広尾線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 広尾線
広尾線で使用された9600形愛国駅
広尾線で使用された9600形
愛国駅
路線総延長 84.0 km
軌間 1067 mm
最大勾配 20 パーミル
最小半径 300 m
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STR
根室本線
eABZrg
士幌線
ekABZgr
十勝鉄道戸蔦線
0.0 帯広
exKHSTe STR
帯広大通
exKRW+l eKRWgr
exWBRÜCKE WBRÜCKE
札内川
exSTR STRlf
根室本線
exBHF
4.1 依田
exBHF
6.7 北愛国
exBHF
11.0 愛国
exBHF
16.7 大正
exBHF
22.0 幸福
exBHF
28.1 中札内
exBHF
35.4 更別
exBHF
42.0 上更別
exBHF
50.0 忠類
exBHF
54.4 十勝東和
exBHF
60.6 大樹
exBHF
64.9 石坂
exBHF
71.2 豊似
exBHF
76.3 野塚
exBHF
79.1 新生
exKBHFe
84.0 広尾

広尾線(ひろおせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線地方交通線)。北海道帯広市帯広駅で根室本線から分岐し、十勝平野を南下して広尾郡広尾町広尾駅に至る。国鉄再建法の制定にともない第2次特定地方交通線に指定され、国鉄民営化直前の1987年廃止された。

路線データ[編集]

  • 管轄:日本国有鉄道
  • 路線距離(営業キロ):帯広 - 広尾 84.0km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:17(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線単線
  • 電化方式:全線非電化
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式
    • 交換可能駅:5(大正、中札内、上更別、忠類、大樹)

運行形態[編集]

廃止直前時点では、全線通しの普通列車のみが6往復設定されていた。

鉄道による観光輸送が全盛期であった1962年7月1日に、夏季(9月2日まで)運行の臨時準急「ひろお」1往復が全線で設定され、1965年まで毎年運行された(途中停車は大樹駅)。1966年は士幌線糠平駅と広尾駅の間を結ぶ形(広尾線内は「ひろお」、士幌線内は「しほろ」)で、8月の2週間運行された。1967年からは糠平・広尾間を臨時急行「大平原」として運行され、広尾ではこれに接続する国鉄バスも増発された。「大平原」はいずれも鉄道としては盲腸線であるローカル線を結んで走るという、珍しい運行形態であった。1975年の夏は広尾線内のみの運行となり、その年限りで廃止となっている。

臨時急行「大平原」停車駅(1969年9月時点)
広尾 - 大樹 - 帯広 - 士幌 - 上士幌 - 糠平

歴史[編集]

改正鉄道敷設法別表第133号に規定する「膽振國苫小牧ヨリ鵡川、日高國浦河、十勝國廣尾ヲ經テ帶廣ニ至ル鐵道」の一部であり、1929年から1932年にかけて帯広 - 広尾間が開業した。西側の区間は、2つの軽便鉄道を買収して延長した日高本線として1935年に様似まで開業したが、様似 - 広尾間は未開業に終わり、国鉄バス襟裳線(現在はジェイ・アール北海道バス日勝線)がその間を結んでいた。1980年に国鉄再建法が成立すると、第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化直前の1987年に廃止された。

国鉄広尾線時代に愛国駅 - 幸福駅間の切符が「愛の国から幸福へ」として人気となり、一連の縁起切符ブームの火付け役となった。廃線後は当線の代行バスを運行している十勝バス(詳細後述)が引き続き硬券乗車券を発売している。

