高島駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高島駅
駅舎 2005年9月8日撮影
駅舎 2005年9月8日撮影
たかしま - Takashima
様舞 (5.8km)
(5.0km) 大森
所在地 北海道中川郡池田町字高島8-1
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 11.5km(池田起点)
電報略号 タカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1910年明治43年)9月22日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
1977年、国鉄池北線時代の高島駅と周囲500m範囲。上が北見方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

高島駅(たかしまえき)は、北海道中川郡池田町高島8-1[1]にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線である。ふるさと銀河線の廃線に伴い、2006年(平成18年)4月21日廃駅となった。電報略号タカ

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームと駅舎を持つ地上駅。2つのホームは向かい合っておらず、ずれた位置にある。廃止時は無人駅であった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

1933年(昭和8年)から1941年(昭和16年)まで、馬鉄の殖民軌道居辺(おりべ)線が駅前から現・士幌町下居辺に至る18.8kmに渡って運用されていたが、開通と同時期に下居辺が池田町から士幌町へ分村編入したために利用者が年々減り、1941年4月に下居辺地域内の軌道は池田町境界まで撤去された。残された軌道の運用実態は不明。1949年(昭和24年)に廃止された。

駅跡地[編集]

駅舎は撤去され、駅前にあった樹木とホームはそのまま残っている。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
様舞駅 - 高島駅 - 大森駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『10年』 p. 104
  2. ^ 『JR釧路支社』 p. 79
  3. ^ 『JR釧路支社』 p. 96
  4. ^ 『JR釧路支社』 pp. 111 - 112
  5. ^ 『JR釧路支社』 p. 113
  6. ^ 『JR釧路支社』 p. 122
  7. ^ 『10年』 p. 105
  8. ^ 『10年』 p. 1111996年(平成8年)12月1日無人化、1997年(平成9年)3月31日まで暫定で社員配置」という表現になっている。

参考文献[編集]

  • 続・士幌町のあゆみ 平成4年 士幌町 P43
  • トカプチ 十勝郷土研究 第2号 静窓書房
  • 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 北海道旅客鉄道釧路支社2001年
  • 『ふるさと銀河線10年のあゆみ』 ふるさと銀河線10周年記念事業実行委員会、1999年

関連項目[編集]