北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふるさと銀河線
ふるさと銀河線を走る快速列車の「銀河」(2006年2月 西富駅付近)
ふるさと銀河線を走る快速列車の「銀河」
(2006年2月 西富駅付近)
路線総延長 140.0 km
軌間 1067 mm
BHFq eABZq+r STRq
0.0 池田駅 根室本線
exBHF
5.7 様舞駅
exBHF
11.5 高島駅
exBHF
16.5 大森駅
exBHF
20.8 勇足駅
exBHF
23.5 南本別駅
exBHF
27.3 岡女堂駅
exBHF
29.8 本別駅
exBHF
36.2 仙美里駅
exBHF
44.6 足寄駅
exBHF
50.7 愛冠駅
exBHF
54.0 西一線駅
exBHF
55.9 塩幌駅
exBHF
58.4 上利別駅
exBHF
62.2 笹森駅
exBHF
66.5 大誉地駅
exBHF
70.7 薫別駅
exBHF
77.4 陸別駅
exBHF
83.1 分線駅
exBHF
87.2 川上駅
exBHF
93.5 小利別駅
exHST
釧北仮乗降場 -1957
exBHF
109.4 置戸駅
exBHF
113.8 豊住駅
exBHF
116.6 境野駅
exBHF
118.4 西訓子府駅
exBHF
121.4 西富駅
exBHF
123.5 訓子府駅
exBHF
125.3 穂波駅
exBHF
127.4 日ノ出駅
exBHF
129.4 広郷駅
exBHF
132.2 上常呂駅
exBHF
135.5 北光社駅
BHFq eABZqr STRq
140.0 北見駅 石北本線
2000年に廃車後、廃線後も旧車庫横に放置されていたCR70-4・5(2007年2月)
北見市内の市道との立体交差の様子(2009年9月)

ふるさと銀河線(ふるさとぎんがせん)は、北海道中川郡池田町十勝支庁)の池田駅から北見市網走支庁)の北見駅に至る北海道ちほく高原鉄道が運営していた鉄道路線[1]。旧国鉄特定地方交通線池北線(ちほくせん)を引き継いだ路線で[1]、2006年4月21日に廃止された[2]

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):140.0km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:33駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 最高速度
    • 85km/h(置戸駅 - 北見駅間)
    • 80km/h(池田駅 - 置戸駅間)

歴史[編集]

もともとは、道央と網走を結ぶ幹線鉄道として網走線の名で1910年に池田側から開業したもので、1911年には野付牛(現在の北見)まで延長、1912年にはさらに網走へと延長され、網走本線(あばしりほんせん)となった。しかし、1932年に石北線が野付牛に達すると距離の短い石北線がメインルートとなり、1961年には線路名称の整理が行われて、石北線が名実ともに本線(石北本線)となり、池田 - 北見間が池北線となった。

池北線は、国鉄再建法施行により廃止対象となった。日本有数の人口希薄地帯である道東道北の国鉄特定地方交通線で営業キロが100km以上あった池北線、標津線天北線名寄本線の4線は「長大4線」と呼ばれ、特別な配慮を地元自治体が求めた。そこで、1984年の第2次特定地方交通線承認では、バス転換しなければならないのかを調査するため、池北線など長大4線は保留された。しかし、1985年、「乗客数減少により赤字が増大することが予想され、バス転換しなければならない」として追加承認された。

1987年に北海道旅客鉄道(JR北海道)に承継され、1989年に北海道ちほく高原鉄道に転換された。転換には、国鉄時代の池北線の輸送密度は長大4線の中では一番高かったことや、ふるさと銀河線開業時は第二次ベビーブーム団塊ジュニア)世代がちょうど高校生くらいの年齢で通学生が今よりもはるかに多く、またバブル期金利が高く経営安定基金の運用益で赤字補填の目途が立ったことなど、いくつかの条件が第三セクター化に大きな影響を与えた。一方、この路線が存続に至ったのは政治的な配慮のうえの設立という見解もある(『朝日新聞』では「足寄町出身の鈴木宗男衆院議員(当時)が存続を強く求めて生き残った」としている)。

