西訓子府駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西訓子府駅
にしくんねっぷ - Nishi-Kunneppu
境野 (1.8km)
(3.0km) 西富
所在地 北海道常呂郡訓子府町字西富
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 118.4km(池田起点)
電報略号 ニク
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
1977年、国鉄池北線時代の西訓子府駅と周囲500m範囲。右が北見方面。仮乗降場スタイルの簡易型ホームで、ホーム上横に待合室がある。訓子府町の西境界近くにあり、池田側に西三十三号の踏切がある。すぐ南には常呂川が流れ、下に川砂採取場が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

西訓子府駅(にしくんねっぷえき)は、北海道常呂郡訓子府町字西富にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃駅)である。電報略号はニク

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。

駅周辺[編集]

若干の民家がある。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
境野駅 - 西訓子府駅 - 西富駅

関連項目[編集]