青い森鉄道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ARail white.svg 青い森鉄道線
主力車両の青い森701系電車
主力車両の青い森701系電車
路線総延長 121.9 km
軌間 1067 mm
電圧 20,000 V (50 Hz)(交流
最高速度 110 km/h
目時 八戸 野辺地 青森地図 鉄道 広域 青い森鉄道線.svg
目時 三戸 諏訪ノ平 剣吉 苫米地 北高岩 八戸 陸奥市川 下田 向山 三沢 小川原 上北町 乙供 千曳 野辺地 狩場沢 清水川 小湊 西平内 浅虫温泉 野内 矢田前 小柳 東青森 青森地図 鉄道 詳細 青い森鉄道線.svg
停車場・施設・接続路線
STR
いわて銀河鉄道線
BHF
0.0 目時駅
BHF
5.5 三戸駅
BHF
9.5 諏訪ノ平駅
BHF
14.8 剣吉駅
BHF
18.2 苫米地駅
STRlg STR
JR東: 東北新幹線
STR BHF
21.0 北高岩駅
STRlf KRZh STRlg
exKBHFa
25.9 八戸駅
STR STR exSTRlf
南部鉄道
STR STR2
JR東: 東北新幹線
STRq ABZrf
JR東: 八戸線
DST
27.6 八戸貨物駅
STRq ABZrf
八戸臨海鉄道線
BHF
32.8 陸奥市川駅
BHF
37.0 下田駅
BHF
42.2 向山駅
STR exSTRrg
十和田観光電鉄線
BHF exKBHFe
46.9 三沢駅
exKBSTl eABZrf
三沢基地
BHF
53.5 小川原駅
eDST
姉沼 (信)-1968
BHF
57.4 上北町駅
BHF
64.3 乙供駅
eDST
68.6 石文信号場 -1968
STRc2 eABZ23
旧線 -1968
STR+1
exSTR+4 exSTRrg
南部縦貫鉄道線
BHF exBHF exBHF
70.9 千曳駅
STR2 STRc3 exABZrg exSTRrf
STRc1 STR+4 exSTR
eABZrg exABZrf
BHF exKBHFe
77.3 野辺地駅
STRq ABZrf
JR東: 大湊線
BHF
83.8 狩場沢駅
BHF
88.5 清水川駅
BHF
94.5 小湊駅
BHF
98.3 西平内駅
eDST
101.0 土屋信号場 -1966
BHF
104.7 浅虫温泉駅
exSTRrg eABZrf
exTUNNEL2 TUNNEL1
exSTRlf eABZlg
BHF
109.6
0.0*
野内駅
exSTRc2 xABZ23 STRc3
STR+4
旧線 -1968
exSTR BHF
112.7 矢田前駅
exSTR BHF
114.7 小柳駅
exBHF STR
5.1*
0.0#
浪打駅
exDST STR
5.6* 練兵場駅 -1905
exSTR BHF
116.1 東青森駅
exSTR BHF
117.4 筒井駅
exKDSTl
exSTRc3 STR
2.2# 堤川駅 -1946
exSTR+4 STR
7.6* 浦町駅 (1) -1926
exSTR
STR3
浦町駅 (2) 1926-1968
exSTR xABZg+1 STRc4
exSTR DST
120.0 青森信号場
exSTR ABZg2 STRc3
exSTR
JR東: 奥羽本線支線
exTRAJEKTq KBHFxl eABZqr ABZr+r STR
121.9 青森駅
STR3
青函連絡船
ABZg+1 STRc4
eBST
滝内信号所
STRq ABZrf
JR東: 津軽線
STR
津軽海峡線
STR
JR東: 奥羽本線

青い森鉄道線(あおいもりてつどうせん)は、青森県三戸郡三戸町目時駅青森市青森駅を結ぶ鉄道路線である。青森県が第三種鉄道事業者として施設を保有し、青い森鉄道第二種鉄道事業者として旅客運送を、日本貨物鉄道(JR貨物)も第二種鉄道事業者として貨物運送を行っている。

概要[編集]

2002年12月1日東日本旅客鉄道(JR東日本)東北新幹線盛岡駅 - 八戸駅間開業の際にJR東日本から東北本線の一部を譲渡されたもので、2010年12月4日の東北新幹線八戸駅 - 新青森駅間延伸の際には、東北本線八戸駅 - 青森駅間も譲渡された。

この結果、営業距離が合計121.9kmとなり、青い森鉄道線は肥薩おれんじ鉄道線に代わって日本最長の第三セクター鉄道路線となった[1]