しかし、少子化時代を迎え主な旅客である高校生などの通学生が大幅に減少したことや、沿線が建設業に大きく依存した産業構造で、付加価値の高い加工・製造業などの地場産業育成が進んでいない[3]ことから、長引く不況公共事業削減により沿線人口の流出・過疎化が進行し、1990年度には年間約100万人あった旅客も2003年度には約50万人まで半減した。さらにゼロ金利政策による低金利の状態が続き、経営安定基金の運用益による赤字補填が困難になったことも経営状態の悪化に追い討ちをかけた。北海道ちほく高原鉄道側は当初、沿線自治体に対して鉄路存続のための資金の協力を要請したが、銀河線以外の公共交通機関が全くないため廃止に猛反対していた陸別町以外の沿線自治体は資金の協力を拒否。そのため、2005年3月27日の取締役会で陸別町長以外の賛成により廃止することが決定された。そして同年4月21日に北海道運輸局長に廃止届が提出された。2006年4月20日限りで廃止され[2]、廃止後はバス路線に転換された[4]。これによって北海道の旧国鉄特定地方交通線はすべて消滅した。

年表[編集]

  • 1910年(明治43年)9月22日 網走線池田 - 淕別(現在の陸別)間 (77.4 km) 開業。高島駅・勇足駅・本別駅・仙美里駅・足寄駅・上利別駅・淕別駅を新設。
  • 1911年(明治44年)9月25日 淕別 - 野付牛(現在の北見)間 (62.6 km) 開業。小利別駅・置戸駅・訓子府駅・上常呂駅を新設。
  • 1912年(大正元年)
    • 10月5日 野付牛 - 網走(後の浜網走。現在廃止)間開業。網走線全通
    • 11月18日 線名改称。池田 - 網走間を「網走本線」とする
  • 1913年(大正2年)10月11日 大誉地駅を新設
  • 1916年(大正5年)11月1日 釧北信号所を新設
  • 1920年(大正9年)6月1日 川上駅を新設
  • 1922年(大正11年)
    • 4月1日 釧北を信号所から信号場に変更
    • 8月1日 境野駅を新設
  • 1931年(昭和6年)4月7日 釧北信号場を閉鎖(廃止時期は不明)
  • 1942年(昭和17年)10月1日 野付牛駅を北見駅に改称
  • 1946年(昭和21年)9月10日 愛冠仮乗降場を新設
  • 1947年(昭和22年)2月11日 日ノ出仮乗降場を新設
  • 1948年(昭和23年)
    • 5月 北光社仮乗降場を新設
    • 7月1日 保線事務所(線路班)関係者の通勤・通学のために列車の一部を様舞駅・大森駅・笹森駅・釧北駅に停車(釧北駅の仮乗降場設置は不明)
    • 8月1日 笹森仮乗降場を新設
  • 1949年(昭和24年)11月20日 淕別駅を陸別駅に改称
  • 1950年(昭和25年)
    • 1月15日 日ノ出を仮乗降場から駅に変更
    • 月日不詳 様舞仮乗降場を新設
  • 1952年(昭和27年)3月25日 愛冠を仮乗降場から駅に変更
  • 1955年(昭和30年)
  • 1956年(昭和31年)月日不詳 西訓子府仮乗降場を新設
  • 1957年(昭和32年)
    • 6月1日 釧北仮乗降場を廃止
    • 月日不詳 穂波仮乗降場を新設
  • 1958年(昭和33年)9月10日 薫別駅・分線駅を新設
  • 1959年(昭和34年)
    • 5月1日 様舞を仮乗降場から駅に変更
    • 11月1日 豊住・西訓子府・西富・穂波・広郷・北光社を仮乗降場から駅に変更
  • 1960年(昭和35年)5月1日 西一線駅を新設
  • 1961年(昭和36年)
    • 2月1日 塩幌駅を新設
    • 4月1日 網走本線のうち、池田 - 北見間 (140.0 km) を池北線とし、北見 - 網走間を石北本線に編入
  • 1962年(昭和37年)
    • 10月1日 線内初の優等列車として帯広 - 北見間運行の準急列車池北」運行開始。運行当初は帯広 - 陸別間1往復、帯広 - 北見間1往復の計2往復
    • 12月1日 南本別駅を新設
  • 1966年(昭和41年)3月5日 準急列車制度改変により、「池北」が急行列車に昇格
  • 1968年(昭和43年)10月1日 大森仮乗降場を新設
  • 1971年(昭和46年)7月1日 「池北」陸別発着の1往復を廃止。北見発着の1往復のみとなる
  • 1980年(昭和55年)10月1日 「池北」廃止
  • 1984年(昭和59年)6月22日 廃止承認保留(第2次特定地方交通線)
  • 1985年(昭和60年)8月2日 廃止承認(第2次特定地方交通線)
  • 1987年(昭和62年)4月1日 国鉄民営化により北海道旅客鉄道に承継。貨物営業廃止。大森・笹森を仮乗降場から駅に変更
  • 1989年(平成元年)
    • 3月9日 北海道ちほく高原鉄道が設立。
    • 6月4日 JR池北線廃止[1]。北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線開業 (140.0 km)[1]。開業当初の運行ダイヤはJR時代のものを引き継いだ。帯広直通列車は一旦廃止される
    • 8月6日 ダイヤ改正を実施。運行本数を増発し、置戸 - 北見間で1 - 2時間間隔にする。快速列車も池田 - 北見間で運行開始、後に「銀河」と命名される。停車駅は駅一覧(下記)を参照
  • 1991年(平成3年)11月1日 JR根室本線帯広 - 池田間に乗り入れ開始。運行本数を1 - 2本削減。快速「銀河」は帯広 - 北見間の運行となる。ただし、帯広 - 池田間(JR区間)は普通列車
  • 1995年(平成7年)9月4日 岡女堂駅を新設
  • 1996年(平成8年)11月30日 足寄 - 置戸間CTC化
  • 1997年(平成9年)11月1日 池田 - 足寄間CTC化
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 4月21日 全線廃止[2]
    • 6月24日 株主総会で会社の解散を正式に決定[7]

