小利別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小利別駅
駅ホームと駅舎(2004年1月撮影)
駅ホームと駅舎(2004年1月撮影)
しょうとしべつ - Shō-Toshibetsu
川上 (6.3km)
(15.9km) 置戸
所在地 北海道足寄郡陸別町字利別川上94
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 93.5km(池田起点)
電報略号 トヘ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1911年明治44年)9月25日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
1977年、国鉄池北線時代の小利別駅と周囲500m範囲。左上が北見方面。千鳥式の相対ホーム2面2線、駅裏に貨物積卸線、駅舎横の池田側に貨物ホームと引込み線を持つ。既に貨物取扱いが廃止され、荷物取扱いも廃止直後であるが、1986年駅舎側本線へ棒線化されるまで、側線は撤去されず放置されていた。山間の駅で、かつては沢山の木材が駅周囲に野積みされていた時期もあった。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

小利別駅(しょうとしべつえき)は、北海道足寄郡陸別町字利別川上94[1]にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線である。ふるさと銀河線廃線に伴い、2006年(平成18年)4月21日廃駅となった。電報略号トヘ

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅

駅舎はコミュニティーセンターと合築になっていた。ふるさと銀河線沿線自治体ではふるさと創生事業の一環[2]で駅舎改築などを行っており、その第1号として1990年(平成2年)12月17日に供用を開始したものであった[3]

1986年(昭和61年)10月30日までは交換設備を有する列車交換可能駅であった[4]

駅周辺[編集]

小利別の集落が存在する。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
川上駅 - 小利別駅 - 置戸駅


小利別と置戸間の釧北峠(現・池北峠)に、1916年(大正5年)から1931年(昭和6年)まで釧北信号場が置かれていた。また、同一地点に戦後まもない頃(時期不詳)から1957年(昭和32年)まで釧北仮乗降場が置かれていた。

その他[編集]

1985年3月8日に放送されたNHK特集で陸別町が「日本一寒い町」として採りあげられた番組中で、無人化される以前の当駅が紹介された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 北海道旅客鉄道釧路支社2001年
  • 『ふるさと銀河線10年のあゆみ』 ふるさと銀河線10周年記念事業実行委員会、1999年

関連項目[編集]