桃生郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮城県桃生郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域)

桃生郡(ものうぐん)は、宮城県にあった令制国下では陸奥国(のち陸前国)に属す。

郡域[編集]

明治11年(1878年)に行政区画として発足した当時の郡域は、東松島市および石巻市の一部(北上町十三浜を除く須江、鹿又、北境、東福田、三輪田、福地、針岡以北)にあたる。

歴史[編集]

幕末時点では全域が仙台藩領であった。江戸時代、桃生郡は桃生・深谷に二分され、桃生は飯野川代官所が管轄し、(桃生は本吉郡南方の横山代官所と併せて一管区を形成)、深谷は広淵代官所が管轄した。ただし、深谷のうち宮戸島は、黒川郡大谷郷と共に宮城郡の高城代官所の管轄下にあった。桃生はさらに北方と南方に分けられ、それぞれに大肝煎が置かれた。

旧高旧領取調帳』に記載されている65か村は下記の通り。

区分 村名 所属代官区 所轄郡奉行
桃生
(39か村)
北方
(19か村)
相野谷村・飯野村・牛田村・太田村・女川村・樫崎村・倉埣村・小船越村・皿貝村・寺崎村・永井村・長尾村・中島村・中津山村・中野村・成田村・橋浦村・馬鞍村・脇谷村 飯野川代官所
(相野谷村)
中奥郡奉行
南方
(20か村)
大森村・北境村・針岡村・福地村・三輪田村・福田村(東福田村)・雄勝浜・大浜・大須浜・小島浜・尾崎浜・釜谷浜・熊沢浜・立浜・長面浜・名振浜・船越浜・水浜・明神浜・分浜
深谷
(26か村)
深谷
(25か村)
小野本郷・赤井村・浅井村・牛網村・大網村・大窪村・大曲村・鹿又村・川下村・北村・小松村・塩入村・上下堤村・須江村・高松村・新田村・根古村・野蒜村・浜市村・広淵村・深谷福田村(西福田村)・前谷地村・矢本村・和淵村・大塚浜 広淵代官所
(広淵村)
北方郡奉行
宮戸島
(1か村)
宮戸浜 高城代官所
(宮城郡高城本郷)

町村制施行以前の沿革[編集]

  • 明治7年(1874年) - 桃生南方の福田村を東福田村に、深谷の福田村を西福田村に改称する。
  • 明治7年(1874年)4月 - 区の再編にともない、桃生郡のうち深谷・北方は宮城県第6大区に、南方は牡鹿郡と共に宮城県第7大区となる。
  • 明治9年(1876年)11月 - 区の再編にともない、桃生郡は牡鹿郡・本吉郡と共に宮城県第5大区となる。
  • 明治11年(1878年)10月21日 - 郡区町村編制法の施行にともない、大区小区制を廃止。桃生郡役所を広淵村に置く。
  • 明治14年(1881年) - 大網村を小野本郷に編入。
  • 明治15年(1882年)3月16日 - 立浜から端郷の桑浜が分立[1]
  • 明治21年(1878年) - 桃生郡役所が火災により焼失したため、相野谷村に郡役所を移転。

町村制施行以後の沿革[編集]