保線・保守は八戸臨海鉄道に委託されていたが、八戸駅 - 青森駅間開業を機に青い森鉄道が行っている。

路線データ[編集]

  • 区間(営業キロ):目時 - 青森 (121.9km)
    キロポスト東北本線の頃のもの(東京起点)がそのまま使用され、線内各踏切に書かれているキロ数表示も東北本線時代のまま東京からの通算表示となっている。
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:27駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:目時 - 青森信号場
  • 単線区間:青森信号場 - 青森
  • 電化区間:全線(交流20,000V 50Hz)
  • 閉塞方式複線自動閉塞式CTCPRC付帯)
  • 運転指令所:青い森鉄道CTCセンター
    • 運転取扱駅(駅が信号を制御、運行を管理):八戸駅
    2010年7月2日まではIGRいわて銀河鉄道「ぎんが指令」(目時 - 八戸)・JR東日本盛岡総合指令室(八戸 - 青森)、同7月3日から12月3日まではJR東日本盛岡指令青森分室の担当だった。
  • 最高速度:110km/h

IGRいわて銀河鉄道と青森県の資産上の境界は目時駅南側の県境分界点である。

運行形態[編集]

地域輸送[編集]

目時駅 - 八戸駅間[編集]

いわて銀河鉄道線と直通運転を行っており、1時間あたり1本程度の各駅停車が盛岡駅 - 八戸駅間で直通運転を行うのが基本で、上りの八戸駅 - 盛岡駅間はわずかながら快速運転も行う。二戸駅・三戸駅 - 八戸駅間の区間列車もあるが、分界駅である目時駅を始発・終着とする列車はない。朝の小鳥谷駅始発と三戸駅始発の各1本は八戸線鮫駅まで乗り入れる。これらの八戸線直通列車はJR東日本所属の気動車で、JR東日本の運転士と車掌が乗務している。電車による列車は基本的にワンマン運転が行われている。二戸駅および三戸駅から青森駅まで直通する列車も2010年12月4日に新設された。

なお、前述の下り二戸発青森行きと上り三沢発盛岡行きに青森駅 - 陸奥市川駅間から金田一温泉以遠に乗車する場合は、いわて銀河鉄道線との連絡運輸区間は八戸駅以南のため、目時駅までの乗車券を購入した上で金田一温泉以遠の各駅で下車時にいわて銀河鉄道線の運賃を精算することになる。

2010年12月から運行開始する新デザイン列車「青い森701-101+青い森700-101」(目時駅にて)

八戸駅 - 青森駅間[編集]

2010年12月4日の八戸駅 - 青森駅間延長開業により、いわて銀河鉄道線盛岡駅 - 目時駅 - 八戸駅間と八戸駅 - 青森駅間で運転系統がほぼ分離されたが、三戸駅 - 青森駅間を直通する列車も設定された。八戸駅 - 青森駅間には快速列車が設定されている。同区間は快速・普通あわせて1時間あたり1本程度の運行であるが、快速通過駅では2時間半ほど停車列車のない時間帯がある。また、八戸発と青森発の始発列車は、一部の駅を通過する。

八戸駅 - 三沢駅間には「三沢シャトル」[2]、浅虫温泉駅 - 青森駅間には「浅虫温泉シャトル」[3]と称する区間列車が設定されているが、2014年3月15日のダイヤ改正で八戸駅 - 青森駅間の列車が増発されたことから設定が減少しており、「三沢シャトル」は後述の朝の八戸駅から盛岡行きとなる列車のみとなっている。同改正では二戸駅・三戸駅 - 青森駅間を直通する列車が朝の三戸駅 - 青森駅間下り1本を除き二戸駅・三戸駅 - 八戸駅間の列車と八戸駅 - 青森駅間の列車に分割されている。米軍三沢基地でのイベント、航空祭の開催日には八戸駅 - 三沢駅間で快速「航空祭」が臨時列車として特別運行される。

また、八戸線・大湊線との直通列車もJR時代に引き続き設定されている。このうち大湊線に直通する「リゾートあすなろ」は全車指定席だが、青い森鉄道線内のみの指定券は発売しないため、青い森鉄道線内のみの乗車はできない。このほか奥羽本線新青森駅発着の直通列車も八戸 - 新青森間に下り1本・上り1本が設定されている。八戸駅 - 青森駅間延長開業当初は、浅虫温泉駅始発の下り快速列車1本は青森駅 - 大館駅間で臨時特急「つがる」として運転されていたが、2013年3月16日のダイヤ改正で、この快速列車は廃止され[4]、青い森鉄道線内完結の普通列車「浅虫温泉シャトル」に振り替えられた。この列車の1号車半室のグリーン車は青い森鉄道線内において普通車扱いとして利用できた。また、2010年12月4日の八戸駅 - 青森駅間延長開業時に、特急が廃止されたため、青森駅の始発と八戸駅の終電は繰り下げ・繰り上げられたが、普通列車の時刻としてはJR時代と大きくは変わらない。青森駅22時台後半に終電があり、この列車は日付変更後に八戸駅に到着する。