  • 1929年(昭和4年)11月2日帯広 - 中札内間 (28.1km) を広尾線として新規開業。愛国駅・幸震駅・中札内駅を新設。
  • 1930年(昭和5年)10月10日 中札内 - 大樹間 (32.5km) を延伸開業。更別駅・上更別駅・忠類駅・大樹駅を新設。
  • 1932年(昭和7年)11月5日 大樹 - 広尾間 (23.4km) を延伸開業し、全通。石坂駅・豊似駅・野塚駅・広尾駅を新設。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 幸震駅を大正駅に改称。
  • 1953年(昭和28年)11月15日 北愛国駅を新設。
  • 1955年(昭和30年)10月10日 帯広 - 中札内間で気動車運転開始。
  • 1956年(昭和31年)8月26日? 幸福仮乗降場を新設。
  • 1956年(昭和31年)11月1日 幸福仮乗降場を駅に改める。
  • 1957年(昭和32年)12月25日 依田駅を新設。
  • 1960年(昭和35年)4月15日 十勝東和駅、新生駅を新設。
  • 1975年(昭和50年)5月3日 帯広 - 広尾間でSLお別れ列車を運転。19671+9654の9600形重連
  • 1982年(昭和57年)9月10日 全線の貨物営業を廃止。
  • 1984年(昭和59年)6月22日 第2次特定地方交通線として廃止承認。
  • 1987年(昭和62年)2月2日 全線を廃止。十勝バスに転換。

駅一覧及び接続路線[編集]

駅・事業者・所在地などの名称は廃止時点のもの。全駅北海道に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
帯広駅 - 0.0 日本国有鉄道:根室本線士幌線 帯広市
依田駅 4.1 4.1   中川郡幕別町
北愛国駅 2.6 6.7   帯広市
愛国駅 4.3 11.0  
大正駅 5.7 16.7  
幸福駅 5.3 22.0  
中札内駅 6.1 28.1   河西郡中札内村
更別駅 7.3 35.4   河西郡更別村
上更別駅 6.6 42.0  
忠類駅 8.0 50.0   広尾郡忠類村(現・中川郡幕別町
十勝東和駅 4.4 54.4   広尾郡大樹町
大樹駅 6.2 60.6  
石坂駅 4.3 64.9  
豊似駅 6.3 71.2   広尾郡広尾町
野塚駅 5.1 76.3  
新生駅 2.8 79.1  
広尾駅 4.9 84.0  

廃線後[編集]

代行バス[編集]

広尾線廃止後は十勝バスが代替バスの運行を開始した。廃線前から十勝バスは並行する路線を運行していたが、拡充する形で早朝・深夜の増発、快速便や区間便、道路事情の関係でルートから外れる依田・北愛国経由などの系統も設定されたり、転換交付金による新車も投入された。現在は中型車の運行や系統の統合(依田・北愛国経由は廃止)や減便を実施しているが、近年のマイカー普及や沿線の過疎化の影響で乗車率は低迷しており、2006年に北海道運輸局が公表した「高額補助金交付路線」に名を連ねた。

2013年5月27日現在、帯広駅バスターミナル - 広尾間に平日14往復、休日10往復が運行されている。このほか、沿線の通学客用に下りは帯広市バスターミナル→大正小学校前間の区間便が1本、上りは更別南3線・中札内小学校前・大正→三条高校開西病院前・大谷高校前・緑陽高校前間の区間便がそれぞれ1本運行されている(区間便は、学校登校日のみ運行)[1]

遺構[編集]

2013年現在、廃線から四半世紀以上経過するが、待合室のみの駅をふくむ旧駅舎が5駅(愛国、幸福、忠類、大樹、広尾)残存しており、記念公園(愛国、幸福、忠類)やバス待合所(広尾)になっているものや、他目的に転用されたもの(大樹)などがあるが、営業当時の面影を残している。

脚注[編集]

  1. ^ 北海道・十勝・帯広 平成25年5月27日改正 十勝バス時刻表No.6 (PDF) - 十勝バス

関連項目[編集]

  • 中札内美術村 - 旧広尾線の枕木が遊歩道に使用されている。
  • 芹洋子 - 『愛の国から幸福へ』という曲を歌った歌手
  • やまがたすみこ - 『幸福駅』という曲を作詞・作曲し歌唱したシンガーソングライター