運行形態[編集]

全線を通しで運転する列車のほか、置戸 - 北見間で区間列車が多く設定されており、北見 - 置戸間では1 - 2時間に1本程度が運行されていた。池田側では、足寄駅・陸別駅発着の区間列車が設定されていて、1日7往復(朝に足寄駅折り返し1往復)だった。支庁の境界を含む陸別 - 置戸間は列車本数は少なく、4 - 5時間も開く時間帯があった。

一部の列車はJR根室本線帯広駅まで乗り入れていた。また早朝の池田 - 足寄間の1往復はJRの車両が乗り入れてきた。そのほか、JRのイベント列車が線内を通過することもあった。

普通列車のほか、帯広 - 北見間に快速銀河」が運転されており、同区間を約3時間で走破していた。また普通列車でも一部の駅を通過する列車があった。

2000年3月31日までは、北見発の最終が22時、池田発の最終が21時台後半であったが、繰上げになった。

なお、池田駅・帯広駅および北見駅での改札時は降車時に乗務員に乗車券もしくは現金を渡し、精算証明を受け取った後改札で掲示して通過する方法で利用していた。乗車時はJR利用時と同様に乗車券を購入し改札で改札を受けて車両に乗車していた。

使用車両[編集]

北海道ちほく高原鉄道転換後[編集]

車両10両のうち3両はミャンマーへ、6両は保存用として陸別へ売却された。残り1両は鉄道愛好家に売却され、枝幸町で列車運転体験施設を造る構想だったが、輸送費用などの問題から頓挫。2007年9月末に解体される予定のところ北見市内の社会福祉法人理事長が引き取った。

駅一覧[編集]

全駅北海道に所在。

駅名 駅間キロ 累計キロ 交換可能 快速銀河 接続路線など 所在地
池田駅 - 0.0   北海道旅客鉄道:根室本線(一部直通) 十勝支庁 中川郡池田町
様舞駅 5.7 5.7   旧仮乗降場
高島駅 5.8 11.5  
大森駅 5.0 16.5   旧仮乗降場
勇足駅 4.3 20.8   中川郡本別町
南本別駅 2.7 23.5    
岡女堂駅 3.8 27.3   転換後新駅
本別駅 2.5 29.8  
仙美里駅 6.4 36.2  
足寄駅 8.4 44.6   足寄郡足寄町
愛冠駅 6.1 50.7 旧仮乗降場
西一線駅 3.3 54.0    
塩幌駅 1.9 55.9    
上利別駅 2.5 58.4  
笹森駅 3.8 62.2   旧仮乗降場
大誉地駅 4.3 66.5  
薫別駅 4.2 70.7     足寄郡陸別町
陸別駅 6.7 77.4  
分線駅 5.7 83.1    
川上駅 4.1 87.2  
小利別駅 6.3 93.5  
置戸駅 15.9 109.4   網走支庁 常呂郡置戸町
豊住駅 4.4 113.8   旧仮乗降場
境野駅 2.8 116.6  
西訓子府駅 1.8 118.4   旧仮乗降場 常呂郡訓子府町
西富駅 3.0 121.4   旧仮乗降場
訓子府駅 2.1 123.5  
穂波駅 1.8 125.3   旧仮乗降場
日ノ出駅 2.1 127.4 旧仮乗降場
広郷駅 2.0 129.4   旧仮乗降場 北見市
上常呂駅 2.8 132.2  
北光社駅 3.3 135.5   旧仮乗降場
北見駅 4.5 140.0   北海道旅客鉄道:石北本線
  • 交換可能 - ○は列車の行違い(交換)可能駅。▲は交換設備を撤去した駅
  • 快速銀河 - ●の駅は停車、|の駅は通過