なお、朝に津軽線蟹田発八戸行の気動車列車があったが、2014年3月15日のダイヤ改正で青い森鉄道線内の運転が廃止され、代わってその時間帯には既設の快速に加え電車で青森発浅虫温泉行の浅虫温泉シャトルと青森発八戸行の普通列車が各1本ずつ設定された[5]。この改正では同時に野辺地駅始発の列車を青森駅始発に延長し、青森発上り始発列車も繰り上げられた。

青い森701系によって運転される列車は、すべて2両ワンマン運転が行われる。一方、八戸線・大湊線と直通運転する列車はすべて気動車で運転されるため、JR車両を使用して運転される列車は、JR東日本の運転士・車掌が乗務する。

JR時代には、朝の通勤・通学時間帯に4両編成で運行されていたが、青い森鉄道移管後は2両編成によるワンマン運転での運行となったため、慢性的な混雑が生じていた。これを解消するため、(三沢発の)始発電車発車時刻から5分後に三沢発八戸行き臨時列車が2011年1月11日から運行されており、同年3月12日のダイヤ改正からは定期列車として運転される予定だったが、前日の11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、1週間ほど運休となった[6]。この列車はIGRいわて銀河鉄道からIGR7000系を借りて運行されていたが、2013年3月16日ダイヤ改正から青い森701系による運用に変更された。この列車は三沢駅 - 八戸駅間は「三沢シャトル」の愛称で運転され、八戸駅到着後そのまま列車番号を変更して愛称なしの普通列車として盛岡行きとして運行される。

また、2012年10月14日鉄道の日には、この日青い森運輸・設備管理所で開催されたイベント「青い森鉄道まつり」の観客輸送のため、三陸鉄道のディーゼル車を有償で借りて、八戸駅 - 青森駅 - 青い森運輸・設備管理所間に特別列車「こはる」を1往復運行した[7]

広域輸送[編集]

青い森鉄道への転換前と同様、本州北海道を結ぶ物流の幹線ルートの一部であり、多数の貨物列車が運転される。東青森駅 - 青森信号場間では日本海縦貫線からの貨物列車(羽越本線・奥羽本線経由の新潟貨物ターミナル駅からのLNG輸送列車)も見られる。

旅客列車では、上野駅 - 札幌駅間の寝台特急列車北斗星」・「カシオペア」が通過するが、線内の停車駅はない。なお、特急列車で通過する場合には運賃のほかに特急料金760円が必要となる。

歴史[編集]

