳴子町および遠田郡田尻町と合併し、大崎市が発足。同日志田郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
志田・玉造郡長
氏名 就任 退任 備考
1 金成善左衛門 明治11年(1878年)11月18日 明治14年(1881年)8月
2 秋山峻 明治14年(1881年)8月 明治16年(1883年)2月
3 戸沢精一郎 明治16年(1883年)2月 明治19年(1886年)8月
4 遠藤庸吾 明治19年(1886年)8月 明治19年(1886年)9月
5 熱海孫十郎 明治19年(1886年)11月 明治22年(1889年)11月
6 武者伝次郎 明治22年(1889年)11月 明治23年(1890年)7月
7 八乙女盛次 明治23年(1890年)7月 明治23年(1890年)11月
8 林通故 明治23年(1890年)11月 明治25年(1892年)10月
9 宮沢実啓 明治25年(1892年)11月 明治27年(1894年)3月31日
志田郡長
氏名 就任 退任 備考
1 宮沢実啓 明治27年(1894年)4月1日 明治28年(1895年)2月
2 林通 明治28年(1895年)2月 明治31年(1898年)12月
3 草間宗軒 明治31年(1898年)12月 明治39年(1906年)2月28日[6]
4 岩淵俊夫 明治39年(1906年)2月28日[6]

脚注[編集]

  1. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。
  2. ^ 同日付、宮城県令甲第124号
  3. ^ 町村の統合自体は前日の3月31日付で実施されている。(明治22年(1889年)2月9日付、宮城県令第8号)
  4. ^ a b 下伊場野村のうち、境・上志引・下志引・太夫沢・中谷地・花ヶ崎の各地区が松山町大字下伊場野となる
  5. ^ a b 下伊場野村のうち、門梨・上沢・川井・鉄砲町の各地区が三本木町大字伊場野となる
  6. ^ a b 『官報』第6798号、明治39年3月1日。

参考文献[編集]

  • 『志田郡沿革史』(宮城県志田郡役所、1912年)
  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958年)
  • 角川日本地名大辞典』4 宮城県(角川書店、1979年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]