1.宮戸村 2.野蒜村 3.小野村 4.鷹来村 5.鹿又村 6.深谷村 7.前谷地村 8.中津山村 9.桃生村 10.大谷地村 11.飯野川村 12.橋浦村 13.二股村 14.大川村 15.十五浜村(紫:石巻市 桃:東松島市)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、以下の村が発足[2]。(15村)
    • 宮戸村 ← 宮戸浜(現:東松島市)
    • 野蒜村 ← 野蒜村・浅井村・大塚浜(現:東松島市)
    • 小野村 ← 小野本郷・上下堤村・川下村・西福田村・新田村・高松村・根古村・浜市村・牛網村(現:東松島市)
    • 鷹来村 ← 矢本村・大曲村・小松村(現:東松島市)
    • 鹿又村 ← 鹿又村(現:石巻市)
    • 深谷村 ← 広淵村・北村・須江村(現:石巻市)、塩入村・大窪村・赤井村(現:東松島市)
    • 前谷地村 ← 前谷地村・和淵村(現:石巻市)
    • 中津山村 ← 中津山村・寺崎村(現:石巻市)
    • 桃生村 ← 牛田村・永井村・倉埣村・脇谷村・樫崎村・太田村(現:石巻市)
    • 大谷地村 ← 小船越村・飯野村(現・石巻市)
    • 飯野川村 ← 相野谷村・成田村・中島村・中野村・皿貝村・馬鞍村(現:石巻市)
    • 橋浦村 ← 橋浦村・長尾村・女川村(現:石巻市)
    • 二股村 ← 大森村・北境村・東福田村・三輪田村(現:石巻市)
    • 大川村 ← 福地村・針岡村・長面浜・尾崎浜・釜谷浜(現:石巻市)
    • 十五浜村 ← 雄勝浜・名振浜・船越浜・大須浜・熊沢浜・大浜・小島浜・明神浜・水浜・分浜・立浜・桑浜(現:石巻市)
  • 明治27年(1894年)4月1日 - 郡制施行。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 深谷村を廃止。塩入・大窪が大塩村、赤井・北・須江・広淵がそれぞれ赤井村北村須江村広淵村として分立。(19村)
  • 明治34年(1901年)3月26日 - 飯野川村が町制施行し、飯野川町となる。(1町18村)
  • 大正元年(1912年)12月1日 - 二股村が改称し、二俣村となる。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会を廃止。残務処理のため郡役所は存置。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所廃止。
  • 昭和15年(1940年)4月1日 - 鷹来村が町制施行し、矢本町となる。(2町17村)
  • 昭和16年(1941年)4月1日 - 十五浜村が町制施行し、雄勝町となる。(3町16村)
  • 昭和30年(1955年)3月21日(5町6村)
    • 飯野川町・大川村・大谷地村・二俣村が合併し、河北町が発足。
    • 鹿又村・前谷地村・北村・須江村・広淵村が合併し、河南町が発足。
    • 桃生村・中津山村が合併し、桃生町が発足。
  • 昭和30年(1955年)3月30日 - 橋浦村が本吉郡十三浜村と合併し、北上村が発足。(5町6村)
  • 昭和30年(1955年)5月3日(6町1村)
    • 小野村・野蒜村・宮戸村が合併し、鳴瀬町が発足。
    • 矢本町・赤井村・大塩村が合併し、新制の矢本町が発足。
  • 昭和37年(1962年)4月1日 - 北上村が町制施行し、北上町となる。(7町)
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 桃生郡消滅。
    • 矢本町・鳴瀬町が合併し、東松島市が発足し。郡より離脱。
    • 河北町・雄勝町・河南町・桃生町・北上町が牡鹿郡牡鹿町と共に石巻市と合併し、新制の石巻市が発足。郡より離脱。

変遷表[編集]


行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任 退任 備考
1 奥田参十郎 明治12年(1879年)2月13日 明治13年(1880年)10月8日
2 角張直之輔 明治13年(1880年)10月8日 明治19年(1886年)9月4日
3 林通故 明治19年(1886年)9月28日 明治21年(1888年)5月7日
4 山内信実 明治21年(1888年)12月11日 明治22年(1889年)11月26日
5 宮沢実啓 明治22年(1889年)11月26日 明治25年(1892年)11月4日
6 鈴木太郎作 明治25年(1892年)11月4日 明治31年(1898年)9月17日
7 伊藤近春 明治31年(1898年)9月17日 明治35年(1902年)9月2日
8 遠藤元良 明治35年(1902年)9月2日 明治39年(1906年)2月28日
9 佐藤文衛 明治39年(1906年)2月28日 明治39年(1906年)5月24日
10 熊谷綗介 明治39年(1906年)5月24日 明治42年(1909年)8月14日
11 上田景安 明治42年(1909年)8月14日 大正2年(1913年)7月31日
12 伊藤近春 大正2年(1913年)7月31日 大正3年(1914年)12月28日 再任
13 宮崎公男 大正3年(1914年)12月28日 大正9年(1920年)10月14日
14 菊池忠良 大正9年(1920年)10月14日 大正12年(1923年)2月27日
15 阿部喜助 大正12年(1923年)2月27日

脚注[編集]

  1. ^ 同日付、宮城県令甲第35号
  2. ^ 町村の統合自体は前日の3月31日付で実施されている。(明治22年(1889年)2月9日付、宮城県令第8号)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]