  • 1891年(明治24年)
  • 1893年(明治26年)7月16日:野内駅、浦町駅開業。
  • 1894年(明治27年)
    • 1月4日:乙供駅、狩場沢駅開業。
    • 4月1日:古間木駅(現在の三沢駅)開業。
  • 1897年(明治30年)7月1日:剣吉駅開業。
  • 1905年(明治38年)
    • 7月1日:野内 - 浦町間に貨物駅として練兵場駅開業。
    • 11月11日:練兵場駅廃止。
  • 1906年(明治39年)11月1日:日本鉄道が国有化。
  • 1907年(明治40年)11月1日:三ノ戸駅を三戸駅に改称。
  • 1909年(明治42年)10月12日:線路名称制定。東北本線とする。
  • 1910年(明治43年)11月15日:千曳駅開業。
  • 1922年(大正11年)
  • 1923年(大正12年)8月10日:北高岩駅開業。
  • 1924年(大正13年)
    • 1月15日:浪打駅開業。
    • 12月20日:目時信号場開設。
  • 1926年(大正15年)
    • 10月25日:浦町 - 青森間が複線化。青森操車場開設。
    • 11月5日:轟信号場開設。
  • 1933年(昭和8年)1月15日:諏訪ノ平駅開業。
  • 1936年(昭和11年)
    • 6月20日:清水川信号場を駅に変更して清水川駅開業。
    • 7月10日:木ノ下信号場を駅に変更して向山駅開業。
  • 1939年(昭和14年)10月1日:西平内駅開業。
  • 1944年(昭和19年)
    • 6月15日:貨物支線 浪打 - 堤川間開業。
    • 8月1日:小川原信号場開設。
    • 10月11日:轟信号場を駅に変更して陸奥市川駅開業。
  • 1946年(昭和21年)10月19日:貨物支線 浪打 - 堤川間廃止。
  • 1948年(昭和23年)10月1日:目時信号場を駅に変更して目時駅開業。
  • 1953年(昭和28年)6月10日:小川原信号場を駅に変更して小川原駅開業。
  • 1959年(昭和34年)10月1日:沼崎駅を上北町駅に改称。
  • 1961年(昭和36年)
    • 3月20日:古間木駅を三沢駅に改称。
    • 8月15日:苫米地駅開業。
  • 1965年(昭和40年)
    • 6月30日:尻内(現在の八戸) - 陸奥市川間が複線化。
    • 9月29日:西平内 - 土屋信号場間が複線化。
  • 1966年(昭和41年)
    • 9月20日:東京起点642.910km地点(北高岩 - 尻内間) - 尻内間が複線化。
    • 9月22日:石文信号場 - 千曳間、東京起点694.970km地点(千曳 - 野辺地間) - 野辺地間が複線化。
    • 9月24日:土屋信号場 - 浅虫(現在の浅虫温泉)間が複線化。土屋信号場廃止。
    • 9月27日:梅内信号場 - 三戸間が複線化。梅内信号場開設。
  • 1967年(昭和42年)
    • 7月30日:三沢 - 姉沼信号場間が複線化。
    • 12月16日:浅虫 - 野内間が複線化。
  • 1968年(昭和43年)
    • 4月28日:三戸 - 諏訪ノ平間が複線化。
    • 5月16日:剣吉 - 苫米地間が複線化。
    • 5月20日:北高岩 - 東京起点642.910km地点(北高岩 - 尻内間)間が複線化。
    • 6月9日:清水川 - 小湊間が複線化。
    • 7月2日:小湊 - 西平内間が複線化。
    • 7月8日:野辺地 - 清水川間が複線化。
    • 7月10日:苫米地 - 北高岩間が複線化。
    • 7月15日:諏訪ノ平 - 剣吉間が複線化。
    • 7月20日:目時 - 梅内信号場間が複線化。梅内信号場廃止。目時 - 尻内間の複線化完成。
    • 7月21日:野内 - 青森間が経路変更。新線上に東青森駅開業。旧線上の浪打駅、浦町駅廃止。
    • 7月23日:上北町 - 乙供間が複線化。
    • 7月29日:下田 - 三沢間が複線化。
    • 7月31日:陸奥市川 - 下田間が複線化。
    • 8月3日:姉沼信号場 - 上北町間が複線化。姉沼信号場廃止。
    • 8月5日:乙供 - 石文信号場間が複線化、(新)千曳 - 東京起点694.970km(千曳 - 野辺地間)間が複線の新線に切り替えられ、全線の複線化完成。千曳駅移転。石文信号場廃止。
    • 8月22日:(盛岡 - )目時 - 青森間が交流電化。
  • 1971年(昭和46年)4月1日:尻内駅を八戸駅に改称。
  • 1976年(昭和51年)12月27日:(盛岡 - )目時 - 青森間CTC化。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:浅虫駅を浅虫温泉駅に改称。矢田前駅、小柳駅開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(JR東日本)に承継。
  • 2001年(平成13年)11月28日:JR東日本は国土交通省に東北本線盛岡 - 八戸間の廃止届けを提出する[8]
  • 2002年(平成14年)
    • 3月18日:青い森鉄道と青森県は国土交通省に青い森鉄道線目時 - 八戸間の鉄道事業許可申請を行う。5月28日許可[9]
    • 12月1日東北新幹線の八戸延伸に伴い、並行在来線としてJR東日本から移管された目時 - 八戸間が青い森鉄道線となる。同時に運賃をJR東日本時代より1.49倍に引き上げる。
  • 2009年(平成21年)
    • 11月25日:青い森鉄道と青森県は国土交通省に青い森鉄道線八戸 - 青森間の鉄道事業許可申請を行う[10]。2010年2月19日許可[11]
    • 11月27日:JR東日本は国土交通省に東北本線八戸 - 青森間の廃止届けを提出する[12]
  • 2010年(平成22年)12月4日:東北新幹線の新青森延伸に伴い、並行在来線としてJR東日本から移管された八戸 - 青森間を青い森鉄道線に編入。同時に八戸 - 青森間の運賃をJR東日本時代より1.37倍に引き上げる。
  • 2011年(平成23年)
  • 2014年(平成26年)3月15日:東青森 - 青森間に筒井駅開業[13][14]

駅一覧[編集]