廃止施設[編集]

  • 釧北仮乗降場 - 1916年(大正5年)11月1日に、釧路国北見国の境界にあたる現在の陸別町・置戸町境界付近付近に信号場として開設、後に仮乗降場化。1957年(昭和32年)6月1日廃止。この付近は淕別(陸別)が十勝支庁所属となった1948年(昭和23年)10月以降は主に「池北峠」と呼ばれ、「釧北」は現在釧網本線「釧北トンネル」、国道240号釧北峠」で使われる。

輸送・収支実績[編集]

年度 旅客輸送人員(千人) 一日1Km平均通過人員(人) 鉄道業営業収入(千円) 鉄道業営業費(千円)
1989 904 516 261,527 698,245
1990 1,027 476 312,889 838,256
1991 943 439 305,076 842,655
1992 903 472 285,814 783,548
1993 880 462 272,144 813,264
1994 866 456 265,623 766,928
1995 816 431 279,812 786,029
1996 765 406 284,130 770,294
1997 698 372 264,320 760,591
1998 678 361 279,383 775,039
1999 657 345 233,799 732,043
2000 615 320 209,187 652,426
2001 578 302 240,554 647,788
2002 536 281 204,091 609,451
2003 496 260 225,973 628,825
2004 452 242 197,206 554,431
  • 民鉄主要統計『年鑑日本の鉄道』1992年-2007年

廃止後の状況[編集]

旧陸別駅周辺は、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」として約1kmにわたって整備されている。旧川上駅までの9.8kmを整備する予定だった[8]が、維持費の捻出が難しいため当面の間は予定より短距離にとどめられた。ただし、今後延伸する可能性は残しており川上駅までの区間で保線車両を用いた試験運行を実施している。廃止からちょうど2年を迎えた2008年(平成20年)4月20日より営業が開始され、ふるさと銀河線で使用されていた気動車の乗車体験や運転体験をすることができる。営業期間は4月下旬 - 10月下旬の第2・4土曜・日曜で、冬期は休業する。

代替バスは全線直通は設定されず、陸別を境に帯広 - 池田 - 足寄 - 陸別間が十勝バスに、陸別・置戸・訓子府 - 北見間が北海道北見バスに転換された。十勝バスが足寄 - 陸別間を新設、北海道北見バスが陸別 - 置戸間を新設するとともに、既存路線を増発して対応している。両社が期間限定運行していた特急バス「北見帯広線」(池田町は池田駅を経由せず利別に停車)は代替バス運行開始に伴い廃止されている[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “さよなら池北線、こんにちは銀河線 JRがお別れ列車 あすから「ちほく高原鉄道」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1989年6月3日)
  2. ^ a b c “95年の旅 終着駅 銀河線 北見に最終列車”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年4月21日)
  3. ^ NHK北海道 ホンネで北海道「拓銀破たん10年」より[リンク切れ]
  4. ^ “汽笛消え… 銀河線代替バス発車 駅名表示板や遮断機撤去も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年4月21日)
  5. ^ “銀河線廃止決定 激論 2時間20分 関係者協 傍聴席からため息も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年3月28日)
  6. ^ “銀河線廃止 正式決定 激論4時間 株主総会 存続派には失望感”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年4月18日)
  7. ^ “ちほく高原鉄道 清算人会発足 財産目録の整備急務に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年6月25日)
  8. ^ 鉄道ファン 2006年5月号より
  9. ^ 北見現代史編集委員会『北見現代史』(2007年) p992

関連項目[編集]

外部リンク[編集]