大誉地駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大誉地駅
大誉地駅(2009年7月)
大誉地駅(2009年7月)
およち - Oyochi
笹森 (4.3km)
(4.2km) 薫別
所在地 北海道足寄郡足寄町大誉地本町20-11
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 66.5km(池田起点)
電報略号 オヨ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年大正2年)10月11日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
1977年、国鉄池北線時代の大誉地駅と周囲500m範囲。右上が北見方面。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大誉地駅(およちえき)は、北海道足寄郡足寄町大誉地本町20-11[1]にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線である。ふるさと銀河線廃線に伴い、2006年(平成18年)4月21日廃駅となった。電報略号オヨ

駅名の由来はアイヌ語の「オヨチ(熊の害の多い所)」だと言われているが、現実には「オ・イ・オチ(川の近くに蛇の多いところ)」が有力。

歴史[編集]

1910年(明治43年)の池田-淕別間開業まもなく周辺の山から採石した石材搬出がこの地で盛んになり、本線上に貨車を停車して積込み作業を行っていたが、列車遅延の原因となっていたために当駅が開設された。1915年(大正4年)からは王子製紙により淕別の斗満川上流からの流送木材陸揚げ網羽が最寄りの利別川に設けられ、当駅土場まで馬車軌道が敷設されて木材の搬出が盛んな時期もあったが、1919年(大正8年)の洪水で被害を被ったために淕別駅土場へ切り替えられた。

1954年(昭和29年)12月に駅舎が新築され、この駅舎が廃止に至るまで使用された。この時期が駅の利用の最盛期で、年間約12万6000人が利用していた。以降は地域の人口減少に伴い利用客も減少していった。2006(平成18年)年に廃止となった後は、他の目的での利用を模索して駅舎が残されていたが、具体化できなかったため約158万円をかけて2015年(平成27年)1月にも解体することになった[2]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。もとは島式ホーム1面2線を有する構造であったが1線が撤去され、この構造で廃駅を迎えた。

駅跡・周辺[編集]

駅舎は現存するが、線路や電線は撤去されている。国道から線路跡を挟んだ反対側に大誉地の集落があり、駅舎も集落側に位置する。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
笹森駅 - 大誉地駅 - 薫別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 足寄町史 昭和48年発行
  • 王子製紙山林事業史 昭和51年発行
  • 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 北海道旅客鉄道釧路支社2001年
  • 『ふるさと銀河線10年のあゆみ』 ふるさと銀河線10周年記念事業実行委員会、1999年

関連項目[編集]