  • ※:東京からの累計営業キロは、盛岡駅 - 八戸駅間の経営移管前に使われていたもの。
  • 全駅青森県内に所在
  • 停車駅
    • 普通(561M以外)…すべての駅に停車
    • 普通(561M)・快速…●印の駅は停車、|印の駅は通過、↓印の駅は通過・その方向のみ運転
      • 目時駅には盛岡方面への快速のみが停車。
駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
東京
からの
営業
キロ
普通(561M) 快速 快速
しもきた
接続路線・備考 所在地
八戸発着 青森発着
目時駅 - 0.0 617.3       IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線(直通運転) 三戸郡三戸町
三戸駅 5.5 5.5 622.8         三戸郡南部町
諏訪ノ平駅 4.0 9.5 626.8        
剣吉駅 5.3 14.8 632.1        
苫米地駅 3.4 18.2 635.5        
北高岩駅 2.8 21.0 638.3         八戸市
八戸駅 4.9 25.9 643.2   東日本旅客鉄道東北新幹線八戸線鮫駅まで直通あり)
(貨)八戸貨物駅 1.7 27.6 644.9   八戸臨海鉄道八戸臨海鉄道線(貨物線)
陸奥市川駅 5.2 32.8 650.1    
下田駅 4.2 37.0 654.3     上北郡
おいらせ町
向山駅 5.2 42.2 659.5    
三沢駅 4.7 46.9 664.2     三沢市
小川原駅 6.6 53.5 670.8     上北郡東北町
上北町駅 3.9 57.4 674.7    
乙供駅 6.9 64.3 681.6    
千曳駅 6.6 70.9 688.2    
野辺地駅 6.4 77.3 694.6 東日本旅客鉄道:大湊線(直通あり) 上北郡野辺地町
狩場沢駅 6.5 83.8 701.1     東津軽郡
平内町
清水川駅 4.7 88.5 705.8    
小湊駅 6.0 94.5 711.8    
西平内駅 3.8 98.3 715.6    
浅虫温泉駅 6.4 104.7 722.0     青森市
野内駅 6.5 111.2 728.5 [15]    
矢田前駅 1.5 112.7 730.0    
小柳駅 2.0 114.7 732.0    
東青森駅 1.4 116.1 733.4    
筒井駅 1.3 117.4 734.7 [16]    
青森信号場 - 120.0 737.3   東日本旅客鉄道:奥羽本線支線(新青森駅方面)
青森駅 4.5 121.9 739.2   東日本旅客鉄道:奥羽本線(直通あり)・津軽線(直通あり)・津軽海峡線

過去の接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去に存在した第三セクター鉄道も含めると、2006年に廃止されたふるさと銀河線が最長(140.0km)。
  2. ^ 「三沢シャトル」の名称は、JR時代(東北新幹線八戸開業後)から付されている。
  3. ^ 1986年11月1日に実施された国鉄最後のダイヤ改正では、同区間の列車に「うとう」の愛称が付されていた。(昭和61年10月31日付け陸奥新報朝刊14面記事から。)
  4. ^ 交通新聞社小型時刻表2013年4月号
  5. ^ 平成26年3月ダイヤ改正について (PDF) - 青い森鉄道、2013年12月20日
  6. ^ 青い森鉄道運行状況
  7. ^ 青い森に三鉄走る 14日特別列車で復興応援 - 読売新聞、2012年10月13日
  8. ^ 鉄道事業の一部廃止の届出について - JR東日本プレスリリース、2001年11月28日。
  9. ^ IGRいわて銀河鉄道株式会社、青い森鉄道株式会社及び青森県に係る鉄道事業の許可について - 国土交通省、2002年5月28日。
  10. ^ 並行在来線の事業許可申請 青森県・青い森鉄道 - 河北新報、2009年11月26日。
  11. ^ 鉄道事業の許可について - 国土交通省、2010年2月19日。
  12. ^ 鉄道事業の一部廃止の届出について (PDF) - JR東日本プレスリリース、2009年11月27日。
  13. ^ おかげさまで、「青い森703系」「筒井駅」がデビューしました! - 青い森鉄道、2014年3月15日
  14. ^ 「青い森703系」導入 八戸駅で出発式- デーリー東北、2014年3月15日(2014年3月17日閲覧)
  15. ^ 2011年3月12日に従来より青森駅寄りに1.6km移転しているため、国鉄・JR時代の野内駅のキロポストは726.9km
  16. ^ 青い森鉄道移管後に開業。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』2号 東北、新潮社、2008年 - 主に経路図、駅・信号場の開業・改称・廃止日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]